模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

巡航戦車MkVIクルーセイダー

【第62回】巡航戦車MkVIクルーセイダー  <戦車>


 クルーセイダー巡航戦車は、Mk.V カヴェナンターと並行して1940年から開発されたイギリスの巡航戦車。クルーセイダー(Crusader)とは、十字軍兵士を意味する。Mk.V カヴェナンターが問題多発で実戦運用に耐えないため、A13巡航戦車の後継として北アフリカ戦線に投入された。

ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは


デアゴスティーニ編集部

デアゴスティーニグループは1901年世界地図の普及を目的として設立された地理学研究所から発展してきました。以来100年、地図はもちろん新たな知の世界へ出発する道しるべとなる出版物を刊行して参りました。特にこのパートワーク出版においては全世界の50%以上ものシェアを占め、パートワークの開拓者として、またリーディングカンパニーとして、実績と信頼を集めています。

戦闘用戦車型

▲1943年、北アフリカに投入されたMk.VI クルーセイダー Mk.III。

 巡航戦車MkVI、別名クルーセイダーはナフィールド社が設計した車両で、ナフィールド製のリバティMkIIIエンジンとギアボックスを搭載していた。全体的に見ると、クルーセイダーはカヴィナンター戦車と似ていたが、両側の走行転輪が各4個ではなく5個あるなどの違いがあった。試作車両はA15と呼ばれ、珍しい特徴として、車体前部に7.92mm機関銃を装備した補助ターレットを2基備えていた。その一つは操縦手のフード前方に、もう一つは砲手席に配置されていたが、操縦席側のターレットと機関銃は評価試験の初期段階で撤去された。試験では、ほかにもエンジン冷却装置の不備や変速器の信頼性不足などの欠陥が明らかになった。こうした問題を解決する時間が足りず、中にはクルーセイダーの退役時まで未解決のまま残ったものもあった。
 最初の量産型はクルーセイダーIと呼ばれ、2lb(40mm)砲1門と40mm装甲が装備された。クルーセイダーIは1941年に実戦配備された時点で、すでに戦闘能力不足であった。このため、装甲を50mmに強化したクルーセイダーIIが生産されたが、新型の6lb(57mm)砲は供給が間に合わなかったため搭載されなかった。この砲が初めて搭載されたのは、次に登場するクルーセイダーIIIであった。このタイプは北アフリカ作戦におけるクルーセイダーの主力戦闘型となり、アメリカ製のM4シャーマン中戦車が登場するまで活躍した。
 クルーセイダーは機動性には優れていたが、装甲があまりにも脆弱で、初期型の2lb砲ではドイツ軍の戦車に太刀打ちできなかった。また信頼性にも問題があり、砂漠環境での生存性は非常に低かったが、それも徐々に改善されていった。クルーセイダーIICSでは、76.2mm榴弾砲が搭載された。

特殊用途への転用

▲最初に量産された対空戦車型であるクルーセイダーIII A.A Mk.I。ボフォース 40mm機関砲1門搭載で少なくとも215両が発注された。

 戦闘用戦車として使用されなくなった後、クルーセイダーはさまざまな特殊用途に転用された。あるものは、40mmボフォース砲1門(クルーセイダーIII AA I)または20mmカノン砲2〜3門(クルーセイダーIII AA II)を搭載して対空戦車に改造された。また、クルーセイダー装甲回収車(ARV)では砲塔が撤去され、代わりに“A”字型のジブが装着された。同じく砲塔のないタイプとして、ドーザー・ブレードを装着したクルーセイダー・ドーザーも戦闘工兵用に製造された。さらに、多くのクルーセイダーにオープン・ボックス型の上部構造物が装着され、クルーセイダー・ガン・トラクター高速高射砲牽引車として使用された。これらは17lb(76.2mm)対戦車砲を牽引して、1944〜45年にヨーロッパで広く使用された。そのほかにも多くの車両が、エンジンや地雷の試験、渡渉試験など、幅広い評価試験に使用された。渡渉試験の結果として、“デュプレックス・ドライブ”水陸両用戦車も誕生している。
 背が低くて好戦的に見えるシルエットとは裏腹に、戦闘用戦車としてのクルーセイダーは敵に圧倒される場面が多かった。戦闘における効果は薄かったものの、クルーセイダーは第二次世界大戦期の代表的なイギリス戦車の一つに数えられ、いくつかの特殊車両型は終戦まで使用されていた。

諸 元

クルーセイダーIII
乗員:3名
寸法:全長5.99m、全幅2.64m、全高2.24m
エンジン:出力340馬力のナフィールド・リバティMkIIIガソリン・エンジン1基
重量:20,067kg
性能:最大路上速度43.4km/h、最大路外速度24km/h、最大航続距離204km(補助燃料タンク搭載時)、渡渉水深0.99m、越堤能力0.69m、越壕能力2.59m
兵装:6lb(57mm)主砲1門(弾薬65発)、7.92mmベサ機関銃1挺または2挺

(この記事はワールド・ウェポン<デアゴスティーニ・ジャパン刊>をもとに構成したものです。)

[タイトル写真]U. S. Army/U.S. Marine Corp

公開日 2018/02/27


ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。