模型付きマガジン・特選商品を買うなら、ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

ダンガンレーサー

ダンガンレーサー(DANGUN RACER)は、タミヤが発売している動力付き自動車模型の一種である。通称「ダンガン」。

概要

スケールは全車1/32に統一されており、車体のイメージは実車のレコードブレイカーやレーシングバイクを模している。動力は単三型乾電池2本でFA-130サイズのモーター1個を動かし、ギヤーの組み合わせにより、後輪を駆動する。非駆動式の前輪は「スキッドホイール」と呼ばれる球体型の車輪となっている。

同社の主力商品であるミニ四駆と同じようにパーツを組み立て、どの製品も組み立てに接着剤は一切不要(但し、ボディ組み立ての際に耐久性アップの一環として接着剤の使用が推奨される場合がある。)であり、はめ込み及びビス止めで組み立てることのできるスナップフィットキットになっている。

コースを1台ずつしか走行出来ないミニ四駆とは違い、断面がハーフパイプ状になっている専用コースを用い、複数台同時走行にてレースを楽しむことが可能となっている。その後、他のマシンとぶつかったり弾いたりするサバイバル形式のレース「ファイティングレース」の登場により、改造の要素だけでなく「運」も絡み、必ずしも速ければ勝てるホビーでは無くなった。

ミニ四駆とのパーツ互換性
カスタマイズ用のオプションパーツはミニ四駆と共通規格のため、それぞれの各種カスタムパーツを相互に転用することが可能となっている。これに関してミニ四駆(ラジ四駆をベース車としたものを含む)公認競技会規則ではミニ四駆へのダンガン用パーツの転用が正式に認められている<sup class="footnote" id="fnr1">1</sup>が、ダンガン公認競技会規則ではミニ四駆用パーツの転用が認められるのか曖昧な状態である。

ダンガンレーサーEVO
・ファイティングレースの本格的な広まりにより誕生したのが、新シャーシを採用したダンガンレーサーEVO(エヴォ)である。
・電池・モーターなど走行機能のあるシャーシ部分を3分割に、ボディを2分割にすることによりセッティングの自由度を広げると同時に強度の向上を実現した。
・初期はスピードをメインにしていたこともあり、ダンガンレーサーシリーズでは曲面を中心に構成されたスマートなボディデザインが多かったが、EVOシリーズでは相手マシンをコースアウトさせる事に焦点を当てているため、全体的に複雑なボディデザインをしている。

空気抵抗

ダンガンレーサーは、ミニ四駆よりも強力な空力性能が得られるよう工夫されている。 しかし、標準のステッカーなどを貼ると、空気抵抗ならびに自重が増大するため、装飾は塗装だけ、あるいはデカールを使用するといった配慮が必要である。
[Wikipediaから引用]