模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

「あいづ」

【第17回】「あいづ」


「あいづ」の名は34.9改正で登場した喜多方〜仙台間の気動車準急に初めてつけられ、43.10改正を機に「やまばと」から分離された上野〜会津若松間の電車特急に召し上げられた。特急「あいづ」はJR移行後も数少ない上野発着の電車特急として生き残ったが、93.12改正以後は磐越西線で再三にわたる優等列車の再編が行なわれたことから廃止、復活を繰り返した。

ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは


郡山〜仙台間で最大4階建て 気動車準急時代の「あいづ」

デアゴスティーニ編集部

80系気動車で運転されていた「やまばと」の会津若松編成を43.10改正を機に483・485系に置き換えて誕生した「あいづ」。磐越西線の有効長の問題から編成は9連に制約され、直接制約を受けない「ひばり」「やまばと」も同じ両数に統一された。

磐越西線沿線は、温泉街の磐梯熱海や猪苗代湖、城下町の会津若松、蔵の町・喜多方など古くから観光資源が豊富だったが、優等列車の設定は意外と遅かった。国鉄監修時刻表昭和33(1958)年11月号を見ると、上野直通列車で東北本線内は急行に併結という列車は存在していたが、磐越西線内はすべて普通列車として運転されていた。また、この当時、福島、仙台方面からの直通列車も1本もなく、この方面からの磐越西線へのアクセスは必ずしもよいものとはいえなかった。
そこで、昭和34(1959)年9月22日改正では、当時の水戸気動車区にキハ55型気動車グループ8両が増備され、磐越西線指向の仙台発着列車として準急「あいづ」が喜多方〜仙台間に設定された。同時に、共通運用として水戸〜郡山〜仙台間には準急「いわき」が、新潟〜郡山〜仙台間には準急「あがの」が設定され、いずれもキハ55型グループ2両編成で運転された。運転開始当初の「あいづ」のダイヤは、903D/喜多方8時00分→仙台12時06分、904D/仙台15時30分→喜多方19時56分で、郡山〜仙台間は準急「いわき」を併結していた。水戸区のキハ55型グループ2両編成は「あいづ」「いわき」「あがの」に一体で運用されており、1日目は「いわき」として水戸を出発、仙台で「あがの」として折り返して新潟へ、2日目は「あがの」として新潟を出発、仙台で「あいづ」として折り返して喜多方へ、3日目は喜多方を「あいづ」として出発、仙台で「いわき」として折り返して水戸へ帰区するというローテーションが組まれていた。当時の国鉄ではローカルの優等列車に割く予算に乏しく、また、運転区間のほとんどが単線であったことから、この運用はこれらを考慮した苦肉の策だったといえる。

41.3改正で急行に昇格 只見まで延長の列車も

デアゴスティーニ編集部

「あいづ」は、43.10改正を機に上野〜会津若松間の電車特急に昇格したが、93.12改正で上野発着特急として終焉を迎えるまで、万年1往復のままだった。

昭和40(1965)年10月1日改正を迎えると、「あいづ」に会津線(現・会津鉄道)直通の会津田島編成、会津線(現・只見線)直通の会津川口編成が登場した。これにより、「いわき」を併結する郡山〜仙台間では4階建ての多層建て列車となったが、その当時のダイヤは、(2412D〜・2312D〜)911D/(会津川口5時52分・会津田島6時18分)喜多方7時27分→仙台11時49分、916D(〜2313D・〜2413D)/仙台16時20分→喜多方20時47分(会津田島21時58分・会津川口22時13分)で、会津田島編成、会津川口編成ともキハ52(またはキハ20、22)の単行だった。このため、急行型による喜多方編成から切り離されると、普通ローカル列車となにも変わらなかったが、当時の会津線は蒸機牽引の客車普通列車が主体だったため、気動車の単行は当時では、斬新に映ったのかもしれない。
昭和41(1966)年3月5日には、制度改正により「あいづ」は晴れて急行に昇格、昭和42(1967)年7月1日からは会津川口編成が只見まで延長された(ただし会津川口〜只見間は冬期運休)。

43.10で「あいづ」の名は特急へ

デアゴスティーニ編集部

気動車準急時代の「あいづ」は、当初、キハ55型気動車グループ2両編成で運転され、郡山〜仙台間は「いわき」を併結した。

さて、磐越西線に初めて特急が運転されたのは、昭和40(1965)年10月1日改正で、上野〜会津若松間に設定された気動車特急「やまばと」で、同列車は上野〜郡山間で山形編成に併結されていた。しかし、昭和43(1968)年10月1日改正を機に、両編成が電車化の上分離されることになり、会津若松編成は同年9月18日から先行して483系に置き換えられた。このため、東北本線内で「やまばと」の名で運転される列車が2本存在することになり、旅客案内上紛らわしいことから、会津若松行きの「やまばと」は暫定的に「会津やまばと」という名が付けられ、483系のヘッドマークにも「やまばと」の文字の上に小さく「会津」の文字が入れられていた。
 そんな「会津やまばと」も「やまばと」の山形編成が電車化されたあとの10月1日からは「あいづ」に改称され、これまでの気動車急行「あいづ」は「いなわしろ」に改称された。ちなみに「いなわしろ」は昭和57(1982)年11月15日改正まで運転され、一般型のキハ52が連結される急行として注目を集めていた。

