模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

プリンシペ・デ・アストゥリアス 

【第44回】プリンシペ・デ・アストゥリアス <航空母艦>


 プリンシペ・デ・アストゥリアス(Portaaviones Príncipe de Asturias)は、スペイン海軍の航空母艦(軽空母)。設計面ではアメリカで開発された制海艦(SCS)を元にしている。艦名はスペイン王太子の称号アストゥリアス公に由来している。

ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは


遅れた完成

デアゴスティーニ編集部

▲「プリンシペ・デ・アストゥリアス」は、まっすぐな飛行甲板に加え、艦首には重武装したハリアーIIの発艦を助ける急勾配の「スキー・ジャンプ」台を備えている。

 スペイン海軍は、「デダーロ」(元アメリカの「インディペンデンス」級軽空母「カボット」)の後継艦として1986年から使用するガス・タービン推進艦を調達すべく、1977年6月29日付でニューヨークのギブス&コックス社との契約に調印した。同社の設計による新しいスペイン艦は、アメリカ海軍で計画中止となった制海艦「エナル」の設計に基づいていた。
 「プリンシペ・デ・アストゥリアス」は1979年10月8日にスペインのバザン社のエル・フェロル造船所で起工され、1982年5月22日に進水、1988年5月30日に就役した。進水から就役までに長い時間がかかったのは、指揮管制システムを変更し、艦隊旗艦として使用できるように旗艦艦橋を追加したためであった。ちなみに当初「アルミランテ・カレロ・ブランコ」と命名されるはずであったが、進水前に「プリンシペ・デ・アストゥリアス」と改名。イギリスの「インヴィンシブル」級軽空母と多くの類似点があった。
 同艦は全長175.3m、幅29mの飛行甲板を持ち、これに滑らかにつながる12°のスキー・ジャンプ台を艦首に備えている。航空機用エレベーターは2基で、船体中央右舷と飛行甲板の最後端に装備され、最後端のものは2,300m2の面積を持つ格納庫から航空機(固定翼機および回転翼機)を移動するのに使用される。

プリンシペ・デ・アストゥリアスの能力

デアゴスティーニ編集部

▲「プリンシペ・デ・アストゥリアス」の両側面と艦尾には、各12砲身の20mm砲を備えた4基のメロカCIWS(近接防御武器システム)が設置されている。

 飛行甲板は175.3メートル× 29メートルの広さを確保しており、またその前端部には勾配角12度のスキー・ジャンプ勾配が設けられていた。飛行甲板の構成はSCSのものが踏襲されており、アイランド前方にインボード式の前部エレベーターが、また飛行甲板後端にアウトボード式の後部エレベーターが配されている。ハンガーは2,300平方メートルを確保しており、ここを含めたV/STOL機・ヘリコプターの搭載数は最大で37機とされていたが、このうち実際に運用可能なのは24機のみであった。
 「プリンシペ・デ・アストゥリアス」の航空部隊として、スペインはEAV-8B(VA.2)ハリアーII V/STOL多用途作戦機(1996年初頭からレーダーを装備したハリアーIIプラスが引き渡された)とS-70B(HS-23)シーホークASW(対潜)ヘリコプターを発注した。標準的な航空機の定数は24機であるが、有事には飛行甲板上に駐機させるという応急策によって37機まで増加させることができる。標準的な搭載機の内訳は、AV-8Bが6〜12機、S-70Bが2機、AB212ASWヘリコプターが2〜4機、SH-3Hシー・キング・ヘリコプターが6〜10機(うち3機はAEW[早期警戒]任務を実施するためのサーチウォーター・レーダーを装備)である。
 全デジタル式トリタン指揮管制システムには、海軍戦術データ・システムのリンク11およびリンク14データ送信/受信端末が装備されている。そして、対空および対水上監視レーダー、航空機および砲管制レーダー、ならびに電子的・物理的の両方式による電子戦装置を組み合わせた標準的な機器類も備えられている。同艦はLCVP(車両兵員揚陸艇)も2隻搭載しており、荒れた海での安定性を高める2対のスタビライザーが装備されていた。2013年、退役した。

諸 元

デアゴスティーニ編集部

▲「プリンシペ・デ・アストゥリアス」に搭載されたAV-8B+ ハリアー II

プリンシペ・デ・アストゥリアス
排水量:満載16,700t
寸法:全長195.9m、全幅24.3m、吃水9.4m
推進器:ゼネラル・エレクトリックLM 2500ガス・タービン2基で出力46,000馬力を供給し、1軸を駆動
速力:26kt(48km/h)
兵装:12砲身メロカ20mm CIWS 4基
電子装置:AN/SPS-55水上捜索レーダー1基、AN/
SPS-52三次元レーダー1基、メロカ射撃指揮レーダー4基、AN/SPN-3SA航空管制レーダー1基、URN-22 <acronym title="戦術航法">TACAN</acronym>システム1基、AN/SLQ-25ニキシー曳航デコイ1基、Mk36 SRBOCチャフ発射機4基
乗員:555名+旗艦要員および航空団要員208名

(この記事はワールド・ウェポン<デアゴスティーニ・ジャパン刊>をもとに構成したものです。)
[タイトル写真]U. S. Army/U.S. Marine Corp

公開日 2016/08/30


ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。