ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

ステージガン

ステージガンとは、映画や演劇等で使用する小道具としての銃砲である。おおよそモデルガンや、国によっては日本国の銃刀法で定義される「模造銃」と同種のものと考えて良い。国によって利用できるステージガンの種類や機能がその国の銃器に関する法律に比例するため、様々な形態の物がある。

名称

ステージガンと言う呼称は、主に日本で使用される呼称であるが、英語圏では、正確に表記する際は、stage props blank gunsや、stage prop fake gunsといった表記がよくなされる。(主に映画や演劇で使用する大まかな道具として、stage props~もしくは単にprops~という言葉がよく使われ、発火する小道具の銃器にはblank gunsという呼称がよく使われる)

従ってstage gunと言う呼称でも特に問題なく通用するが、その呼称自体を間違えた際に特に大きな問題になるような物でもないため、使用される用途などで呼称が下記のように変わる場合があるという程度の認識で特に問題はない。

ステージガンの種類

一言でステージガンといっても、その使用するシーンによって大まかに2つの種類に大別される。

・プロップガン(ブランクガン・フェイクガン)
映画の撮影や演劇などで、俳優が銃撃戦を演じるとき、リアルな発射炎や動作機構を必要とされる際に使用されたり、演出上その銃を構えた近景撮影などで、銃を構えた俳優とのコラボレーションでの格好良さを必要とする際にリアルな外観を必要とする時に使用される物である。主に日本ではモデルガンやエアーソフトガンのような外観的に本物と見まごうばかりの日本製遊戯銃特有の性質を利用して、それらを撮影用に銃刀法の許す範囲で発火機能などを撮影用に改造されたものを使用する場合が多い。最近では更に発火演出を効果的に見せるために、CGなどを合成する場合もある。日本映画創世期には警察官立会いのもと実銃が貸し出され空砲作動で撮影したり所持許可を持った出演俳優の個人所有銃器が撮影に使用されていた事もあった。高倉健主演の「駅 STATION」では数々の実銃が画面に登場し迫力を出す事に成功している。

・CG合成による、発火演出の端的な例
ハリウッド映画など、銃器規制がゆるやかな国で使用されるプロップガンは、空包発射補助具無しで空包のオートマチック射撃を可能に改造された実銃を使用するのがほとんどである。弾薬としては、弾丸の装着されていない実包の薬莢の先端を潰した物や、ゼリーや紙などで薬莢の先端を埋めた空包を使用する。また、ほとんどのセミ・フルオートマチックの銃器は、発砲時の反動や燃焼ガスを利用して弾の再装填を自動で行う。しかし空包では弾の再装填に必要な反動やガスが実弾に比べて少ないので通常最初の1発撃てば薬莢が詰まって撃てなくなってしまう。そこで銃口内部付近にチョーク、或はレジストレーション(抵抗)と呼ばれる小さな穴の空いた詰め物をねじ込み、ショートリコイル等のロッキング機能を解除する為にチャンバー付近を削る等の加工を施したりする。
火薬なども実銃と同様の物や発火演出向上のため(マズルフラッシュが効果的に出るよう調整された特殊な火薬を使用する)にそれ以上のものを使用する場合が多いため、至近距離で発射する撮影などでは発砲時に飛散するゼリー等の軟体物のカスやその強力な発射炎やガスなどでケガをする俳優も多く、事実死亡事故も発生しているので取扱には注意を要する。

米国では、こういったステージガンを専用に制作するラボが数多くあり、古今東西の実銃をステージガンに改造して在庫し、中にはSF映画などで使用される銃などを特別に設計制作して貸し出すなどしている。英語圏では、特に発火する撮影用銃器に関してはblank guns(ブランクガン)という形で区別される場合がある。

・ラバーガン
映画の撮影などで、俳優がアクションシーンを演じる際、手に持った銃を放り投げたり、グリップで相手を殴るような演出が必要とされる場合に使われる「ゴム製」のステージガンである。このような演出を行う場合、上記プロップガンでまともにやっていれば、貴重なプロップガンを破損させたりするので、このようなものが使用される。このラバーガンが使用されるシーンは基本的に動きが速く、銃自体が注視されるようなシーンはほぼ皆無なので、基本的に銃自体は非常にラフな作りである。製造方法はいたって簡単で、基本的な製造法としては元となるプロップガンをシリコンなどで型を抜きゴムを流し込んで出来上がりである。あとはバリなどをとってそれらしく整形するだけのことである。アメリカでは警察などで、相手を武装解除する格闘戦の訓練用にも用いられている(赤く着色されているため「レッドガン」の別名がある)。

