模型付きマガジン・特選商品を買うなら、ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

ショーティー

ショーティー (shorty) は、鉄道模型において車両の長さだけを縮尺より縮めたデフォルメモデルのことを指す。また、短縮型・短縮 (化) 車両や、縮尺どおりのものをフルスケールというのに対して、ショートスケールともいわれる。

概要

実際の車両を縮尺どおりに作った場合、小半径のカーブを曲がる際に内輪差や外輪差が大きくなり、レイアウト・ジオラマを作る際に線路端にストラクチャー・アクセサリー類を置けなかったり、小半径のカーブ通過が難しくなるため、長さだけを縮尺よりも縮めたものである。短縮化により小半径のカーブ通過が容易になり、小スペースでの運転が可能になる、また、編成を長くする事ができるという利点がある。 小半径のカーブを曲がりやすくする目的の他、小型化によって構造の簡略化、例えばボギー車の二軸車化などをする事により価格の低減を狙った製品も多い。

Bトレインショーティーのように、積極的にデフォルメした製品も存在する。ライオネルのOゲージやレーマンのGゲージなどはその典型であるが、玩具性を残しつつ高級品志向であることが窺える商品展開となっている。

また、プラレールは一般的に鉄道玩具に分類されるが、ショーティーモデルの一種と見ることもできる。

歴史

鉄道模型・鉄道玩具の黎明期においては、ティンプレートの製品に多く見受けられたが、後に実物に忠実なフルスケール製品が好まれる傾向となり、主流から外れた。

Oゲージや16番ゲージの本格的なフルスケールモデルが高価であった時代、年少者には高価格品が入手しづらい傾向があり、それら年少者・初心者向けとして電関などの車両と電源装置、簡素な線路が組み合わされた入門セットが出回っていた。

日本においては、1980年代以降、鉄道模型の主流が16番ゲージからNゲージに移行し、本格的なフルスケールモデルが安価で購入できるようになると、16番ゲージに比べ小スペースでの運転もできることから、入門者・年少者向けの一部製品を除きショーティーモデルは製品化されなくなった。しかしながら、近年はデフォルメモデルとしてBトレインショーティーが登場し、さらにNゲージにおいても極小半径のカーブ線路が発売されるなど、新たなショーティーモデル向けの下地が整いつつある。

日本以外においては、1980年代まではアサーンやロコなどから数多くのショーティーモデルが製品化されていたが、1990年代以後は減少傾向となり、フルスケールモデルが主流となってきている。メルクリンやフライシュマンのように走行性を重視するメーカーでは、リアリティよりもデフォルメを含めた「走る鉄道模型」としての両立を図る上でショーティーとしている。メルクリンではフルスケール志向の愛好者の声にこたえて製品によってはフルスケールモデルを発売している。
[Wikipediaから引用]