模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

アイオワ

【第13回】アイオワ級  <戦艦>


1937年初め、アメリカ海軍は、排水量を制限する国際条約の継続を日本が拒否する可能性を考慮し、それに備えるため、45,000tの戦艦の設計作業に着手した。それが「アイオワ」級戦艦である。この時期には「エセックス」級空母の設計図がすでに描かれていたため、同じような性能を持つ護衛戦艦が必要だったのである。

ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは


速力の増大

デアゴスティーニ編集部

▲1943年3月29日、ニュージャージー州ベイヨンからグレイブスエンド湾への移動に備えて錨を揚げるアイオワ。

1938年1月になって、強力な兵器と防御能力を有するが、速力は中程度の艦(406mm砲12門、27kt[50km/h])から、30kt(56km/h)以上の高速艦へと設計の重点が切り替えられた。アイオワは4万5000トン級戦艦の主要艦で、ニューヨーク州ブルックリンのニューヨーク海軍工廠で建造された。1940年6月に起工され、1942年8月に進水し、1943年2月に就役した。最終的に、完成したアイオワ級は砲(406mm 9門)と防御(310mm舷側装甲)を犠牲にして、速力が33kt(61km/h)に増大されていた。日本の新型戦艦は46cm砲を搭載するであろうとの情報もあったが、空母艦載機が、日本の巨艦をその砲の射程距離外に押しとどめるので、アイオワ級は、実際にはそれらの艦と戦うことにならないだろうと考えられた。アイオワ級は、基本的には戦艦よりもむしろ重巡洋艦を意図しており、最終的には巡洋戦艦という当初の概念に近づいてきたものの、アメリカ海軍で巡洋戦艦として位置づけられることはなかった。
同年8月、「アイオワ」はニューファンドランドからの船団を護衛し、その後ルーズベルト大統領を北アフリカまで乗せた。その後太平洋に赴き、第5艦隊に編入された。1944年のマーシャル諸島上陸作戦にも参加し、日本の砲台によって軽微な損傷を受けている。レイテではアイオワはウィリアム・ハルゼー中将の高速空母部隊に所属し、沖縄上陸作戦にも参加した。1945年7月には、北海道と本州の陸上目標を砲撃し、日本の降伏に際して東京湾に投錨した莫大な数の艦艇の1隻となった。1945年初頭にオーバーホールを終えたアイオワは、沖縄戦と日本本土への最終攻撃に向けて西太平洋に戻った。1945年9月2日には東京湾にいて、同じくアイオワ級戦艦「ミズーリ」での降伏調印式に立ち会った。同月末に米国に戻り、1949年3月に退役するまで太平洋艦隊と行動を共にした。

戦後の任務

デアゴスティーニ編集部

▲朝鮮戦争での戦闘任務を終えた1952年10月韓国の巨済島沖にて、敵の海岸防御に向けて16インチ砲を発砲したアイオワ。

アイオワは1949年にモスボール保存されたが、朝鮮戦争のため1951年に再び現役に戻された。1951年8月に再就役し、1952年4月から10月まで第7艦隊の旗艦として韓国海域で戦闘配置につき、沿岸に対して多数の砲撃を行った。米国に戻ると、大西洋艦隊に転属となった。その後、数年の間にヨーロッパへ数回巡航し、1957年6月にはヴァージニア州ハンプトン・ローズで国際海軍調査に参加した。
アイオワはスクラップにされると見られていたが、25年にも及ぶモスボール保管後、1981年に再就役のため、ニューオーリンズに曳航された。1980年代の防衛力増強下でアイオワは近代化され、1984年4月に再就役。アイオワは、新しく多数のハープーン対艦ミサイルとトマホーク巡航ミサイルを搭載して、水上打撃部隊(SAG)の中核艦となった。406mm砲は、砲火支援を行うために残された。
1985年、1986年、1987年から88年にかけてはヨーロッパ水域に展開し、後半の巡航ではインド洋とアラビア海まで足を延ばした。1989年4月19日に二番16インチ砲塔内での火災で47名が死亡したが、同年半ばにはヨーロッパと地中海に展開した。二番砲塔は修理されないまま、1990年10月に退役した。現在、アイオワは予備役艦隊の一部となっている。

諸 元

デアゴスティーニ編集部

▲1943年2月、ニューヨーク州のニューヨーク海軍工廠で、後部甲板で行われたアイオワの就役式。

アイオワ(BB-61)

排水量:基準48,500t、満載57,450t 寸法:全長270.43m、全幅32.97m、吃水11.58m 推進器:212,000馬力のギアード蒸気タービンで4軸を駆動 速力:33kt(61km/h) 装甲:舷側310mm、甲板38~120mm、砲塔457mm 兵装:3連装406mm砲3基(9門)、連装127mm 両用砲10基(20門)、4連装40mm対空砲15基(60門)、単装20mm対空機関銃60挺 搭載機:ヴォート・キングフィッシャー飛行艇3機 乗員:1,921名

(この記事はワールド・ウェポン<デアゴスティーニ・ジャパン刊>をもとに構成したものです。)
[タイトル写真]U. S. Army/U.S. Marine Corp

公開日 2014/01/29


ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。