模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ
◆4月22日(月)9:00~ 4月23日(火)18:00 メンテナンスのお知らせ◆
上記時間帯はホビコムにアクセスできなくなりますので、ご了承のほどお願い申し上げます。

74式戦車

【第72回】74式戦車 <戦車>


 74式戦車(ななよんしきせんしゃ)は、陸上自衛隊が61式戦車の後継として開発、配備された国産二代目の主力戦車である。三菱重工業が開発を担当し、第2.5世代主力戦車に分類される戦車。部隊内での愛称は「ナナヨン」。

ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは


独自のサスペンション

▲避弾経始を追求した事で流線型の砲塔となった74式戦車。

 74式主力戦闘戦車は、陸上自衛隊の要求に沿って三菱重工業が設計したものである。最初のSTB試作車は1969年に完成し、1975年に量産初号車が作られた。生産は1980年代半ばまで続き、873両が生産された。
 74式戦車は、主砲としてイギリス製の105mm L7A1旋条砲を2軸安定式で装備し、55発の弾薬を携行可能である。また主砲同軸に7.62mm機関銃(4,500発)、砲塔頂部に対空防御用12.7mm機関銃(660発9、砲塔両側に各3基の発煙弾発射器が装備されている。弾道コンピューターとレーザー測距装置から成る射撃指揮システムは、目標までの正確な射程計測を可能にし、初弾命中率を向上させている。一部のモデルには主砲左側に赤外線/白色光サーチライトがあり、操縦手用の赤外線暗視装置も用意されている。
 74式戦車のほかに類を見ない特徴は油気圧式サスペンションである。この機構により操縦手は、走行する地面の種類やさまざまな戦況に応じて、車両の高さを迅速に調節することができる。最低地上高は0.2mから0.65mの範囲で調整でき、車両を前後左右に傾斜させることも可能である。105mm砲の俯仰角は−6.5°〜+9.5°であるが、前述のサスペンションを使用すると−12.5°〜+15°まで拡大できる。この機能は、小高い丘越しに射撃する場合や、上り坂の位置から射撃する場合に非常に有用である。

派生型

▲習志野演習場での74式戦車(2008年1月)。

 日本では武器の輸出が禁止されていたため、74式戦車を使用するのは陸上自衛隊のみである。登場以来、外見の変化をともなう大きな改修が行われていないが、15年にわたる生産の中で小規模な改修が施されている。これはおおむね5つのロットに分けられるといわれ、射撃管制装置の近代化と新型砲弾の追加により、火力は大幅に増強されている。防御に関しても、車内・砲塔内への高分子ライナー貼付など、外見から判別できない強化が行われている。
1993年には試作改修型として1輌が完成し、4輌が正式に74式戦車(G)として改修された。車体後部の銘板には「74式戦車(改修)」その下に「形式 74(改)」と表記された。
 派生型には、78式戦車回収車、87式自走高射機関砲、91式戦車橋がある。78式戦車回収車の車体前部には油圧式の排土板が装備されており、車体右側にはウィンチと油圧式クレーンがある。87式自走高射機関砲は、基本的には74式戦車の車体に新型の2名用砲塔を取り付けたもので、この砲塔には、捜索/追跡レーダーとレーザー測距装置からなる射撃指揮システム、強力な35mmエリコン・コントラヴェスKDA砲2門が装備されている。この車両は1999年末までに45両が納入されている。

諸 元

74式戦車
乗員:4名
寸法:全長9.41m(主砲含む)、車体長6.70m、全幅3.18m、全高2.25m(砲塔上面まで、標準姿勢)
エンジン:出力720馬力の三菱ディーゼル・エンジン1基
重量:約38t
性能:最大路上速度53km/h、最大路上航続距離約300km、渡渉水深1m、登坂能力60%、越堤能力1m、越壕能力2.7m
兵装:105mm L7A1旋条砲1門、7.62mm機関銃1挺、12.7mm機関銃1挺

(この記事はワールド・ウェポン<デアゴスティーニ・ジャパン刊>をもとに構成したものです。)

[タイトル写真]U. S. Army/U.S. Marine Corp

公開日 2018/12/25


ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。