著名なステージガン

以下に映画等で使用された、その作品を代表するような、その銃の名を聞けばその作品がすぐさま連想されるような著名な銃を列記。

・S&W M29
(映画・ダーティハリーシリーズ)

主人公ハリー・キャラハン刑事が使用する、あまりにも有名な44マグナム拳銃。本映画公開と同時に本銃の実銃の売上が飛躍的に向上したのは有名な話である。本映画でのM29の威力は誇張が多いので有名であるが、特に発射の効果音はあまりにかけ離れていることは映画ファンの語りぐさである。しかしながらこれらの誇張演出も、実際実銃でも威力が絶大な本銃とハリー刑事のキャラクター性を際立たせることに貢献している。シリーズ4ではAMT社が主演俳優のクリント・イーストウッドに贈呈した8.5インチバレルの「CLINT-1(クリントワン)」モデルの44オートマグも登場する。(撮影に使用したのはプロップの「CLINT-2」タイプ)

・S&W モデル2アーミー
(TVドラマ「龍馬伝」他、坂本龍馬を扱った作品の一部)

TV大河ドラマ「龍馬伝」で福山雅治演じる坂本龍馬が使用するリムファイヤー方式の回転式拳銃である。他、坂本龍馬にまつわる創作作品で昨今の作品では、必ず本銃が登場している。史実においても、坂本龍馬が寺田屋事件で使用した銃は本銃であることはあまりに有名な周知の史実であり、実銃としても、日本において最も知られた拳銃の一つである。坂本龍馬という人物を象徴する、維新によって侍の時代から新しい日本を造る象徴としても描かれる有名なアイテムともいえる。但し、過去の坂本龍馬を扱った作品において、この史実があまり重要視されず、坂本龍馬がコルト・シングル・アクション・アーミー を所持していたり、チーフスペシャルのような現用リボルバー拳銃を扱うような作品も存在していた。現在においては、モデルガンメーカーからも本銃が発売され、史実も周知されているため、玩具銃の世界でも、2010年における坂本龍馬ブームも相まって、非常に人気のあるアイテムとなっている。

・ヘッケラー&コッホ・USPマッチカスタム
(映画・トゥームレイダー)

映画、トゥームレイダーで、アンジェリーナ・ジョリー演じる主人公の女性冒険家「ララ・クロフト」が使用する拳銃。ララはこの銃を二挺拳銃で縦横無尽に撃ちまくり、戦闘ロボットを蜂の巣にするほどの射撃の腕前を披露する。この銃、一見すると、ハリウッド映画によくある架空の拳銃のように見えるが、実は実際に実在する拳銃で、ヘッケラー&コッホ社が製造するUSPという多数の国が採用する、非常に優秀な軍用拳銃の、民間型競技用カスタム拳銃である。本来、競技用モデルなので、メジャーな存在ではなかったが、本映画で、主人公ララが使用し、架空の銃のようなスタイリッシュなデザインから一気に人気が爆発した。無論、これにより大小様々なメーカーから、玩具銃も製造され、現在も発売されている。
実銃射撃の様子(動画)

・M60
(映画・ランボー)

シルヴェスター・スタローン演じるランボーが使用した、米軍現用の軽機関銃である。本作が一介のこの軽機関銃を一躍有名にした。その圧倒的な破壊力と迫力は今なお本映画以降数々の作品にヒーローの武器として登場している。本作以降、マッチョで無敵なヒーローを表現する際、このM60やそれに類似した軽機関銃を片手で腰に構えて発砲する格好がよく演じられるが、現実には本銃を片手でフルオート発射することはスタローンといえどまず不可能なほど威力と反動の強い銃であり、空砲だからこそ出来たシーンである。海外で実銃を実射する機会がある場合、本銃を同様の格好でふざけて射撃するようなことは絶対にしない方がよい。

