模型付きマガジン・特選商品を買うなら、ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

ラジカン

ラジカンは、大陽工業(現株式会社タイヨー)が発売していたラジコンである。定価3,480円。

概要

1998年に発売。本体のプラスチックケースが缶飲料の様な筒形をしているのが特徴である。それにちなんで「ラジカン」と命名されたと思われる。値段も手ごろで改造用のオプションを用意する事で改造も可能だった事から多くのラジコン初心者から人気を博していた。トイラジコンとしては車種が非常に豊富で大小の普通車を始め、スポーツカーやレースカーは勿論、バスや映画に登場した車両さえあった。また、上位機種にラジブックというシリーズがあった。カタログ上のサイズは1/32と小型で使用電池も単三が四本(車体2本、コントローラー2本)と手軽、基板へ流せる電圧が比較的高かった為、一部を除いたミニ四駆用のモーターがそのまま使えてしまうという特徴から改造が流行し、同時にクオリティの高いボディ造型によりコレクション性も高かった点からトイラジコンブームの1つの形を築いたとも言える。現在はラジカン倶楽部とラジカンノスタルジックカーコレクション(どちらも定価2,604円)が後継シリーズとして発売されており、小型化した新シリーズにはマイクロラジカンとラジカンプレミアムミニ(どちらも定価1,890円)が発売されている。ただしこれらの現行シリーズは旧シリーズとは異なり改造可能をコンセプトとしておらず、あくまでコレクション要素を重視したシリーズとして設定されており、改造を行うには他の多くのトイラジコンと同様に半田鏝やトランジスタが必要となる。
[Wikipediaから引用]