模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

最もバランスがよかった二二型

【第6回】最もバランスがよかった二二型


零戦三二型は、性能向上が図られたが旋回性能が低下し、航続距離も短くなってしまった。この三二型の欠点を改善するために登場した二二型は、航続距離と旋回性能の回復が図られ、速度、旋回性能、航続距離のバランスが最もよい型となった。

ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは


航続距離の回復

デアゴスティーニ編集部

ブーゲンビル島ブイン基地を出撃する直前の、第五八二航空隊の零戦二二型群。遠方の離陸滑走する二一型は、他部隊所属機。

三二型の改正に対して前線部隊から強く出された要求は、短くなった航続距離の回復だった。特にラバウルからガダルカナル島まで連日のように出撃していた「ラバウル航空隊(ラバウルに展開した航空隊の総称)」では、航続距離の問題は深刻であった。もうひとつ、要求の強かったのは、低下した旋回性能を二一型と同等に回復するということだった。
三二型の航続距離の低下は、燃料タンクの容量が二一型よりも60リットル減少したことに加えて、エンジンを「栄」一二型から「栄」二一型に換装したことによって、燃料の消費率が増大したことが主な原因だった。このため二二型の開発では、「栄」二一型エンジンの燃料消費率増加分を見込み、燃料タンクの増設が図られた。具体的には主翼の燃料タンクの外側に、45リットル入りのタンクを増設し、左右合わせて容量を90リットル増やしたのであった。
これによって燃料搭載量は、落下増槽を合わせると二一型を25リットル上回る880リットルとなり、航続距離は最大2,700kmまで回復した。二一型の約3,000kmには及ばないものの、ラバウルからガダルカナル島までの進攻が可能なまでに回復したのである。

主翼と尾翼の改良

デアゴスティーニ編集部

1943(昭和18)年4月上旬の「い」号作戦の際、ブーゲンビル島ブイン基地から出撃する直前の、第五八二航空隊の零戦。左から3機目までが二一型。4機目以降が二二型。

二二型の外見上の最大の特徴は、主翼が二一型と同じになり、翼端折り畳み機構も復活したことである。外見上二二型は、「栄」二一型エンジンを装備した二一型ともいえ、さらに三二型の胴体に、二一型の主翼を組み合わせたともいえる機体になったのである。
しかし二二型の主翼は、外見はともかく単純に二一型と同じものに戻したわけではない。内部構造も含め三二型で行われた桁の強化などの改良点を引き継いでおり、またある点では二一型で廃止された機能を復活させた部分もあった。二二型の主翼は、二一型の主翼の外翼部に燃料タンクを増設したものだが、武装は三二型と同じ100発入り弾倉の九九式一号固定機銃三型を装備していた。このため、主翼下面にしずく型の張り出しがあった。
さらに補助翼内側後縁には、二一型が途中で廃止した補助翼修正タブと呼ばれる小さな操作舵面が復活した。また修正タブの変更は尾翼でも行われ、方向舵後縁に装着されていた固定式の修正タブが、主翼の補助翼と同様の修正タブに変更された。方向舵に改良が加えられたのは、零戦が一一型として制式採用されて以来初めてであった。
二二型は、生産途中から武装を強化した二二甲型(A6M3a)に変更された。二二甲型では主翼の武装がこれまでの九九式一号固定機銃三型から、銃身を延長した九九式二号固定機銃三型に換装された。二号機銃は、一号機銃に比べて銃身が50cm長くなった他、薬きょうも長くなって装薬量が増えた。このため、初速が早くなり、命中精度が格段に向上した。二号機銃を装備した二二甲型は、銃身が長くなった分、主翼前縁から突き出ている。

最もバランスのとれた零戦

これらの改良を行った結果、二二型は三二型に比べて重量が100kg程度も重くなったが、航続距離と旋回性能を二一型に近いレベルまで戻すことに成功した。しかも空気抵抗の増加と重量増加によって懸念された最高速度の低下は、わずか時速4kmで済み、時速540kmを維持できた。二二型は新型エンジンによる速度向上の恩恵を、航続距離や旋回性能をほとんど低下させずに受けることができたのである。
こうして零戦二二型は、零戦各型の中で速度と旋回性能、航続距離のバランスが最もよい型となった。さらに二二甲型は、機銃を九九式二号固定機銃三型に換装した結果、武装も強化された。いうなれば、二二型は、三菱技術陣にとって二号二型零戦(A6M3)の理想の姿であったともいえる。
しかし、配備が始まった1942(昭和17)年12月には、ガダルカナル島の攻防戦は、日本軍の敗北が決定的となり、航空進攻作戦を実施する意義が失せていた。このため、せっかく回復させた二二型の航続距離や旋回性能を当初の目的に活かす機会がないまま、生産は三菱のみで、560機をもって終わった。

【コラム】豆知識/飛行場建設能力の差

海軍が零戦三二型の量産開始からわずか3ヵ月後に、二二型を開発した最大の要因は、航続距離の問題である。三二型は、ラバウルからガダルカナル島まで往復約2,000kmを飛行して、さらに空中戦を行うことができなかった。しかしこれは、ラバウルとガダルカナル島の間に飛行場を作れば解決する問題でもあった。むしろ搭乗員の疲労を考えれば、途中に飛行場があった方が戦果を期待できたはずである。
しかし、ブルドーザーやショベルカーなどの建設機械を持たず、人力に頼る日本軍では、即座に飛行場を作ることは不可能だった。これに対し、機械化が進んでいたアメリカ軍は、日本軍が3ヵ月かかる規模の飛行場を、2週間前後で完成させることができたという。
急いで飛行場を建設する必要がある場合、人力でさらに問題となるのが、土地の選択肢が少なくなることだった。ジャングルを切り拓いて飛行場を建設すると時間がかかるため、ある程度平坦な土地が必要だったのである。
三二型の航続距離が短かったといっても、イギリスのスピットファイアの630kmや、ドイツのBf109Eの560kmと比べれば、三二型の2,000km以上の航続距離は破格の値だった。飛行場建設能力の差がガダルカナル島攻防戦に与えた影響は大きい。

スペック

デアゴスティーニ編集部

零式艦上戦闘機二二型(A6M3)
全幅:12m
全長:9.06m
全高:3.57m
自重:1,863kg
全備重量:2,679kg
最高速度:時速540km
上昇力:高度6,000mまで7分19秒
エンジン:中島「栄」二一型、空冷複列星型14気筒(1,130馬力)
実用上昇限度:11,050m
航続距離:2,700km
武装:20mm機銃2挺、7.7mm機銃2挺、30kg爆弾または60kg爆弾2発

公開日 2014/05/27


ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。