ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

船底部分の汚し塗装

【第20回】船底部分の汚し塗装


今度は喫水線から下の船底の汚しに入ります。今回の汚し塗装には絵画用の油絵の具を使い、塩に浸かって色が褪せた感じの船底の退色表現を行います。

ブラボー5 お気に入り登録2   ブラボーとは


カテゴリ
軍艦
製作工程
塗装
テクニック
ウェザリング 

艦船模型のウェザリング(船底)

船船体喫水線から上の汚しが終わったので、今度は喫水線から下の船底のウェザリングを行います。
このウェザリングには絵画用の油絵の具を使い、塩に浸かって色が褪せた感じの船底の退色表現を行います。油絵の具は Winsor&Newtonのインディアンレッド
HOLBEINのライトレッドブライト を使用します。ペトロ-ルはHOLBEIN製のものです。

まずは油絵の具を直接筆に取り、塗り付けるというより、点で色を置く感じでランダムに色をのせていきます。
ある程度色を乗せたら、今度は油絵の具の溶剤であるペトロールを使って色を伸ばして(なじませて)いきます。
この調子で全体的に「点描で描き込んでは拭き取る」という作業を繰り返して、船底全体の表情付けを行います。

公開日 2014/06/14


ブラボー5 お気に入り登録2   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。