模型付きマガジン・特選商品を買うなら、ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

谷 明

海洋堂所属。「ファイブスター物語」のモーターヘッド造形やWTM の原型を手掛ける。

来歴

日本のモデラー(原型師)。ガレージキットメーカー海洋堂所属。『ファイブスター物語』に登場する巨大ロボット「モーターヘッド(MH)」造形や戦車食玩「ワールドタンクミュージアム(WTM)」の原型製作で知られる。その精密極まりないメカ造形から「天才・谷明」と呼ばれる事が多い。

元々は一アマチュアモデラーとしてMH造形を行っていたが、ワンダーフェスティバルにて原作者・永野護本人に見出されて海洋堂に入社、同社のMHガレージキットやアクションフィギュアの原型を手掛けた。その造形は「谷はファイブスター物語の舞台であるジョーカー太陽星団の住人であり、時々この世界に立ち寄るだけ」と言われる程であった。

その後海洋堂と永野との関係が破綻、同社からMH商品の発売が不可能になると、谷の原型で世界の戦車を1/144スケールで立体化するWTMをスタート、それまでタミヤのミリタリーミニチュアシリーズなど1/35スケール主流であった戦車模型の世界にミニスケールブームを巻き起こした。

[Wikipediaから引用]