模型付きマガジン・特選商品を買うなら、ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

ダンパーの組み立て

【第13回】ダンパーの組み立て


ダンパー部分の細かいパーツをキレイに接着・組立する方法や、メタルプライマーを使用した金属製スプリングの塗装テクニックを紹介します。

ブラボー2 お気に入り登録0   ブラボーとは


カテゴリ
ヤマハ
製作工程
塗装
テクニック
メタルパーツの塗装 

 

今回はダンパーを製作します。
ダンパーフレーム側のシリンダーとスイングアーム側の金属シャフトを、スプリングを挟んでポリキャップで繋いでいます。
シリンダー側はポリキャップを挟んで接着塗装、シャフト側もマスキングで塗り分けてシャフトをしっかり固定しましょう。流し込みの場合はプラを溶かして接着するので問題ありませんが、瞬間接着剤を使う場合は塗料ごと剥がれてしまうことがあるので接着する部分の塗装は落としておきましょう。
金属製のスプリングの塗装は、先にプライマーを吹かなければ塗料が食いつきません。黄色は下地に白を吹かないときれいに発色しないので、面倒でも白を先に吹きましょう。リザーブタンクもここで塗装し、デカールを貼って取り付けます。

公開日 2015/04/24


ブラボー2 お気に入り登録0   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。