・ワルサーPPK及びスカラマンガの黄金銃
(映画・007シリーズ)
ワルサーPPK
スカラマンガの黄金銃
劇中で使用された本銃

映画、007シリーズの主人公、MI-6の諜報員ジェームズ・ボンドの愛銃である。ワルサーPPKといえば007ともいわれるほど有名。この映画で、同種の小型拳銃=スパイ御用達といった護身用拳銃の代名詞にもなった。本映画ではポスターなどでサプレッサー付きPPKの方がメジャーなイメージがあるが、実際劇中でボンドがPPKにサプレッサーを付けて活躍する事はあまりない。

007シリーズの中でPPK以外で、特に有名なステージガンは、シリーズ「黄金銃を持つ男」に登場した秘密兵器「スカラマンガの黄金銃」の名で知られる敵の暗殺者が使用していた秘密合体拳銃である。普段は黄金製の万年筆(バレル)、カフスボタン(トリガー)、シガーケース(グリップ)ライター(薬室)を変形合体させることで、一丁の単発拳銃を組み上げることが出来る。当時はこの銃のイメージが大ヒットし、スパイブームも相まって、カメラが変形して銃になるモノや、トランシーバーが変形して銃になるモノ、その通り上記のような物品を合体させて銃にするような玩具やプラモデルが大流行した。昨今では、本銃の金メッキ高級レプリカモデルも販売されている。ただ、この黄金銃の本物のプロップガンは英国エルトリースタジオで保管されていたが、2008年10月に何者かに盗難され、行方不明になってしまっている。このプロップガンの美術的価値は、1400万円にもなるといわれている。

・アンクルガン
(テレビドラマ・0011ナポレオン・ソロ シリーズ)
アンクルガン
劇中で使用された本銃(オプション装備時)

アメリカの人気スパイ物テレビドラマ「0011ナポレオン・ソロ」に登場した、ロバート・ヴォーン演じる主人公ナポレオン・ソロとデヴィッド・マッカラム演じるイリヤ・クリヤキン他主人公が所属する秘密諜報組織「U.N.C.L.E(アンクル:国際連合諜報部や、国際連合法務執行司令部とも)」構成員が所持する正式装備である。ワルサーP38をベースに、グリップを鋭角的なデザインに変更、ショートバレルにフラッシュハイダーを装備したようなデザインをしている。そしてこの銃の特徴として、パイプストック、照準スコープ、ロングバレル、ロングマガジンをオプションで標準装備しており、それらを装着することで狙撃拳銃ともいうべき銃に様変わりする特徴を持っている。上記007シリーズに始まるスパイブームの中、この銃のイメージをモチーフにした合体型拳銃の玩具も同様にヒットしており、大小様々なメーカーから類似の玩具銃が販売されていた。 日本において昔懐かしい銀玉鉄砲などの玩具で、ワルサーP-38をベースにした玩具が多いのは、本作品に影響されているといわれており、確かに当時の駄菓子屋などでは、この銃を明らかにイメージした玩具銃が巷にあふれていた。近年では、米国アニメ「トランスフォーマー」に登場する敵司令官「メガトロン」の変形後の銃形態のモチーフになっていることでも有名である(元々はミクロマン末期の「ミクロチェンジシリーズ」という変形玩具のひとつに「ワルサーP-38」があり、そのDX版が「ガンロボ ワルサーP-38 アンクルパーツセット」というものであった。これをほぼそのままアメリカ仕様にしたのが、トランスフォーマーの「デストロン破壊大帝 メガトロン」である)

・マックスショットガン
(映画・マッドマックス)

映画、マッドマックスで主人公マックスが使用する水平二連型ショットガンを銃床、銃身共に切りつめたソードオフと呼ばれるカスタムを行った独特のデザインラインを有するショットガンである。このショットガンは登場当時、映画ファンに鮮烈な印象を与え、本主人公を代表するものにまでなった。但し実際は本銃には裏話があり、なぜこのような銃を主人公マックスが持つに至ったかというと、この映画第一作が撮影されたオーストラリアでは、法律上現用の実銃(いわゆる最新の機関銃や自動拳銃など)の所持が法律で禁止されており、映画の撮影でもその例に漏れなく適用されている。但し比較的古い銃(雷管式リボルバーや、古い開拓時代に使用されたライフル、第一次世界大戦~第二次世界大戦初期頃の年代の銃や散弾銃)の所持は認められているので、こういったオーストラリアの法律上、このようなチョイスになったのである。

