模型付きマガジン・特選商品を買うなら、ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

フジミ模型(FUJIMI)

メーカー

フジミ模型株式会社

フジミ模型は、1948年(昭和23年)に静岡県清水市(現:静岡市清水区)で「フジミ模型教材社」として現フジミ模型会長齋藤茂一と後に今井科学を設立する今井栄一によって創業され、当初は木製模型等の製造販売を行っていた。1961年(昭和36年)にプラモデルの製造に参入し、名称をフジミ模型株式会社に変更した。当時は艦船のモデル化に力を入れており、ロゴマークにも黒地に船の舵輪をデザイン化したものが添えられていた。
現在の商品内容は、自動車、航空機、艦艇が中心であるが、AFVや名城・建物、キャラクターモデルなども扱っている。
航空機は主に1/48と1/72でシリーズ展開されている。また1/72では日本海軍水上機やF7Uカットラス戦闘機など他社が開発しない商品展開をみせている。初期の航空機キットは1/50と1/70で作られていたが、1970年(昭和45年)より国際標準スケールの1/48と1/72を採用した。最初の1/72スケールキットであるE-2A ホークアイは、実機の変化に合わせて金型の改修を受けながら生産が続けられ、現在はホークアイ2000として販売されている。
艦艇は1/700と1/350で展開されている。1/700は当初ウォーターラインシリーズの一部として作られていた(キットは部品の色がブルーグレイに近い色で、アオシマ、田宮のキットの部品と色が近かった)が、現在は離脱してシーウェイモデルシリーズとなり、キティホーク級航空母艦を筆頭としたアメリカ海軍の現用戦闘艦や大和型戦艦、金剛型戦艦(新金型)発売などで独自の商品展開を見せている。1/350では金剛、伊勢、翔鶴等の大型艦をモデル化している。
AFV関連は、ミニスケールでは少数派の1/76のモデルを製造しており、自社製品及び日東の金型を用いたナナロク、スペシャルワールドアーマーの2つのシリーズを展開している。1970年代にはこのシリーズの車輌やフィギュア、樹木のキット、カラーパウダー、ベースが入った情景模型セット「ワンカットシリーズ」(ベースは立体的なバキュームフォーム成形、10種類)および「ジオラマシリーズ」(ベースはプラ板二枚、7種類)も発売されていた。2010年より1/72でのモデル化を開始し、8月に1作目の「ドイツ軍用トラック(オペル・ブリッツ)救護車仕様」を発売した。
キャラクターモデルは、1999年(平成11年)に完全新金型でウルトラセブンに登場する「TDF PO-1ポインター」の1/24キットを発売、引き続き「マグマライザー」、「ハイドランジャー」、1/700海底軍艦 轟天号等を発売した。
自動車の模型は、新旧の乗用車やチューニングカー、レーシングカーを数多く商品化している他、逮捕しちゃうぞや頭文字Dなどと言った自動車が関連する作品の版権を取得した商品も存在する。 また、PCゲームkanonに登場する月宮あゆのレジンキャスト製キャラクターフィギュアを発売したことでも話題を呼んだ。
現在では、カーモデルの旧製品の販売や、旧製品の金型を使用したバリエーション展開をメインに行っている。 最近では、トラックモデルの発売も活発に行っている。また、アオシマの痛車に対抗して「きゃらdeCAR~るシリーズ」を展開している。

本社所在地
〒422-8033
静岡県静岡市駿河区登呂4-21-1

URL
http://www.fujimimokei.com/