DeAGOSTINI デアゴスティーニ・ジャパン

車体の組み立て

【第17回】車体の組み立て


ネジ止めや接着で車体を組み立てていきます。バイク模型は取り付けにくいパーツがいくつもありますので、その作業手順を見てコツをつかみましょう。

ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは


カテゴリ
ヤマハ
製作工程
組立・接着
テクニック
瞬間接着剤による接着 

 

ペダルなどの小さなパーツの塗装を行い全てのパーツができあがったら、いよいよ車体を組み立てていきましょう。
まずはフレームにエンジンを載せます。
一度テールカウルを取り付けて位置を決め、エキゾーストをエンジンに接着します。
ラジエーターをマフラーの上から取り付けたら、次はスイングアームを取り付けます。先にスイングアームを取り付けてしまうとエキゾーストが付かなくなるので、ここは組む順番に注意が必要です。
フロントフォークの取り付けを行います。タイヤとフロントフォークをねじ止めし、ブレーキキャリパーを接着しましょう。

 

グリップとペダル類を各部に接着しパイピングを施せば、車体の作業は終了です。

公開日 2015/06/02


ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。