DeAGOSTINI デアゴスティーニ・ジャパン

カワサキ Z2のNEWモデル、Z2Aが新発売 当社限定オリジナルVer.登場!

KAWASAKI Z2のNEWモデルが新発売 当社限定オリジナルVer.登場!

  • KAWASAKI Z2のNEWモデルが新発売 当社限定オリジナルVer.登場!KAWASAKI Z2のNEWモデルが新発売 当社限定オリジナルVer.登場!
  • KAWASAKI Z2のNEWモデルが新発売 当社限定オリジナルVer.登場!KAWASAKI Z2のNEWモデルが新発売 当社限定オリジナルVer.登場!
  • KAWASAKI 750RS 完成品scale1/6 Z2A 組立・塗装済(解体可能ミュージアムモデル)
  • 1/6スケール ミュージアムモデル KAWASAKI 750RS Z2

    1970年代にバイク好きの心を掴んだ伝説の名車・KAWASAKI 750RS Z2。今回、KAWASAKIのバイクをこよなく愛する皆様にお届けするのは、Z2の機能性をさらに向上させた、KAWASAKI 750RS Z2A。そのあまりの製作難易度の高さにより、商品化は不可能と言われていたが、今回限りの限定生産として商品化を実現することが出来た。ダイキャストなどの金属パーツをふんだんに使用し、ズッシリとした重量感を実現。またクロームメッキ(マフラーやフェンダー等)とユニクロメッキをパーツごと使い分けることで実車に限りなく近い質感を再現している。また、本キットは専用工具を使用し、分解と組み立てが可能。メカニックの気分を味わうことも出来る。さらに別売りのカスタムキットで自分だけの“Z2A”を作り上げることも可能だ。

  • 1/6スケール ミュージアムモデル KAWASAKI 750RS Z2A
    1/6スケール ミュージアムモデル KAWASAKI 750RS Z2A
    1/6スケール ミュージアムモデル KAWASAKI 750RS Z2A
    1/6スケール ミュージアムモデル KAWASAKI 750RS Z2A
    1/6スケール ミュージアムモデル KAWASAKI 750RS Z2A
    1/6スケール ミュージアムモデル KAWASAKI 750RS Z2A

    画像切り替え
    ※クリックで拡大画像が切り替わります。

  • 1/6スケール ミュージアムモデル KAWASAKI 750RS Z2ご購入はコチラ
  • KAWASAKI Z2A 後期型 1975年式 キャンディトーンスーパーブルー(青玉虫)ご購入はコチラ
  • 1974年式 キャンディトーングリーンカラー(イエロータイガ)1974年式 キャンディトーングリーンカラー(イエロータイガ)
  • 1975年式 キャンディトーンスーパーブルー(青玉虫)1975年式 キャンディトーンスーパーブルー(青玉虫)
  • 「Z」の歴史を受け継ぐ「Z2A」とは…KAWASAKI 750RS Z2A

    伝説のバイクZ2の機能性を向上させた後続モデル・Z2A。フューエルタンクのエンブレムのサイズやフューエルコック、タコメーターをはじめとするメーターの表示など、細かいパーツやディテールに至る、まで様々なマイナーチェンジが施されている。また、Z2Aには「前期型」と「後期型」が存在し、そのグラフィックに大きな違いがある。前期型は“イエロータイガー”と呼ばれる「キャンディートーングリーン」、後期型は“青玉虫”と呼ばれる「キャンディトーンスーパーブルー」と、誕生した年代ごとカラーリングが異なっている。

  • 「Z」の歴史を受け継ぐ「Z2A」とは…KAWASAKI 750RS Z2A
  • 単なるカラーバリエーションではない。マイナーチェンジされたパーツ類も徹底再現!
  • 単なるカラーバリエーションではない。マイナーチェンジされたパーツ類も徹底再現!単なるカラーバリエーションではない。マイナーチェンジされたパーツ類も徹底再現!
  • 単なるカラーバリエーションではない。マイナーチェンジされたパーツ類も徹底再現!単なるカラーバリエーションではない。マイナーチェンジされたパーツ類も徹底再現!
  • 単なるカラーバリエーションではない。マイナーチェンジされたパーツ類も徹底再現!単なるカラーバリエーションではない。マイナーチェンジされたパーツ類も徹底再現!
  • 単なるカラーバリエーションではない。マイナーチェンジされたパーツ類も徹底再現!単なるカラーバリエーションではない。マイナーチェンジされたパーツ類も徹底再現!

