模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

キエフ級

【第29回】キエフ級 <空母>


「キエフ」級は、モスクワ級ヘリ空母を代替する目的で建艦されたソビエト海軍初の重航空巡洋艦で、ソ連初の実用艦上機であるYak-38を搭載。モスクワ級以上の強力な兵装を装備しており、他国の従来の航空母艦とは一線を画している。

ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは


キエフ級の就役

デアゴスティーニ編集部

▲ 「キエフ」級は、潜水艦、水上艦、航空機などの目標と交戦可能なミサイルで重武装した複合空母/巡洋艦であった。

アメリカ海軍にポラリス・ミサイル潜水艦が就役したことを契機として、ソ連海軍は航空勢力の拡充に乗り出した。1960年代末に完成した「モスクワ」級ヘリコプター空母2隻は、能力がかなり限定されており、信頼性も極めて低かった。そこで、より進んだヘリコプター空母の開発作業が1967年に開始された。ソ連では「クレチェット」級として知られたプロジェクト1143艦は、「モスクワ」級より大型の艦船として設計された。
新型空母は黒海沿岸のニコライエフにあるチェルノモルスキー造船所で建造された。36,000tの「キエフ」はこのクラスの1番艦であった。1976年7月18日、「キエフ」はモントルー条約違反の恐れがあるとする国際的な抗議を無視して、ボスポラス海峡を通過した。その後、このクラスは「ミンスク」「ノヴォロシースク」および「バクー」(後日「アドミラル・ゴルシコフ」と改名)の3隻が建造された。フェイズド・アレイ・レーダーや大量の電子戦機器の装備、指揮管制システムの拡大を含む改良が加えられていたことから、「バクー」は別のクラスであると考えられたこともあった。1979年には5番艦が承認されたが、建造はされなかった。

航空巡洋艦

デアゴスティーニ編集部

▲「キエフ」級3番艦「ノヴォロシースク」。

PKR (航空巡洋艦、ロシア語Provtivolodochny Kreyserの略語)と類別されている「キエフ」級は、「モスクワ」級よりはずっと通常型空母に近い。右舷側に巨大なアイランド上部構造物があり、左舷には斜め飛行甲板(アングルド・フライト・デッキ)がある。しかし、アメリカ海軍の空母とは異なり、艦首には重武装が施されていて、核弾頭を装着可能なP-500バザルト長射程対艦ミサイル(NATOコード名SS-N-12“サンドボックス”)も搭載されている。搭載航空機は、ヤコヴレフYak-38“フォージャー”V/STOL戦闘機最大22機、カモフKa-25“ホーモン”またはKa-27“へリックス”ヘリコプター16機である。搭載ヘリコプターのうち10機は対潜機、2機は汎用/捜索救難機であり、残る4機は対艦ミサイル誘導機である。
「キエフ」「ミンスク」および「ノヴォロシースク」は1993年に退役し、その後、スクラップとして売却された。ただし、「キエフ」は2000年、中国に売却。2006年4月9日から天津の「天津滨海新区航母旅游区」で展示、一般公開された。また、「バクー」(1990年10月4日、「アドミラル・ゴルシコフ」に改名)は、2004年、インドに売却。インド海軍はこの空母を通常型空母として改装・再生することをロシアに申し入れ、2005年3月、工事途中でインドに引き渡され、「ヴィクラマーディティヤ」に改名された。

諸 元

デアゴスティーニ編集部

▲前甲板の兵装。P-500の連装発射筒が2基ずつ前後両舷に計8基、その間に76mm連装砲とM-11 SAM発射機が配置されている。

キエフ級
タイプ:対潜/航空巡洋艦
排水量:基準36,000t (「ゴルシコフ」38,000t)、満載43,500t (「ゴルシコフ」45,500t)
寸法:全長274m、全幅32.7m、飛行甲板幅53m、吃水12m
推進器:ターボ圧縮ボイラー8基、蒸気タービン4基で200,000馬力を供給し、4軸を駆動
速力:32kt (59km/h)
兵装:SA-N-3“ゴブレット”連装対空ミサイル発射機2基(V-611シュトルム・ミサイル72発)、SA-N-4“ゲッコー”連装対空ミサイル発射機2基(RZ-13オサ-Mミサイル40発)、SA-N-9“ゴーントレット”8セル垂直発射機4基(キンサル・ミサイル96発[「ノヴォロシースク」]または192発[「ゴルシコフ」])、SS-N-12“サンドボックス”対艦ミサイル発射管8基(P-500バザルト・ミサイル16発)、76mm連装両用砲2基(100mm単装砲2基[「ゴルシコフ」])、AK630 6銃身30mm CIWS 8基、RBU
6000対潜ロケット発射機2基、533mm魚雷発射管10基
電子機器:“プレート・スティア”対空捜索レーダー1基、“スカイ・ウォッチ4”フェイズド・アレイ・レーダー1基(「ゴルシコフ」)、“ストラット・ペア”水上捜索レーダー2基、“パーム・フランド”航海レーダー3基、“トラップ・ドア”発射管制レーダー1基、“カイト・スクリーチ”射撃指揮レーダー1基、“バス・ティルト”射撃指揮レーダー4基、“クロス・スウォード”発射管制レーダー4基、“フライ・トラップ”および“ケーキ・スタンド”航空管制・着艦装置各1基、“ホース・ジョー”、“ホース・テイル”および可変深度ソナー、連装チャフ発射機2基およびECM/ESM/
IFF装置一式
搭載機:ヤコヴレフYak-38“フォージャー”V/STOL機12機、カモフKa-25“ホーモン”またはKa-27/29“へリックス”対潜ヘリコプター最大17機
乗員:1,600名

(この記事はワールド・ウェポン<デアゴスティーニ・ジャパン刊>をもとに構成したものです。)
[タイトル写真]U. S. Army/U.S. Marine Corp

公開日 2015/05/28


ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。