模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ
◆4月22日(月)9:00~ 4月23日(火)18:00 メンテナンスのお知らせ◆
上記時間帯はホビコムにアクセスできなくなりますので、ご了承のほどお願い申し上げます。

「越前」

【第75回】 「越前」


首都圏と北陸地方を結ぶ急行といえば、戦前からの流れを汲む上野〜金沢間の急行「北陸」や「能登」が有名だ。「北陸」「能登」ともに上越線経由で運転されていたが、かつては信越本線にも北陸急行が運転されており、「越前」を名乗っていた。この「越前」はもともと大阪〜金沢間の気動車急行としてスタートし、臨時ながら北陸本線の電車急行第1号となった記念すべき列車だ。その後は敦賀〜金沢間のローカル準急となり、再び大阪〜金沢間の表舞台に返り咲いた経歴を持つ。

ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは


北陸本線の電車急行第1号 大阪〜福井間の臨時「越前」

客車急行「越前」は、43.10改正以後、信越本線経由で上野と福井を結ぶ唯一の急行として57.11改正まで運転された。

かつては敦賀〜今庄間で杉津越えの急勾配を控えていた北陸本線も、昭和37(1962)年6月10日に、当時日本最長の鉄道トンネルといわれた北陸トンネルが開通、北陸本線の全列車がトンネルを含む新線経由に切り換えられた。このとき、北陸本線の電化区間は福井まで延伸し、大阪発着の優等列車増発が企図されたが、急行型交直両用電車がまだ落成していなかったため、宮原機関区のキハ58型気動車グループを使用した急行「越前」が大阪〜金沢間に設定された。当時のダイヤは502D/金沢7時40分→大阪12時10分、501D/大阪16時40分→金沢21時05分で、宮原持ちの編成であるにもかかわらず、車両が石川県と福井県の利用債によって賄われたことから、北陸地方から関西地方への用務に便利なダイヤが組まれた。速度面では、これまで客車急行で6時間近くかかっていた所要時間が、新線開業効果と気動車への置換えによって大幅に短縮された。ちなみに、石川県に入る列車であるにも関わらず列車名が福井県の旧国名である「越前」となったのは、始終着を金沢にすることとの交換条件であったという。 一方、落成が待たれていた急行型交直両用電車471系は、昭和37(1962)年末に42両が敦賀第二機関区に配置され、12月28日から翌年1月7日まで大阪〜福井間に設定された臨時「越前」に投入された。臨時ながら、この列車が北陸本線初の電車急行となった。 この臨時「越前」には8両編成が充当されたが、残りの車両は一時的に大垣電車区と宮原電車区へ貸し出され、年明けの1月2〜10日に運転された名古屋〜大阪間の準急「比叡」2往復と1月2〜6日に運転された臨時「比叡」1往復に充当された。

北陸本線金沢電化と同時に敦賀〜金沢間の定期準急に

気動車急行で出発した「越前」は、電車化と同時に準急に格下げとなったが、再び急行にカムバックしている。

昭和38(1963)年4月20日、北陸本線は待望の金沢電化を迎えた。これを機に大阪発着の北陸急行は一斉に電車化され、大阪〜金沢間に全車指定制の急行「ゆのくに」が誕生、大阪〜金沢間の一般急行は「加賀」とされた。これにより気動車「越前」は「第1加賀」となり、「越前」の名は新たに設定された敦賀〜金沢間のローカル準急に与えられた。その当時のダイヤは、205M/敦賀7時00分→金沢9時12分、206M/金沢20時25分→敦賀22時45分で、上り「ゆのくに」の敦賀出庫、下り「第2ゆのくに」の敦賀入庫のスジが活用された。このため、ローカル準急とはいえ、編成は大阪発着急行と遜色なかった。 昭和39(1964)年、北陸地方の一大車両基地として金沢運転所が開設され、9月1日付けで471系は敦賀から金沢へ一斉に転属、同年10月1日改正までに北陸本線の電化区間が富山まで延伸され、北陸本線の電車急行は再編された。この改正では、大阪〜富山間の一般急行を「越山」、大阪〜金沢間の全車指定急行を「ゆのくに」、大阪〜金沢間の夜行急行を「加賀」とした。一方、「越前」の方は、これまで「加賀」を名乗ってきた大阪〜金沢間の一般急行に命名され、「越前」が担ってきた敦賀〜金沢間のローカル準急は「くずりゅう」に改称された。

上野〜福井間の急行に転身するも7.11改正で「能登」に後を託す

末期の「越前」は、EF62が上野~直江津をロングランで牽引した。EF62は国鉄末期に信越本線から客車急行と荷物列車が姿を消すと行き場を失ってしまった。

昭和40(1965)年10月1日改正では、金沢運転所に抑速ブレーキを装備した475系が25両増備され、北陸の電車急行はまた再編された。今度は愛称名の変更を伴う大規模なもので、大阪〜富山間の昼行急行が「立山」、同区間の夜行急行が「つるぎ」、大阪〜金沢間の急行が「加賀」とされ、敦賀〜金沢間の「くずりゅう」は廃止された。これにより、「ゆのくに」と「越前」が北陸電車急行のラインナップから姿を消したが(「ゆのくに」は43.10改正で復活)、「越前」は上野〜福井間に設定された客車急行にコンバートされ、新たなスタートを切った。その当時のダイヤは、603列車/上野19時30分→福井7時35分、604列車/福井18時10分→上野6時15分で、当時は上野〜金沢間で急行「北陸」も運転されていたが、こちらは上越線経由であったのに対して、「越前」は信越本線経由で運転された。また、当時、信越本線経由の北陸夜行としては先輩格となる「黒部」が上野〜金沢間で運転されていたが、「越前」と非常に近い時間帯で運転されていたことや、北陸夜行が3本となり閑散期の供給過剰傾向が目立つことから、昭和43(1968)年10月1日改正で「北陸」の不定期列車として上越線経由に変更され、その名が消えている。 上野〜福井間の客車急行となった後の「越前」は、昭和50年代にかけて行なわれた幾度ものダイヤ改正でも、上野〜福井間1往復の孤塁を守り、「北陸」とともに首都圏からの北陸夜行の二大看板を維持してきた。昭和55(1980)年10月1日改正の時刻表を見ると、定期「越前」のほかに全車指定制の臨時「越前」が下り2本・上り1本も設定されており、繁忙期はそれなりに充実していたようだ。その当時の定期「越前」のスジを見ると、下りの信越本線内は軽井沢着23時19分、長野着0時55分と、首都圏から信州地方への便利な最終列車的役割も果たしていたものと思われる。 このように15年以上も地味ながら安定した立場を築いてきた「越前」ではあったが、上越新幹線が開業した昭和57(1982)年11月15日改正では、上野〜金沢間を上越線経由で運転されていた夜行急行「能登」が、乗客の新幹線への移転を見越して信越本線経由に変更となり、スジが競合する「越前」と統合された。この結果、信越本線経由の北陸急行は運転区間が上野〜金沢間となり、福井県に乗り入れなくなったことから列車名は「能登」となり、「越前」の名は押し出されるように消えてしまった。 ちなみにこの「能登」は、北陸新幹線が長野開業し、信越本線横川〜軽井沢間が廃止された平成9(1997)年10月1日改正で再び上越線経由に戻った。信越本線経由になった当初は、スジに「越前」の名残りが見られたが、信越本線が部分廃止となった今では語り草になってしまった。

※この記事は、週刊『鉄道データファイル』(デアゴスティーニ・ジャパン刊)を基に構成したものです。

公開日 2019/04/01


ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。