ホビーの域を超えた! 脅威の再現力を見よ!!

    • ▲形状と寸法を忠実に再現。シリンダーフィンの先端は

      ▲形状と寸法を忠実に再現。シリンダーフィンの先端はなんと0.4mmの薄さ!

    • ▲並列四気筒のエンジンは抜群の存在感。
      ▲並列四気筒のエンジンは抜群の存在感。
    • ▲特殊なスキャナーで実車のパーツを3Dスキャンし、モデリング用のデータを製作する。右画像はマフラーのスキャンデータ。
    • ▲特殊なスキャナーで実車のパーツを3Dスキャンし、モデリング用のデータを製作する。右画像はマフラーのスキャンデータ。

    ▲特殊なスキャナーで実車のパーツを3Dスキャンし、モデリング用のデータを製作する。
    右画像はマフラーのスキャンデータ。

  • 3Dスキャンから導き出す正確無比なデータ

    本スケールモデルの製作にあたり、実物のKAWASAKI 750RS Z2Aを分解し、パーツを一つ一つ検証。さらに分解したパーツを3Dスキャンすることで限りなく正確なデータを採寸している。そのため、Z2Aの特徴的な部分である、マフラーやタンク、サイドカバー、テールカウルなどといった外装パーツの微妙な曲線や、空冷エンジンの複雑な構造まで、オリジナルの形状そのままに精巧に再現されている。
    3Dスキャンから導き出されたデータにより、細部に至るまで徹底的に再現されたKAWASAKI 750RS Z2Aの機能美をぜひあなたの手で確かめてほしい。

    • ▲エンジンパーツはアルミダイキャスト製。実物通りの質感や輝きを楽しむことができる。
      ▲メッキ加工が美しいマフラーパーツ。実物に限りなく近い質感や輝きを楽しむことができる。
    • ▲フレームをはじめとする骨格部分は金属製でズッシリとした重量感と、それに耐える強度を実現。
      ▲フレームをはじめとする骨格部分は金属製でズッシリとした重量感と、それに耐える強度を実現。
  • 素材・メッキ・工程…すべてにおいて追求された“本物感”

    強度と重量感を追求するため、フレームをはじめとする骨格部分は金属製、さらにエンジンカバーはアルミダイキャスト製となっており、実物そのままの質感と輝きを表現。特殊な形状のボルトや、シャフト・ピンを再現するために施した切削や、プレス、メッキ加工といった製造工程でも質感の再現を意識している。また、本モデルは、すべて職人の手作業によって製作されており、その一つ一つに本物の魂を宿すように作り込まれている。

    • ▲フロント部のパーツ展開図。(この図の状態まで分解が可能)
      ▲フロント部のパーツ展開図。(この図の状態まで分解が可能)
    • ▲Z専用に開発された1/6サイズのボルトやナット。
      ▲Z専用に開発された1/6サイズのボルトやナット。

    ※写真は一部前回の「Z2」のものを使用しております。今回の「Z2A」とはパーツ構成が一部異なります。

  • その数“1500以上”まさに桁違いのパーツ数

    KAWASAKI 750RS Z2Aに使用されたパーツ数はなんと1,500以上!初期型のZ2をベースに、マイナーチェンジされたZ2A前期・後期のパーツ形状を徹底的に検証し、作り直している。もちろん今作も一流のZ専門ショップから集めたZ2Aの純正パーツを資料としており、実車の“Z2A”と比較しても遜色ないパーツ構成となっている。 ほとんどのパーツが特注で作られたオリジナル。1/6サイズのボルトやナットなどの極小パーツの生産難度はとてつもなく高い。他のスケールモデルと比べても桁違いのパーツ数といえる。ここまで実物に近いパーツ数を誇る1/6スケールモデルはまずお目にかかれない。

KAWASAKI 750RS Z2A1/6モデル開発者が デアゴスティーニだけに明かす開発秘話!

