模型付きマガジン・特選商品を買うなら、ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

トミカリミテッドヴィンテージ

概要

トミカリミテッドヴィンテージは、タカラトミーの子会社であるトミーテックが発売する1/64スケールのミニカー。略称はTLV。

2004年から開始された新シリーズで、既存のトミカリミテッドと異なり、「もしもトミカが昭和30年代に誕生していたら」というコンセプトにより1950年代から1960年代後期の日本車を製品化対象としていた。本家トミカ同様、乗用車だけでなくトラックやバスも製品化しているが、ドア開閉などのギミックがないディスプレイ専用モデル(ただし乗用車にはトミカと同じサスペンションが標準装備され、働く車は近年可動機構つきのものが登場している)となっており、対象年齢を15歳以上としている。通常のトミカが車体の大きさをある程度統一するため車種によってスケールがまちまちであるのに対しこちらはすべて1/64で統一されている。

当初は製品コンセプト通りトミカ発売(1970年)以前の実車をミニカー化するとしていたが、その後製品化年代範囲は若干拡大されている。2006年10月以降は「トミカリミテッドヴィンテージNEO」と称して、1970年代から1980年代後期の日本車(原則として過去にトミカの対象とならなかった車種)も製品化を開始した。近年では、本家トミカと縁のある車種が製品化されることが多く、事実上本家トミカと重複しているもの(グレードや排気量、形状違いなどで厳密な意味での重複は回避)もある。

派生品として2010年から半完成品のジオラマ『トミカラマヴィンテージ』、2011年から1/43スケールの『トミカリミテッドヴィンテージ43』も発売されている。

[Wikipediaから引用]