ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

零戦の系譜

零戦の系譜

第二次世界大戦期における大日本帝国海軍のの主力戦闘機として活躍した零式艦上戦闘機、通称零戦。各型式の装備やスペックを中心に、その戦闘・飛行性能を振り返ります。

二一型

第1回 二一型

1940(昭和15)年7月15日、制式採用前に実戦配備された十二試艦上戦闘機は、直後に零式一号艦上戦闘機(後に一一型と改称)として制式採用された。同型には、着艦フックなど空母搭載のための装備はなかったが、すぐに艦上戦闘機としての改造がはじまり、12月には、それらの整備を施した零式一号艦上戦闘機二型(後に二一型と改称)が制式採用された。

「栄」一二型エンジン

第2回 「栄」一二型エンジン

十二試艦上戦闘機(後の零戦)は当初、三菱の「瑞星」一三型エンジンを装備していたが、海軍の命令によって試作途中から中島飛行機製の「栄」一二型エンジンを装備することになった。このエンジンとの出会いによって、零戦の優れた性能が引き出されたのである。  小型軽量で良好な燃費と優れた耐久性。零戦のエンジンに求められた厳しい要求性能をクリアする開発力は、そのまま戦後日本の産業にも受け継がれるのである。

零戦の原型、十二試艦戦

第3回 零戦の原型、十二試艦戦

1937(昭和12)年に十二試艦上戦闘機として開発が始まった新戦闘機(後の零戦)は、1939(昭和14)年に試験飛行にこぎつけた。しかしそこに至るまでには、海軍の厳しい性能要求に応えるべく研究を重ねた、三菱技術陣の並々ならぬ努力があった。

機体の熟成が進んだ基本型、一一型

第4回 機体の熟成が進んだ基本型、一一型

三菱の「瑞星」エンジンを搭載していた十二試艦上戦闘機(後の零戦)は、3号機、及び7号機以降、中島の「栄」エンジンに換装された。このエンジンの変更と同時に、機体にもいくつかの改正が行われて中国戦線に送り込まれ、零戦一一型として制式採用されたのである。この一一型が、終戦まで飛び続けた零戦の基本型となった。

翼端が特徴的な三二型

第5回 翼端が特徴的な三二型

零戦は、二一型の採用直後から性能向上が図られ、太平洋戦争開戦直前の1941(昭和16)年7月には、三二型が登場した。同型は、エンジンの換装や主翼の改造などを行い、速度は向上したが、航続距離が低下した。この航続距離の低下は、翌年8月7日に始まったガダルカナル島の攻防戦で、大きな欠点となった。

最もバランスがよかった二二型

第6回 最もバランスがよかった二二型

零戦三二型は、性能向上が図られたが旋回性能が低下し、航続距離も短くなってしまった。この三二型の欠点を改善するために登場した二二型は、航続距離と旋回性能の回復が図られ、速度、旋回性能、航続距離のバランスが最もよい型となった。

速度の向上を図った五二型

第7回 速度の向上を図った五二型

太平洋戦争後半になると、アメリカ軍に2,000馬力級の新型戦闘機が登場し、零戦は苦戦を強いられるようになったため、速度の向上を図って少しでも対抗できるように改良した五二型が作られた。しかし、エンジンのパワーアップがされないままの状態では、速度を向上させるには限界があった。

急降下性能を向上させた五二甲型

第8回 急降下性能を向上させた五二甲型

零戦五二型は速度が向上したが、急降下して銃撃を加えた後、そのまま逃れる戦法を採るアメリカの戦闘機に対抗するには、急降下時の機体強度が不足していた。そこで、主翼を強化し、主翼の機銃を換装した改良型、五二甲型が開発された。零戦は旋回性能よりも、強度を優先させねばならない状況になったのである。

武装強化と速度向上を目指した五二乙型

第9回 武装強化と速度向上を目指した五二乙型

五二型以降、武装の強化と速度の向上を目指して改装された零戦だったが、F6Fなど、アメリカの新型戦闘機に対抗するには、防弾性能と武装が不足していた。そこで零戦としては初めて本格的な防弾装備が導入され、武装も強化された五二乙型が登場した。

起死回生を図った五四型

第10回 起死回生を図った五四型

防弾と火力を強化して重量が増加した零戦は、持ち味だった俊敏な運動性能を含めた諸性能が低下した。その飛行性能を回復させるために計画されたのが、三菱「金星」エンジンへの換装であった。「金星」エンジンは、零戦の開発時に搭載する計画もあったが、「瑞星」に比べて大きく、重かったため、搭載を見送られたエンジンだった。

防弾と武装の強化を図った五二丙型

第11回 防弾と武装の強化を図った五二丙型

零戦は五二乙型で防弾と武装の強化を行ったが、アメリカ軍の戦闘機と対抗するには不充分であった。そこでさらなる防弾と武装の強化が図られ開発されたのが、零戦各型の中で、最も強力な武装と防弾装備を持つ五二丙型だった。しかし、武装と防弾の強化と引き換えに、飛行性能は大幅に失われた。

戦闘爆撃機となった六二型

第12回 戦闘爆撃機となった六二型

一一型として制式採用されて以来、海軍の主力戦闘機の座を守り続けてきた零戦も、アメリカが性能を向上させた新型戦闘機を投入してくる状況の中で、空中戦で互角に戦うのは難しくなった。そこで旧式化した艦上爆撃機の代替として爆弾投下装置を備えた六二型及び六三型が生産された。六二型は零戦が、もはや主力戦闘機ではなくなったことの証ともいえる型だった。


▲ページTOPへ戻る