・デッカードブラスター
映画、ブレードランナーに登場した架空の銃で、ステアー社のライフルの機関部やリボルバー拳銃を合成させた、今日なお非常に人気が高いデザインのステージガンである。

・ポドヴィリン拳銃
(映画・レッドブル)

アーノルド・シュワルツェネッガー主演の映画「レッドブル」に登場した架空のソ連製という設定の拳銃。イスラエル製デザートイーグル10インチモデルをベースに作られた撮影用のプロップガンで、大型大口径拳銃で有名な「デザートイーグル」の先端をそのまま丸めた様なストレートバレルが特徴である。グリップやトリガーガードはワルサーP-38をモチーフにした無骨なグリップをあしらえている。本銃は、主演のシュワルツェネッガーがソ連の警察官という設定なのであるが、周知の通り彼は大変大柄な体格なので、当時存在した通常のソ連製の拳銃(マカロフ)を持たせた場合、ポケットピストルのように見えてしまうため、彼のキャラクター性を際だたせるために特別にデザートイーグルをベースに「架空のソ連製大型拳銃」として制作された。

・AMTガバメントモデル・ハードボーラー・ロングスライド
(映画・ターミネーター)

アーノルド・シュワルツェネッガー主演、シュワルツェネッガーの出世作、ターミネーターでターミネーターが未来の歴史を変えさせないため、ヒロイン、サラ・コナーを抹殺しようと使用した銃。劇中では、このモデルの上部に、ロングタイプのレーザーサイトを装着して、大柄なシュワルツェネッガーに似合った銃として雰囲気をかもし出している。本来この銃は、本家コルト社の名銃、「M1911ガバメント」のコピーモデルで、実のところこういうカスタムタイプのガバメントモデルは、米国のIPSCやビアンキカップなどの拳銃競技大会などで使用されるカスタムガンとしては特段珍しいタイプの銃ではなかった。この映画で本銃を使用し、当時では珍しかったレーザーサイトを装着した事で、銃の雰囲気がガラリと変わり、映画のヒットも相まって一気に有名になった。

・AUTO9
(映画・TVドラマ・ロボコップ)

主人公ロボコップ(マーフィー)が使用する架空の大型拳銃。ベレッタM93Rを改造したステージガンである。ベースのM93R同様に3点バーストも可能(ロボコップ3ではベレッタM92Fを改造したフルオートオンリーの物を発砲用として使用)。この銃と言えばロボコップが連想されるほどの有名なステージガンである。公開後、後に玩具銃メーカー旧MGCによってエアーソフトガンも発売された。この旧MGC製の玩具銃が本物のステージガン以上にあまりにも出来がよかったために、この玩具銃を日本の銃器雑誌のスタッフが当時クランクインしていた「ロボコップ2」の撮影スタッフに見せたところ、「俺たちが何ヶ月もかかって作ったAUTO9が、日本じゃこんな精巧でリアルなオモチャとして、そこらの玩具店で売っているのか!?」と驚愕し、苦笑したという。そしてこの玩具銃を認めたスタッフは、実際の「ロボコップ2」の映画内で、この旧MGC製のエアーソフトガンを発砲シーンのない場面でのプロップガンとして使用していた。

・M134 ミニガン
(映画・プレデター、ターミネーター2)
『プレデター』では後述の『T2』のイメージから主演のアーノルド・シュワルツェネッガーが使用したとの誤解が多いが、実際には部下役のジェシー・ベンチュラが特殊部隊用の支援火器として使用している。6本の銃身により高い速射性能を持つバルカン砲の中では小型に類するが、実際のM134は攻撃ヘリコプターや軍用車輌に搭載される物で歩兵用は実在せず、たとえ実在しても実包の発射の振動にはまず射手の身体が耐えられないと言われている。後に『ターミネーター2』ではシュワルツェネッガー演じるターミネーターの武器として登場、日本で電動エアーガンも発売されている。

・パルスライフル、スマートガン
(映画・エイリアン2)

リプリーと共にLV426惑星に向かった植民地海兵隊の武器。従来のSF映画に登場する銃火器とは一線を画したリアルな描写で話題を呼んだ。パルスライフルはM1トンプソンをベースに、レミントンM870の機関部にスパス12のグリップとカバーを組み合わせたグレネードランチャーが付いている。スマートガンはMG42機関銃に、撮影用のステディカムやバイクのハンドルグリップなどを組み合わせている。パルスライフルの方は、ガレージパーツで、エアーソフトガンのトンプソンに装着できるキットや、完成品エアーソフトガンが発売されている今なお人気のあるステージガンである。

