模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

コンヴェアF-102デルタ・ダガー

【第53回】コンヴェアF-102デルタ・ダガー <迎撃機>


 コンヴェアF-102デルタ・ダガーはジェネラル・ダイナミクス社のコンヴェア部門が開発し、アメリカ空軍に制式採用された戦闘機で、実用配備された最初の超音速デルタ翼機である。「デュース」のニックネームで呼ばれた。

ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは


初めての超音速機

デアゴスティーニ編集部

▲1958年1月、アラスカ上空を飛行するF-102A

 1950年にMX1154として新型迎撃機の提案要求が航空機メーカーで出され、コンヴェア社案がF-102として採用された。開発契約は1951年に結ばれている。コンヴェアF-102デルタ・ダガーには、ドイツが第二次世界大戦中に行った後退翼の研究成果と、終戦直後にXF-92A試作機で積み重ねた経験が大幅に生かされていた。
 この航空機は目標とする性能が非常に高かったため、数多くの問題につきまとわれた。中でも、最大の問題は速度性能であった。これは最も重視された要求項目の一つで、マッハ1を超えることが求められていたが、最初の設計のままではそれは絶望的と見なされた。
試作機YF-102による初飛行は、1953年10月24日に実施された。しかし、初号機が墜落したことに加え、大幅な設計変更が必要と考えられたことから、予定されていた試験飛行は中断された。コンヴェア社は結局、一から設計を見直すことになり、その結果、最新のエリア・ルール構想が採り入れられた。これは、高遷音速領域における過大な空気抵抗を低下させる方法として、当時有望視されていたものであった。最終的には、いわゆる「コーラのびん」形胴体が採用されて、性能に関する問題は満足しうるレベルまで解決されたが、そのほかにも垂直尾翼や空気取入ダクトにも大幅な設計変更が必要であった。

防空軍団への配備

デアゴスティーニ編集部

▲TF-102A。サイドバイサイド配置のコックピットにより機首が太くなっている。

 F-102がアメリカ空軍防空軍団(ADC)に配備され始めたのは1956年4月のことであった。最初の配備部隊は、カリフォルニア州ジョージ空軍基地の第327戦闘迎撃飛行隊(FIS)であった。
 その後、F-102AはADC、太平洋航空軍、在欧米空軍(6個飛行隊)などで長期間にわたって就役し、製造された単座型889機のうち875機が第一線機としてアメリカ空軍で使用された。ADCに最も多くの機数が配備されていた1958年末には、25個飛行隊がF-102を装備していた。そのほかに、複座型のTF-102A戦闘訓練機111機が製造された。この型では、珍しい並列複座のコックピットとするために、完全に新設計の前部胴体が採用されていた。
 1959年から後継機であるF-106の配備が始まったため、アメリカ本土外への配備を開始した。西ドイツ、オランダのNATO諸国や、日本の横田基地、板付基地、三沢基地などに展開している。
 TF-102Aデルタ・ダガーはベトナム戦争にも参加した。しかし、迎撃相手となるはずの北ベトナム爆撃機の脅威が実際にはほとんどなかったため、基地防空や北爆に向かうB-52の援護に使用された。迎撃機としてのデルタ・ダガーは、1970年代後半に州航空隊からも退役したが、PQM-102標的機として新たな活路を見いだし、数百機がこの仕様に改装されて、兵器発射訓練や試験プログラムに使用された。

諸 元

コンヴェアF-102Aデルタ・ダガー
タイプ:単座全天候迎撃機
機体寸法:全幅11.62m、全長20.84m、全高6.46m、主翼面積61.45m2
エンジン:ドライ時定格静止推力76.49kN、アフターバーナー使用時推力52.03kNのプラット&ホイットニーJ57P-23ターボジェット1基
重量:自重8,641kg、通常搭載重量12,565kg、最大離陸重量14,288kg
性能:最大速度1,328km/h(高度40,000ft、クリーン時)、初期上昇率5,305m/min、実用上昇限度16,460m、戦術行動半径805km(機外燃料と兵装完全搭載時)
兵装:AIM-4C/AIM-4Gファルコン赤外線誘導AAM、AIM-4Eレーダー誘導AAMまたはAIM-26Aファルコン核弾頭付きAAMを各種の組み合わせで最大6発、加えて初期製造機体では最大24発の無誘導ロケット弾を機内兵器倉に搭載

(この記事はワールド・ウェポン<デアゴスティーニ・ジャパン刊>をもとに構成したものです。)
[タイトル写真]U. S. Army/U.S. Marine Corp

公開日 2017/05/29


ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。