模型付きマガジン・特選商品を買うなら、ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

アクリルラッカー

概要

アクリル樹脂を用いたラッカーは1950年代に開発された。無色であり、透明で熱可塑性を持つ。アクリル酸誘導体の重合によって得られる。アクリルは光沢を出すために磨く必要が無い琺瑯にも使われるが、これは速乾性を必要としない。アクリルラッカーの利点は速乾性に特に優れることであり、ゼネラルモータースはこの点に着目した。のちに自動車用塗料としての用途は、より天候や薬品への耐久性に優れる2成分系ポリウレタンの登場によって終わりを迎えた。その系は普通、色のついた下地と無色の上塗りからなり、クリアコートとして一般に知られる。アクリルラッカーは木材の塗装に広く用いられている。
[Wikipediaから引用]