模型付きマガジン・特選商品を買うなら、ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

ミニ四駆

ミニ四駆(ミニよんく)は、タミヤが発売している小型の動力付き自動車模型である。小型電動機(モーター)を搭載した四輪駆動の模型で、単3型乾電池を動力源として走行する。ラジオコントロールではない。商標権はタミヤが保有(登録商標日本第2168392号ほか)。

概要

2度のブームにより日本で一番売れた自動車模型のシリーズ。2012年で発売30周年を迎え、累計約420種以上の車種を発売し、販売台数は1億7000万台。

構造及び機構
スケールは(一部を除き)1/32とされている。これは単3形乾電池2本が入りやすいようにしたサイズである。動力は単3形乾電池2本とFA-130サイズのモーター1個で、ギヤーとシャフトの組み合わせにより動力を前後の車軸に伝達し、4輪を駆動する。従来の製品では、プロペラシャフト両端の二つのピニオン及び二つのクラウンギア、モーターのピニオン及びスパーギアとカウンターギアと呼ばれる2段ギアがそれぞれ一つで、計7個の歯車で減速、駆動している。減速比は種類によるが11.2 – 3.5程度で、ギア比を二つ選べる製品も多い。モーターに近い側の車軸を2段減速とし、そこからシャフトで分岐する形でクラウンギアを2段介してもう一方の車軸を駆動している。

最新型のMSシャーシ(ミニ四駆PRO)では車体中央部に両軸出力モーターを配置しプロペラシャフトを廃している。

駆動方式
レーシングタイプの場合、MS以外のシャーシではプロペラシャフトを取り外すだけで容易に二輪駆動(FM/スーパーFMではFF、その他ではMR)にする事もできる。なお、MSの2WD化も在来機種用モーターを利用する(この場合MRとなる)、あるいは駆動させたくない側のギヤを抜き取る事により容易に可能である。 ストック状態ではディファレンシャルを持たない、所謂「直結四駆」状態である為、低速コーナーの多いコースでは敢えて二輪駆動にする者もいた(ただし、公式レギュレーションでは二輪駆動化およびプロペラシャフトのピニオン交換とワンウェイホイールの組み合わせによるフルタイム4WD化は禁止されている)。 ホイール側でディファレンシャル機構とするワンウェイホイールも販売されていたが、レースによってはレギュレーションで二輪駆動禁止、ワンウェイホイール禁止とするレースもあった。

主な工具・ケミカル類
いずれの製品も基本的には組み立てに接着剤は一切不要であり、はめ込み又はビス止めで組み立てることのできるスナップフィットキットになっている。

ただし、タイヤなど一部に接着した方が好ましい部品がある。(特にスポンジタイヤの場合、大抵は両面テープが添付されている。)改造・補修する際も接着剤が多用されるが、シアノアクリレート系(瞬間接着剤)やFRP接着用のエポキシ樹脂系接着剤などが利用される。 タミヤからも、ミニ四駆向けにあらゆる工具が発売されたが、値段がやや高額なこともあり非常に質感の高い工具<sup class="footnote" id="fnr2">2</sup>であった。

・ノーマル車組み立て
・ニッパー
・カッターナイフ
・プラスドライバー
・ヤスリ
・一般的改造…ここで多くの切削工具が登場する。
・ピンバイス
・瞬間接着剤
・カッターのこ
・ペンチ(特にラジオペンチ)
・ノギス、物差し等のサイズ測定器具(公式ルールでサイズが厳しく定められているため)
・潤滑スプレー(シリコンスプレー、KURE 5-56など)…グリスに比べ抵抗の少なさ、施工のしやすさから使われるケースがある。
・ハードユーザーがよく使う工具…切削加工、とりわけFRP相手の作業が多くなるため電動工具類が多用されるようになる。
・電動ドリル
・電動リューター
これらはタミヤから組み立てキットが発売されたことさえある。
ミニ四駆シャーシ一式(ワークマシン(例)と称され、ギアやタイヤの加工をする際に旋盤のような形で使われる)
ライターオイル、ブレーキクリーナー…ボールベアリングの脱脂・洗浄に使われる。
ミニ四駆スピードチェッカー…最高速を計測するためのシャーシダイナモ。
これら電動工具はホームセンターで安売りされているものを使用している人がいる一方、中にはボール盤、さらには高性能の工作機械を使用するハードユーザーも存在する。
[Wikipediaから引用]