ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

ミニカー(玩具)

ミニカー (和製英語) は、自動車をさまざまな素材、縮尺でモデル化した玩具・模型の総称である。

概要

Jouef製のスロットカー Jouef製のスロットカー

安価なものは子供の玩具として用いられ、高価格帯のものは大人の鑑賞用としても用いられる。素材は亜鉛合金製が最も多い。スチロール樹脂製のプラモデル、金属製キットなどの組み立て式の自動車模型や、ラジコン、スロットカー等自動走行機能を持ったものを広くミニカーに含める場合もある。

かつては模型店や玩具店で購入する事が一般的だったが、近年は専門店や家電量販店での発売も増えつつある。また、観賞用ケースに入った状態や分冊百科として書店などで販売されたり、コンビニなどで飲料のおまけとして販売される例も多く、流通経路も多様化しつつある。

通常は完成品形態で販売される事が一般的であるが、既製品に満足できない愛好者を対象としてキット形態で販売されるものもある。

縮尺 (スケール)
最も初期のミニカーは、鉄道模型のアクセサリーとして作られた。そのため、その大きさは鉄道模型の縮尺に準じており、現在一般的な1/43スケールはOスケール (1/43.5) のアクセサリー用ミニカーが原点であった。観賞用に供される大型商品には1ヤードを2インチに縮尺する1/18スケールや、1フィートを1インチに縮尺する1/12スケール、その半分の1/24といったスケールのものもある。近年は1ヤードを1/2インチとする1/72スケール や1フィートを3/8インチとする1/64スケールといった小型スケールモデルも各社から発売されている。またトミカのように、販売用の箱のサイズに合わせて個々の縮尺を決める「箱スケール」も存在する。

鑑賞品としてのミニカー
子供向けの玩具としてのミニカー以外に、大人の目に堪えうる観賞用のミニカーもあり、世界中にコレクターが存在している。近年では、1/43スケールで1台が3000 – 5000円の観賞用のものが主流である。トミカのように子供向けの安価な製品に対してもコレクターは存在し、特に絶版になった古い製品は中古市場でプレミアが付く。

観賞用ミニカーは、一般的に飾りやすいよう台座に固定され、主にアクリル製の透明カバーなどをかぶせて保護された状態で販売されることが多い。

素材
一般的にはプラスチック製や亜鉛合金製が多いが、ウレタン樹脂やホワイトメタル、真鍮などを使った製品も存在する。また、近年は鉛の使用規制のためホワイトメタルに鉛の使用を制限する動きも見受けられる。

主な製品

・トミカ
1970年、トミーが発売した日本を代表する大量生産ミニカー。実車の大きさを問わず、統一サイズの箱・パッケージを基準にして製作されており、縮尺は各車種で異なる。
現在販売されている車種は「トミカシリーズ」だけでも140車種。乗用車、輸送車両、建設機械、農業機械、緊急車両、オートバイなど多岐にわたり、実在の企業のロゴが入った商用車も存在する。
「トミカシリーズ」に加え、旧車やレーシングカーなどを題材にした高価格帯の「トミカリミテッド」などの関連商品も多数ある。
・ポピニカ
1972年6月にポピーが発売したミニカーシリーズ。
ポピニカではテレビアニメや特撮番組のキャラクター系のマシンを商品化した。2000年代に入るとバンダイからポピニカ魂というブランドが登場した。
・ダイヤペット
1961年に大盛屋が発売した「ミクロペット/チェリカ・フェニックス」を前身とする。大盛屋がミニカーの製造販売を停止し、米澤玩具 (ヨネザワ) がその金型を引き継いだことによってダイヤペットがスタートする。第1号モデルは1965年発売の「プリンス・グロリアDX」。のちにヨネザワがセガに買収され「セガ・ヨネザワ」ブランドで発売された。その後、アガツマがブランドを引き継いで販売中。
・タミヤ
スケールモデルで世界に知られる静岡のメーカー。ラジコンやミニ四駆など、モーターライズされたモデルでも有名である。1996 – 1997年に一時期1/43スケールのミニカーを手がけた。エンジンや塗装が細部まで表現された半完成品の1/12スケールの大きなミニカーや、1/64スケールのミニカーも手がけている。
・成近屋
100円ショップで売られていることが多い。世界の緊急車、乗用車、スポーツカー、作業車。
・京商
ラジコンではタミヤと並ぶ有名メーカーである。現在は自社生産のミニカーを積極的に展開しており、マカオのミニカーメーカーのIXO社に生産を委託する「j-collection」シリーズとともに日本車を主に展開している。日産自動車が公認するオフィシャルミニカーメーカーであり、新車と同時にミニカーも発売することもある。サークルKサンクス限定で発売しているミニカーで有名。かつて、ダイドードリンコにも景品として付けられた。発売日に即日完売となるほどの人気のあるものもある。
・シンセイ (新正工業)
亜鉛合金製でドアが開閉するタイプ・作業車などがある。
SHINSEI JET MACHINEシリーズ・SHINSEI JET MACHINE MINIシリーズ・SHINSEI MINI POWERシリーズがある。
・コナミ
「ときめきメモリアル」シリーズや「ツインビー」シリーズなどを発売しているゲームソフトメーカーである。食玩も展開しており、「国産名車名鑑」などのシリーズ物でミニカーを出している。
・エブロ
精密な日本の自動車の模型を販売する。
・フジミ模型
・小川
オリジナルブランド「WIT’S」の名で実車により近い1/43モデルのレジン製ミニカーや1/12モデルのダイキャスト製バイクを製造販売している東京都の企業。また、東本昌平の漫画『キリン』とコラボしてキリンの登場人物と彼らの愛車を発売したこともある。

版権

自動車メーカーによるライセンス
かつてはミニカーの発売に対し、キャラクター商品を除き、オリジナル自動車メーカーの許可の必要がなかったが、近年では企業の知的財産権意識向上などにより、基本的に車輛メーカーに許可を得ないと商品化ができなくなっている。こうした版権許可の中には変わったものも存在しており、具体的な例として以下のものを挙げる。

1999年、フェラーリはアメリカのマテル社とミニカーの製造・販売における独占契約を締結。これ以降、同社以外でフェラーリの模型の発売は一切不可能となった。そのため、一時はフジミやハセガワなどのプラモデルメーカーの製品は販売ができなくなり中古市場で高値で取引された。その後、組み立てモデルに関してはライセンスが下りるようになり、2000年代半ばには再び市場に流通する様になった。完成品モデルに関しては、現在の日本ではマテル社の正規輸入代理店である京商が製造・発売権を有しており、マテルと異なる価格帯で販売することを条件に契約が更新されている。京商製のフェラーリ模型はコンビニエンスストア限定流通品を除き、マテル製の物よりも高額な価格帯で販売されている。他には、アシェット・コレクションズ・ジャパンがフェラーリの公式ライセンスを取得し、刊行している雑誌「フェラーリコレクション」にミニカーを付属させたりしている。2010年、マテルはフェラーリとの契約を継続した。
このような版権契約はデッドコピー品の締め出しに有効である一方、安定した品質で製品化してきた大手メーカーの発売・製造が制限されることもある。

タバコ広告の規制
ミニカーは基本的に子供向け商品と見なされることから、レーシングカーがミニカーとして製品化される際に、マールボロやキャメルなどのタバコ会社の広告が消されることが多い。近年では世界的な嫌煙傾向が鑑賞用ミニカーにも波及しており、過去の車種が製品化される場合でも当たり障りの無い文字やロゴに変更される傾向にある。
[Wikipediaから引用]