模型付きマガジン・特選商品を買うなら、ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

塗料(coating)

塗料(とりょう、英語:coatingまたはpaint)とは、対象物を保護・美装、または、独自な機能を付与するために、その表面に塗り付ける材料のこと。

概要

日本には古くから漆塗りに代表される塗料の歴史はあったが、洋式塗料の歴史は明治初頭に始まる。

現在では、塗料には用途に応じて様々なタイプがある。

例えば、ペンキやニスに代表されるように、一般に液状で、溶剤の揮発・乾燥によって固化・密着し、表面に塗膜を形成して、対象物の美観を整え、保護するもの。あるいは、オイルステインに代表される、粘度が低く、材料(この場合は木)の内部に浸透し、材料その物の劣化を防ぎ、着色するもの、等々である。

建築物や、構造物、自動車、鉄道などの車両、船舶、電気機械、金属製品、ガーデニング用品、家具、皮革、模型など、多様な用途ごとに特化したものがある。

かつては有機溶剤で希釈するものが圧倒的に多かったが、最近では、環境・健康・利便性等に配慮して水で希釈できるタイプの塗料(水性塗料)の比率も増えてきている。加えて、溶媒を用いず、顕色成分と造膜成分とで成立させた塗料である、粉末塗料も登場している。

*注釈* 
エナメル塗料に 間違えて ラッカー塗料のうすめ液(シンナー)を 混ぜると塗料が分離してゲル状態になるのもありますので、エナメル塗料(油性塗料)には エナメル用うすめ液(ペイントうすめ液)を、ラッカー塗料には ラッカー塗料用うすめ液を使用するように。

使用目的

・対象物の保護
 防食、防腐、防黴、防蟻、防汚、防水、殺菌、耐薬品、耐火
・美観
 平滑化、光沢付与、彩色、模様、意匠、景観創出
・機能性付与
 遮熱、撥水、蛍光、蓄光、迷彩、有害化学物質吸着

主成分

・塗膜形成成分(乾性油、樹脂、セルロースなどが用いられる)
 ・アクリル樹脂
 ・ウレタン樹脂
 ・メラミン樹脂
・添加剤(レベリング剤、スリップ剤、可塑剤、増粘剤、乳化剤、乾燥剤、消泡剤など)
・溶剤(流動性の調整)
・顔料(彩色や特殊機能)

[Wikipediaから引用]