ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

甲板の接着と継ぎ目消し

【第6回】 甲板の接着と継ぎ目消し


甲板を接着したあとの継ぎ目消しを行いますが、モールドを潰さないようマスキングテープを使ってパテによる整形を行います。

ブラボー5 お気に入り登録3   ブラボーとは


カテゴリ
軍艦
製作工程
組立・接着
テクニック
継ぎ目消し 

甲板を接着し、パテで継ぎ目を消す

チョートクヨシタカ

下準備の終わった甲板を船体に接着します。
パーツの合いはいいので、ズレの無いように軽く調整して接着すればOKです。
パーツが浮いたりズレたりしないように、マスキングテープで固定するのがお勧めです。

 

チョートクヨシタカ

今回の雪風は艦尾の部分でパーツが分割されているので、甲板上に継ぎ目が発生します。
これを処理したいのですが、写真からも分かるとおり周囲にモールドがあり、普通にパテを盛るとこれらをつぶしてしまう恐れがあります。

 

チョートクヨシタカ

そこでパテを盛りたい部分を残すようにして、マスキングテープをはります。

 

チョートクヨシタカ

そしてテープの上から タミヤのラッカーパテ を盛りつけます。
これでテープ以外の場所にパテが付かず作業が円滑に進められます。

ちょうどパテを使用する工程なので、継ぎ目の残っていた船体の一部にもパテを盛り付けて整形してしまいましょう。

公開日 2014/05/31


ブラボー5 お気に入り登録3   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。