模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

M109

第20回】M109 <自走砲>


M109の開発がスタートしたのは、155mm M44の代替となる新型自走榴弾砲の要求が公表された1952年のことである。最初の試作車両が1959年にT196として完成したがT196には多くの問題が指摘され、設計の大幅な見直しが行われた。その結果、1961年にM109自走榴弾砲として制式採用され、アメリカ陸軍では、各機甲師団と機械化師団に配備されている。

ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは


絶え間のない開発と更新

デアゴスティーニ編集部

▲基本型のM109自走榴弾砲には短砲身のM126砲が搭載されている。

アメリカのM109 155mm自走榴弾砲は、この種の兵器としては世界で最も広く使用されているものだ。M109の開発がスタートしたのは、155mm M44の代替となる新型自走榴弾砲の要求が公表された1952年のことである。当時、110mm T195自走榴弾砲がすでに設計に入っていたため、その車体と砲塔を新型兵器のベースとして流用し、156mm榴弾砲を搭載することとされた。しかし、砲の口径は、NATOで一般的に使用されている155mmにすることが1956年に決定され、最初の試作車両が1959年にT196として完成した。T196には多くの問題があり、信頼性改善のために設計の見直しがかなり行われた。それと同時に、走行距離増大のため、将来のすべてのアメリカ製装甲車両にディーゼル・エンジンを搭載する方針が決定され、ディーゼル・エンジンを搭載した車両はT196E1と呼ばれることになった。
1961年にM109自走榴弾砲として制式採用されたT196E1は、最初の量産車両が1962年末にクリーヴランド陸軍戦車工場で完成した。この施設はキャディラック自動車部門が運営していたが、後にクライスラー社が運営を引き継ぎ、1970年代にはM109シリーズのすべての生産がボーウェン・マクラフリン・ヨーク社(現ユナイテッド・ディフェンス社)に移行された。
アメリカ陸軍では、M109は各機甲師団と機械化師団に54両が配備されている。アメリカ陸軍および海兵隊に加えて、M109は現在29か国で使用されており、最近まで配備していた国もある。またM109は、中東や極東で実戦も経験している。

M109の発展

デアゴスティーニ編集部

▲M109シリーズは特に長砲身砲を採用したことで、射程の大幅な延長に役立った。

M109の車体と砲塔は全溶接加工のアルミニウム製で、操縦手は車体前部左側に着座し、エンジン区画はその右側に、砲塔は後部に配置されている。サスペンションは実績十分のトーションバー方式で、片側7個の転輪と前部ドライブ・スプロケット、後部アイドラーで構成されている。上部小型転輪は備えていない。標準装備には赤外線運転ライトや水陸両用キットなどがあり、流れが緩やかな河川であれば、キャタピラを使用して自力航行が可能である。
M109が長期にわたって生産されている理由には、基本シャシーの継続的な更新が可能であったこと、また射程の長い長砲身砲を取り付けられることが挙げられる。
基本型M109以降の主要タイプには、より長砲身のM185砲を搭載したM109A1、装填機を再設計して搭載砲弾数を22発増加させたM109A2、改良型のM109A3、先行2タイプをNBC防御付きに改修したM109A4、M109A4を改良したM109A5、そして21世紀初頭における量産型、M109A6パラディンがある。M109A6パラディンには、戦術的改良および信頼性向上策が多く採用されており、乗員は6名から4名に減員されている。

諸 元

デアゴスティーニ編集部

▲21世紀初頭における量産型のM109A6パラディンは、乗員が4名になった。

M109A6パラディン
乗員:4名
寸法:全長9.68m(主砲前向き)、全幅3.92m、全高3.62m
エンジン:出力440馬力のデトロイト・ディーゼル・モデル8V-71T液冷ディーゼル・エンジン1基
重量:28,849kg
性能:最大路上速度64.5km/ h、最大走行距離344km、登坂能力60%、越堤能力0.53 m、越壕能力1.83m

(この記事はワールド・ウェポン<デアゴスティーニ・ジャパン刊>をもとに構成したものです。)
[タイトル写真]U. S. Army/U.S. Marine Corp

公開日 2014/08/28


ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。