ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

スウェーデン・ソーラー・システム

スウェーデン・ソーラー・システム (Sweden Solar System) は世界一大きい、太陽系のモデルである。

概要

世界最大の半球状の建物であるストックホルム・グローブ・アリーナ(エリクソン・グローブ)を太陽に見立てて、スウェーデン各地に太陽系の天体に対応するオブジェが設置されている。小惑星帯より内部の惑星はストックホルム市内にあるが、外部の惑星のオブジェはバルト海に沿って、北の方向に設置されている。縮尺はおよそ2千万分の1で、太陽の大きさはコロナの部分を含んでいる。

それぞれの天体の設置場所は以下のようになっている。
・太陽:直径110mのストックホルム・グローブ・アリーナである。
・内部惑星
水星:グローブ・アリーナから2,900m離れたストックホルム市博物館に直径25cmの水星が置かれている。
金星:5,500m離れたスウェーデン王立工科大学に、直径62cmの金星が置かれた。2004年6月8日には天文台博物館にも金星のモデルが置かれた。
地球:スウェーデン自然歴史博物館のシアターのコスモノヴァ (Cosmonova) に直径65cmの地球のモデルが置かれている。グローブ・アリーナから7,600m離れている。18cmの月のモデルも置かれている。
火星:11.6km離れたショッピングセンターのMörby Centrumに35cmのモデルが置かれた。

・外部惑星
木星:40km離れた、ストックホルム・アーランダ空港に直径7.3mの花の装飾が造られた。
土星:現在はまだ建設されていないが、73km離れたウプサラのオングストローム研究所にプラネタリウムを建設する計画がある。直径6.1mでリングのある屋根を持つ計画である。
天王星:143km離れたイェヴレのFuruvik公園に、直径2.6mのオブジェがある。
海王星:229km離れたセーデルハムンに、アクリルで造られ夜は青く輝く2.5mのオブジェがある。

・準惑星など
冥王星とカロン:300km離れたDelsboの隕石クレータであるデレン湖の近くに、隕石落下の際にできたデレナイトと呼ばれる鉱石で作られた直径12cmのモデルが置かれている。
イクシオン:360km離れたヘーノーサンドに、6.5cmの球体を握った手のオブジェがある。
エリス:510km離れたウメオのUmestans Företagsparkに直径13cmのモデルが置かれている。Theresa Bergで作られた金色のモデルは、『「καλλίστῃ (最も美しい女神に)」と書かれたリンゴによって、女神達が争いを始めた』神話を伝えている。
セドナ:912km離れたルレオのTeknikens husにある。

・太陽系外縁部の小天体
小惑星エロス:エロスは愛の神であることから、バレンタインディのプロジェクトで11km離れたDanderydのMörbyskolan学校に 2 × 0.7 × 0.7 mm (0.98 mm3) の金のモデルが造られた。
小惑星Saltis:SaltsjöbadenのKunskapsskolan(ストックホルム天文台の近くの学校)に置かれている。このこの小惑星はAlexis Brandekerが2000年にストックホルム天文台の望遠鏡で発見した。この天文台の場所(Saltsjöbaden)にちなんで名付けられた。
小惑星 5025 PL:60km離れたクニーヴシュタのAlsikeの公園にスウェーデン・ソーラー・システムの地図が置かれ、地図に0.2mmの点が打たれている。
ハレー彗星:SkövdeのBalthazar Science Centerに置かれている。2009年12月16日より始め、現時点では彗星の4つのモデルが存在する。3つは児童達の図面に基づいて屋外に置かれている。1つは屋内に置かれ、ガラスのブロックを通過するレーザーから成る。
スイフト・タットル彗星:390km離れたカールスハムンのKreativumにある。彗星の軌道は特殊で、近日点がストックホルム市内に、遠日点がカールスハムンに相当する。
ヘリオポーズ:太陽系境界となるTermination Shockは950km離れた北極圏のキルナである。彫刻はまだないが、将来設置する計画がある。

[Wikipediaから引用]