模型付きマガジン・特選商品を買うなら、ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

テラクラッシャー(Terra Crusher)

概要

テラクラッシャー(てらくらっしゃー、-TERRA CRUSHER)は、田宮模型(現・タミヤ)より発売中の1/8スケールのグローエンジンを動力とするラジコンビッグフット・モデル。発売は2002年。米国で行われているスタジアムスピードレース用のモンスタートラックをモチーフとしており、HPIのサベージシリーズ等と並んで日本をはじめ欧米でのモンスタートラック人気に一石を投じた。組み立て済みフルセットでのリリースで、キット価格は¥69,800。

・搭載されるエンジンは「FS-18」と呼ばれる18クラスの(排気量約3cc)2サイクル方式グローエンジンで、エンジン後部に搭載されたスターターモーターを別電源により駆動させ始動する「タッチスターターシステム」を採用している。
・シャーシはベースとなった前作「マッドバイソン」がツーリングカー系シャーシ「TGX」をベースとしていたのに対し、本モデルはガラス繊維強化ポリアミド樹脂(PAGF)製フレーム+ジュラルミン製フラットパン構造へと大幅にリファインされた。
・サスペンションはダブルウィッシュボーン方式、オイルダンパーを各輪に2本ずつ、計8本装着。また、アーム類も前後共通とすることで経済性を確立している。
・エンジンの動力はシャーシ中央部に配された遠心カム式の2段階自動変速機からセンターデフを介してプロペラシャフトにより前後デファレンシャルギアに伝達される。過剰なエンジンパワーを逃す「スリッパークラッチ」はもとより、送信機の操作により瞬時に後退(リバース)可能な「FRAT」システムが搭載されていた。(このシステムには重大な問題点があり、本稿で後述する)
・タイヤは幅100mm・直径176mmのファットなV型ラグパターンタイヤを装着する。
・ボディカラーは赤、青の2色がある。
[Wikipediaから引用]