模型付きマガジン・特選商品を買うなら、ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

スクラッチビルド(Scratch building)

概要

スクラッチビルド(scratch building)とは、模型製作方法のひとつ。プラモデルなどの組み立てキットを作るのではなく、各種材料を用いて部品を自作することである。文字通り素材から削り出して作るケースが多いことからその名がついたとされている。スクラッチと略されることが多い。一部の部品だけでなく模型全体を自作する場合は特にフルスクラッチビルドという。

技法

スクラッチビルドの手法は大ざっぱに言えば板材による箱組み、ブロック材からの削り出し、粘土材の盛りつけなどを必要に応じて取捨選択することが一般的である。定番とされる技法が多数存在する一方で、「こうしなくてはならない」というルールは存在しないので、最終的に形になりさえすれば、材料、工具、工作方法いずれも製作者のアイディアと好み次第でどのようなものを使ってもよい。具体的な技法については多岐にわたるため本項では扱わない。模型雑誌に掲載される製作記事を参照。

材料については、プラ板、プラ棒、ポリエステルパテ、エポキシパテ、身の回りにある生活用品およびその廃材の利用や、既存キットのパーツを流用してもよい。ただし製作者の技量が低いと、流用パーツと自作パーツの工作精度の違いから、流用した箇所が丸分かりとなり、ちぐはぐな作品になりかねない。逆に言えば、工作精度から流用箇所が判別できない、即ち工業製品並みの工作精度を持つ作品は高く評価されることになる。

また、作品における流用パーツの割合と加工度によっては、スクラッチビルドではなくキットの改造作品と見なされたり、ミキシングビルド(後述)と呼ばれることがあるが、それらの境界はあいまいである。模型雑誌によっても異なるが一部では、全て自作した作品をフルスクラッチ、それ以外はひっくるめてスクラッチビルドと表すなど記述がまちまちで分かりづらい。厳密な定義が存在しない関係上表現が難しいが、セミ・ハード・フルと段階分けすることで自作パーツの分量や加工度合を感覚的に把握できる。

・スクラッチビルド
 ・セミスクラッチ
 ・ハードスクラッチ
 ・フルスクラッチ
[Wikipediaから引用]