・フェイザーガン
(映画・TVドラマ・スタートレック)

映画・TVドラマで有名なスタートレックに登場するクルーが使用する架空のエネルギー兵器である。数々の派生作品があるが、作品毎にデザインが違う。マニアであれば、このフェイザーガンのデザインを見ただけでどのスタートレックシリーズの作品か判別が可能といわれている。

TOSなど初期にはフェイザーライフルなどの大型銃器はあまり登場しなかったが、シリーズ後半ではライフルタイプの物が頻繁に登場する。ちなみに、本作品で登場する「クリンゴン帝国」の兵士が使う銃は、フェイザーガンではなく、「ディスラプターガン」と言い、設定上フェイザーガンとは発射原理が違うことになっている

・ブラスターガン
(映画・スター・ウォーズ・シリーズ)

映画スター・ウォーズに登場する各種架空のエネルギー兵器の総称。モーゼル拳銃やMG34機関銃、スターリングなど実銃をベースに装飾した物が多く、米国などでもそれをモチーフにした子供用の玩具から、実際に撮影で使用されたような高級コレクター玩具まで数多く販売されており、ある意味世界で一番愛されているステージガンといえるかもしれない。

・スーパーガン
(TVドラマ・ウルトラマン)

特撮作品「ウルトラマン」で使用される架空のエネルギー兵器。科学特捜隊なる組織の隊員標準装備の拳銃型光線銃である。ジグザクに発射されるエネルギー弾の格好の良さに当時の子供達は喜んだ。今でも本銃の玩具が製造されるなど、日本で幅広い人気を持つ小道具である。後年、本作に出演したフジ・アキコ隊員役の桜井浩子は、この銃のプロップガンのことを、「金属の塊で出来たもので非常に重く、この銃を使った演技では苦労した」とバラエティー番組で回想している。

・ウルトラガン
(TVドラマ・ウルトラセブン)

特撮作品「ウルトラセブン」で使用される架空のエネルギー兵器。ウルトラ警備隊の隊員標準装備の拳銃型光線銃である。ウルトラマンの後続作品であり、かつ大人向けにも制作された作品ならではの当時としてはウルトラマンよりもリアルさに重点を置いて制作された小道具である。実際上記スーパーガン以上にこのウルトラガンに郷愁を抱く大人もいまだに多い。数万円もする高級玩具も製造されている。

・ハカイダーショット
(TVドラマ・人造人間キカイダーシリーズ)

本作品におけるキカイダーの宿敵、アンチヒーローキャラであるハカイダーが使用する銃である。おそらく日本におけるこのような作品の「敵役」が使用する小道具としてのステージガンで、これ以上の個性のある有名なステージガンは他にないだろう。

このハカイダーショットは、現在旧作と新作(雨宮慶太監督「人造人間ハカイダー」で使用されたもの)の2種類がある。

旧作は、縦2連銃身のリボルバー状をした銀色のハンドガンである(設定によると、「高周波弾を撃つ多連装式銃」であり、「どんなマシンも一発で破壊する」)。ハカイダーは普段は銃を左脚のブーツに差している。これはハカイダーの人間体であるサブローが短剣「破壊剣」を普段は左脚のブーツに差しているためである。なお、漫画版では本銃は「ビーム・ショット・ガン」という名前である。なお旧作の「ハカイダーショット」は、バンダイの模型紹介雑誌「模型情報」での解説によると、「人造人間キカイダー」の日本での放送終了後、ハワイでの放送が人気を博した事による、ハワイの「ステージ・イベント」にてハカイダーを出演させる為にスーツごと貸し出された際、現地で盗難にあったそうである。

新作の方は、リアルさに重点を置いた、エアーソフトガンのショットガンをベースに装飾改造したものである。

後者の方は商品化されていないようであるが、前者の旧作の方は昨今ガレージキットや高級玩具として商品化されており、極めて希少な高級玩具の方はプレミアが付き、専門店によっては31万円もの価格で販売されている。
[Wikipediaから引用]