模型付きマガジン・特選商品を買うなら、ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

モジュールレイアウト

モジュールレイアウトとは、鉄道模型のレイアウト形態のひとつ。集合式レイアウトとも呼ばれる。

概要

一定の規格にしたがって作られた「モジュール」と呼ばれるボード同士をいくつも連結することにより、一つのレイアウトとしたものをモジュールレイアウトと呼ぶ。 寸法規格を統一したモジュール同士であれば、自由に組み合わせ可能で、組み合わせる個数によってあらゆる大きさ、プランのレイアウトを楽しむことができる。

鉄道模型メーカーの線路規格と合わせれば、既製品の線路との組み合わせも可能となり、モジュールレイアウト1個と既製品の線路でエンドレスレイアウトを作成できるので、手軽に楽しむことができる。

また、大型レイアウトに比べて収納や輸送、作成の手軽さの面でも優れている。メーカーによる独自規格も存在するが、各々の規格に差異が発生する場合もあるため、接続させる際は注意が必要である。

歴史

モジュールレイアウトが普及するきっかけとなったのは、1973年にアメリカにおけるNゲージ用のモジュールレイアウト規格「NTRAK」規格の制定である。同名のグループも結成され運転会を開催するなど積極的な活動を行なった結果、NTRAK規格とともにモジュールレイアウトの概念も広く知られるところとなった。

日本においてもアメリカの動向を参考に独自の規格を制定して楽しむクラブが現れていたが、『鉄道模型趣味』誌上にて集合式 (=モジュール式) レイアウトの概念やNTRAK規格を日本向けにアレンジしたNTRAK規格とも連結可能な「JANTRAK」規格が発表されると関心を持つファンが増加し、16番ゲージ向けやナローゲージ向け規格も作られた。なかでもNゲージでの製作例が多い。

また、日本での採用規格は当初JANTRAK規格が主流だったが、後に制定されたトミーテック、関水金属などのメーカー規格も増えており、さらに鉄道模型クラブまたは愛好者個人による独自規格のものまでさまざまである。

分割式レイアウト

モジュールレイアウトと似たような形態を持つレイアウトに、「分割式レイアウト」がある。「分割式レイアウト」は特定のプランを持ったレイアウトを分割出来る構造で製作するレイアウトのことで、モジュールレイアウトのようにレイアウトの大きさやプランを自由に変えることが出来ない点が異なる。
[Wikipediaから引用]