模型付きマガジン・特選商品を買うなら、ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

スクラッチビルド 基礎編

スクラッチビルド 基礎編

メーカーから発売されていないモノを作ってみたい! そんな想いを可能にするのが「スクラッチビルド」という手法です。 素材を加工して自分の思い描いた立体作品を制作できます。 一度マスターすればいろんなシーンで応用可能。この技術を学んで、皆さんの模型ライフに役立ててみてください。

スクラッチビルドで使用する素材の紹介

第1回 スクラッチビルドで使用する素材の紹介

「素材」とはこれから加工するための材料です。 「板状」「棒状」など単純な形態で販売されていて、作りたい物のサイズや形状に自分で切削加工して使用します。

カテゴリ
プラモデル
製作工程
カスタマイズ・改造
テクニック
プラ素材を使った形状変更 

切削用工具の紹介

第2回 切削用工具の紹介

「素材」から何かを作る場合に、「切る」という行程は基本中の基本です。 いったん工具の紹介と正しい使い方をおさらいしておきましょう。

カテゴリ
プラモデル
製作工程
カスタマイズ・改造
テクニック
プラ素材を使った形状変更 

切削用工具の紹介 その2

第3回 切削用工具の紹介 その2

今回は少し変わった切削用具を紹介します。ケースバイケースでその時の作業に適した道具を選択すると作業効率がアップします。

カテゴリ
プラモデル
製作工程
カスタマイズ・改造
テクニック
プラ素材を使った形状変更 

切削用工具の紹介 その3

第4回 切削用工具の紹介 その3

次は削るための工具である「ヤスリ」についての説明をします。 大きくは「鉄ヤスリ」と「紙ヤスリ」の2種類があります。

カテゴリ
プラモデル
製作工程
カスタマイズ・改造
テクニック
プラ素材を使った形状変更 

計測用具の紹介&使い方

第5回 計測用具の紹介&使い方

材料を正確に計測できる「計測器具」の紹介と使い方を、動画を使って説明していきます。

カテゴリ
プラモデル
製作工程
カスタマイズ・改造
テクニック
プラ素材を使った形状変更 

計測用具の紹介&使い方 その2

第6回 計測用具の紹介&使い方 その2

続いては「ノギス」と「デバイダー」の紹介です。 少しなじみの薄い道具かもしれませんが、使い方をマスターすれば強力な武器になるスグレモノです。

カテゴリ
プラモデル
製作工程
カスタマイズ・改造
テクニック
プラ素材を使った形状変更 

ケガク道具

第7回 ケガク道具

「ケガキ針」という道具を使って、材料にキズを付けてそれを目印にする方法を推奨しています。

カテゴリ
プラモデル
製作工程
カスタマイズ・改造
テクニック
プラ素材を使った形状変更 

プラ板からパーツを切り出す

第8回 プラ板からパーツを切り出す

前回まで工作に使用する用具の紹介を中心に説明してきましたが、これからはいよいよ実際のスクラッチ事例をもとに作業工程を解説していきます。

カテゴリ
プラモデル
製作工程
カスタマイズ・改造
テクニック
プラ素材を使った形状変更 

切り出したパーツを接着する

第9回 切り出したパーツを接着する

トラブルを回避して接着作業をスムーズに進めるための、いくつかのTipsを紹介します。

カテゴリ
プラモデル
製作工程
組立・接着
テクニック
瞬間接着剤による接着 

パイプ材の切り出し加工

第10回 パイプ材の切り出し加工

機関部の上に位置する「チェンバー」部分の工作に移ります。ここはパイプ材での工作が中心になります。

カテゴリ
プラモデル
製作工程
カスタマイズ・改造
テクニック
プラ素材を使った形状変更 

効率的な組立・接着方法

第11回 効率的な組立・接着方法

続いてはハンドガード部分の制作に入りますが、ここは今までより少し形状が複雑になっていますので動画をよく見て、作業上のコツをつかんでください。

カテゴリ
プラモデル
製作工程
組立・接着
テクニック
瞬間接着剤による接着 

細かいパーツの組立・接着

第12回 細かいパーツの組立・接着

ここまでで大きなパーツがほぼ制作できましたので、ここから細かな作業のプロセスを見ていきましょう。

カテゴリ
プラモデル
製作工程
カスタマイズ・改造
テクニック
スジ彫り 

細かいパーツ制作と組立の仕上げ

第13回 細かいパーツ制作と組立の仕上げ

パーツの制作もここまで来たら最終盤。ディテール部分のパーツを切り出し&加工し、素組をしてみましょう。

カテゴリ
プラモデル
製作工程
カスタマイズ・改造
テクニック
プラ素材を使った形状変更 

「サブマシンガン」の塗装準備と下地塗装

第14回 「サブマシンガン」の塗装準備と下地塗装

いよいよ塗装に入りますが、その前にいくつか注意をしなければいけない事があります。

カテゴリ
プラモデル
製作工程
塗装
テクニック
サーフェイサーによる下地処理 

エアブラシによる塗装

第15回 エアブラシによる塗装

エアブラシを使って本塗装をしていきますが、色彩的な抑揚を演出して表面の情報を増やしてやるのがエアブラシ塗装のポイントです。

カテゴリ
プラモデル
製作工程
塗装
テクニック
エアブラシによる塗装 

ウェザリング

第16回 ウェザリング

ウェザリングとは塗装技法の一種で、いわゆる「汚れ」を表現して模型に使用感を与えてリアリティを強調する塗装法です。

カテゴリ
プラモデル
製作工程
塗装
テクニック
ウォッシング 

▲ページTOPへ戻る