485系1000番代におきかえられ57.11以後も上野発着で生き残る

デアゴスティーニ編集部

93.12改正で登場した「ビバあいづ」。斬新な塗色にインビテーションカー連結と磐越西線に新風を送り込んだが、02.12改正では国鉄特急色の「あいづ」に戻ってしまった。

上野〜会津若松間の特急として新たなスタートを切った「あいづ」のダイヤは、1014M/会津若松10時35分→上野14時10分、1013M/上野14時15分→会津若松17時50分で、クロ481を含む483系9連で運転された。この編成は「ひばり」「やまびこ」「やまばと」と共通だったが、これは磐越西線内でのホーム有効長に合わせたものだった。
43.10改正以降、東北本線の電車特急は増発に増発が重ねられたが、「あいづ」の方は、磐越西線の優等列車の主流が急行「ばんだい」であり、また、磐越西線が単線であったことから増発はままならなかった。昭和53(1978)年10月2日改正では9連のまま食堂車が廃止されサービスダウンを余儀なくされたが、東北新幹線が開業した昭和57(1982)年、「ひばり」「やまびこ」といった上野発着の東北特急が相次いで廃止される中で生き残った。これは、当時の東北新幹線が大宮発着で、「あいづ」の郡山以南を廃止しても東北新幹線との連携による速達効果はさほど上がらないと判断されたためで、奥羽本線直通の「つばさ」「やまばと」も同様の理由で残された。「あいづ」の方は昭和57(1982)年11月15日改正で受持ちがこれまでの仙台運転所から秋田運転区へ移り、「つばさ」「やまばと」と共通の485系1000番代に置き換えられた。

永くは続かなかった復活「あいづ」定期特急としては03.10で終息

デアゴスティーニ編集部

05.7には臨時ながら特急「あいづ」が復活し、485系リニューアル車が充当された。

「あいづ」はJR移行後も「つばさ」とともに数少ない上野発着の485系特急として気を吐いた。平成4(1992)年7月1日改正では、共通運用だった秋田区持ち「つばさ」が山形新幹線の開業により廃止されたことから、「あいづ」の運用が勝田電車区へ移管され、「ひたち」と共通の485系7連に置き換えられたが、上野発着特急としての活躍はここまでで、平成5(1993)年12月1日改正では、東北新幹線に連絡するローカル特急「ビバあいづ」として装いを新たにした。この「ビバあいづ」は、メタリックな色と赤を基調とした仙台電車区の485系6連が充てられ、磐越西線沿線の物産などを紹介するインビテーションカーが連結されていたが、予備編成がなかったため、検査時には455系による快速に置き換えられていた(長期検査の場合、青森運転所の485系6連が充当されることもあった)。なお、インビテーションカーは、平成10(1998)年12月8日改正を機に普通座席車に改造され姿を消している。
しかし、そんな「ビバあいづ」も平成14(2002)年12月1日改正で「あいづ」に再改称され、車両も国鉄色の485系に戻された。翌15(2003)年10月1日改正では車両はそのままで快速「あいづライナー」に格下げられ、平成16(2004)年8月31日には運転休止に。同年10月16日改正では、磐越西線郡山〜喜多方間の速達列車は快速「ばんだい」を含めて愛称名なしの快速に統一された。
定期特急としては03.10改正で終息した「あいづ」だったが、平成17(2005)年7月2日から会津地方の大型観光キャンペーンに合わせて復活運転されることになった。運転区間は新宿〜喜多方間で、9月25日までの土休日を中心とした臨時運転だったが、車両はアイボリーにオレンジを基調とした塗色の485系リニューアル編成が充当され、全車普通車となった。なお、この「あいづ」復活に先がけて、7月1日には同じリニューアル編成を使用して会津若松→喜多方間で臨時特急「オープニングあいづ」が運転されたほか、7月4日〜9月30日の平日を中心に郡山〜会津若松間で臨時特急「アクセスあいづ」も運転された。

※この記事は、週刊『鉄道データファイル』(デアゴスティーニ・ジャパン刊)を基に構成したものです。

公開日 2014/05/15


ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。