  • 実車のカラーを徹底再現

    今回、Z2Aを作る上で特にこだわったのは塗装でしょうね。あの美しいキャンディトーンをどうすれば再現できるか、そこが最も苦心した点でしたね。やはり実車と比べて遜色のないものを作りたいですから。それで、実車のZ2Aのタンクの塗装を手がけた専門業者を探し出し、当時の純正の塗装の色味に近い色見本を取り寄せることにしたんです。それをもとにカラーリングを進めていきました。そして、実車同様にクリアー塗装を重ねることで、Z2Aの持つ美しいキャンディトーンを再現することに成功したんです。ただここまで来るのに本当に苦労しました。現実問題、発売から40年経っていますからね。

    実車のカラーを徹底再現
    ▲塗装業者から取り寄せた色見本。

    今残っているZ2Aはどれだけ保存が良くても塗装の経年変化を免れることはできません。当時のカラーリングを再現するために、八方手を尽くしましたよ(笑)。

  • 「デカール」は実車をトレースして再現

    メーターやシリンダーキャップのデカールにも注目して欲しいですね。撮影したパーツ画像から印刷用のデータを作成しているのですが、とにかく文字や線が細かい。だから、にじみや欠落を防ぐために、何度も手直しをしているんです。さらに大変だったのは外装に貼っているデカールで、特にタンクのラインデカールは難しかったですね。専門店で純正のタンクとテールカウルを借りて、そこから採寸していったんです。その中でも一番上のラインデカールはタンクのRがキツイ部分にあるので、最も再現が難しかった。採寸だけではどうしてもうまくいかなかったので、マスキングテープをタンクのラインに沿って貼り付けました。それからRと幅の変化をトレースして、デカールを作成していったんです。

    ホビー業界の常識を覆す「Z2A」

    Z2Aを納得できるものにするためには従来の製法や進め方ではなかなかうまくいきませんでした。だから、新しい可能性を探りながら、ホビー業界では前例がない製法で作り上げていったんです。今までとは異なるアプローチで進めたスケールモデルですから、ひと味もふた味も違う出来栄えとなっております。ぜひ手に取って実際に体験してみて欲しいですね。

KAWASAKI 750RS Z2 1/6モデルの“ココがスゴイ”

  • 開発期間は“6年以上”!

    なんと本モデルの開発期間は6年以上!スケールモデルでこれほど開発に時間をかけることは異例中の異例ですが、実物を見れば6年という開発期間にも納得です。今まで様々なバイク模型を見てきましたが、これほどの完成度を誇るモデルは他に見たことがありません!

  • 憧れのあの姿が目の前に!

    当時のバイカーの憧れ。スリムかつセクシーなそのフォルム。 “イエロータイガー”と呼ばれる前期型の「キャンディートーングリーン」、 “青玉虫”と呼ばれる後期型の「キャンディトーンスーパーブルー」の2タイプのカラーリング、特徴的な4本マフラー、並列四気筒DOCHヘッドの高性能エンジン。すべての要素が非常にハイレベルに再現されています。一人のバイクファンとして、当時の興奮が甦りました。

  • もはや「芸術品」の域です!

    職人が、合計1,500以上にも及ぶパーツ一つ一つにこだわり、仕上げているので、生産難度はとてつもなく高いんです。時間もコストもかかりますが、完成したその姿はホビー商品の域を超えた“芸術品”と言っても過言ではないでしょう。

  • 今回が最初で最後!  後悔はさせません!

    ここまで精巧なスケールモデルには、この仕事をしていても滅多に出会うことありません。しかもメーカー様に無理を言って今回だけ、という約束で製品化してもらっていますので、本当にこれが最初で最後のチャンス。脅威の完成度をあなたの手で確認してください。

そして、なんと!

専用工具で「分解」&「組立」を楽しめる!!

