模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

タイプ6614

【第8回】タイプ6614 <装甲兵員輸送車>


イタリアのタイプ6614は、標準的な商用車の部品を流用してつくられた装甲兵員輸送車で、水陸両用の能力を持ち、イタリア、韓国、アルゼンチンなど世界7か国で運用された。

ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは


商用車から部品を流用

▲タイプ6614(奥)と、それをベースにしたタイプ6616(手前)は、いずれも商用車の部品を流用してつくられている。(写真/DeA Picture Library)

1970年、イタリアのフィアット社とOTOメララ社は、タイプ6614 4×4装甲兵員輸送車(APC)と、それをベースにしたタイプ6616 4×4装甲車の試作車を設計・製作した。この2種の車両はレイアウトこそ大きく異なっているものの、同一の自動車部品を共用し、部品の多くは標準的な商用車から流用されたものであった。タイプ6614は、2002年までに1,000両あまりが7か国(アルゼンチン、ベネズエラ、ペルー、チュニジア、ソマリア、韓国、イタリア)に引き渡されており、韓国ではアジア・モーターズ社がKM900の名称でライセンス生産している。一方のタイプ6616は、少数がイタリア警察で使用され、海外ではペルーとソマリアに輸出されている。
タイプ6614の車体は全溶接鋼鉄構造(装甲厚6〜8mm)で、7.62mm機関銃や小口径砲の砲弾の破片に対する防御力を備えている。操縦手は車体最前部の左側に座り、その右側にエンジンが配置されている。兵員室は後部にあり、車長を含む10名が、迅速に折り畳むことのできる個別のバケット・シートに着座する。兵員は車体両側と後部の動力式ランプを使用して乗降する。兵員室には合計10個の射撃ポートがあり、天井部には2分割のハッチが設けられている。通常、その前方にはM113型のキューポラがあり、後ろ向きに開く一体型ハッチ・カバー、全方向の視界を確保するペリスコープ、12.7mm M2HB機関銃が取り付けられている。また、7.62mm機関銃を連装装備した砲塔を搭載することも可能である。派生型には自走迫撃砲(ペルーが使用)、指揮車、救急車が存在する。

水陸両用能力を保有

▲タイプ6614は、水陸両用の能力を持っており、車輪の水中回転によって水上を4.5kmで進むことができる。(写真/DeA Picture Library)

タイプ6614は水陸両用で、進水前には4基のビルジ・ポンプを起動させ、浮航時には車輪により4.5km/hで推進する。オプション装備も多岐にわたり、各種タイプのパッシブ暗視装置、スペアの車輪とそのホルダー(兵員室の天井に搭載されることが多い)、煙幕発生装置、空調システム、消火システム、前部装着のウィンチ(牽引能力4,500kg、ケーブル長40m)などが用意されている。このウィンチは、他の車両の回収と自らの回収の補助に使用される。

諸 元

▲タイプ6614の通常の兵装は、12.7mm機関銃であり、車体側面に各4個、後部に2個の射撃ポートが設けられている。(写真/DeA Picture Library)

タイプ6614
乗員:1名+兵員10名
寸法:全長5.86m、全幅2.50 m、全高1.78m(車体頂部まで)
エンジン:出力160馬力のイヴェコ・モデル8062.24液冷スーパーチャージャー付きディーゼル・エンジン1基
重量:8,500kg
性能:最大路上速度100km/h、最大航続距離700km、渡渉水深/水陸両用、登坂能力60 %、越堤能力0.4m

(この記事はワールド・ウェポン<デアゴスティーニ・ジャパン刊>をもとに構成したものです。)
[タイトル写真]U. S. Army/U.S. Marine Corp

公開日 2013/08/28


ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。