  • 専用工具で「分解」&「組立」を楽しめる!!
  • 専用工具で「分解」&「組立」を楽しめる!!
  • ■専用工具

    ■専用工具

    ▲本モデルのための特注品。

  • 本モデルのために特注で製作された1/6サイズのボルトやナットで組立てられており、パーツはほとんど接着されていない。そのため、専用の工具を使用すれば実車同様のパーツ構成となっている本モデルを分解することができるようなっている。タンク・シート・ハンドル・ホイール・マフラーなどのパーツはもちろんのこと、エンジンも分解することもできるので、機械いじりが好きな方、メカニックに憧れていた方におすすめ。特にスキルに自信のある方や模型のヘビーユーザーの方なら、すべてのパーツを分解してまた組み立てることや、自作パーツやオリジナルペイントによるオンリーワンのカスタムを実現することもできる。レベルに合わせてぜひ挑戦をしてみて欲しい。

    あなたの机の上がバイクのガレージに。憧れのメカニックになれる夢のモデル。

    ※分解、組立は難易度の高い、ホビー上級者の方向けの楽しみ方です。
    ご自身のスキルや難易度を考慮の上、自己責任でお楽しみください。

さらに!“カスタマイズパーツ”であなただけのオリジナルのZ2に仕上げる!!
さらに!“カスタマイズパーツ”であなただけのオリジナルのZ2に仕上げる!!

  • さらに!“カスタマイズパーツ”であなただけのオリジナルのZ2に仕上げる!!
  • さらに!“カスタマイズパーツ”であなただけのオリジナルのZ2に仕上げる!!
  • さらに!“カスタマイズパーツ”であなただけのオリジナルのZ2に仕上げる!!
  • さらに!“カスタマイズパーツ”であなただけのオリジナルのZ2に仕上げる!!
  • さらに!“カスタマイズパーツ”であなただけのオリジナルのZ2に仕上げる!!

※カスタムキットの画像は試作品の為、一部商品と仕上がりが異なる場合があります。 ※カスタマイズイメージ写真には、ハヤシキャストホイールが設置されていない状態です。

さらに!“カスタマイズパーツ”であなただけのオリジナルのZ2に仕上げる!!

セット内容

黒外装/カスタムハンドル各種/ヨシムラ初期手曲げ集合管/アンコ抜きシート/メッキチェーンカバー/ハヤシキャストホイール/ショートミラーステー&ショートウインカーステー 材質:ABS&ダイキャスト(タンクのみ)/シリコンゴム(シート)/高強度ポリウレタン(ハンドル、ステー、マフラー、ホイール、チェーンカバー)

※カスタマイズは難易度の高い、ホビー上級者の方向けの楽しみ方です。カスタマイズ作業に不安のある方へ、メーカー様のカスタマーサービスにて有償での【カスタムパーツ取り付けサービス】をご案内予定です。

カスタマイズパーツを使用すれば、自分だけのオリジナルでカスタムを楽しむこともできる。マフラー・シート・ホイールなど当時を彷彿とさせるカスタムパーツをバリエーション豊かに用意。
思い思いのZ2Aを作り上げる歓びを感じよう。

1/6スケール ミュージアムモデル Z専用カスタム パーツセット ご購入はコチラ 残りわずか!在庫限り!!
こんな方々にオススメです
  • 豪華な特典にも注目!

    各都道府県の陸運局名と数字を貼り、オリジナルのナンバープレートを作ることのできるステッカー

    バイクファンから圧倒的支持を集めるバイク雑誌「ミスターバイクBG」編集部が製作した小冊子

  • 豪華な特典にも注目!
  • 豪華な特典にも注目!
  • 量産不可能と言われた1500以上にも及ぶパーツ構成

    量産不可能と言われた1500以上にも及ぶパーツ構成

    このKAWASAKI 750RS Z2Aは実物同様、1,500以上という膨大な数のパーツから作られています。本モデルは実物同様のパーツ構成、パーツ数。さらに職人の手作りであるため、生産難度は高く、量産は不可能とも言われてきました。今回に限り製品化が実現したKAWASAKI 750RS Z2A。ぜひこの機会に本物の魅力を手に取って感じてください。

  • 解体&カスタム可能な組立・塗装済完成品

    解体&カスタム可能な組立・塗装済完成品

    本モデルには組立と塗装済みの完成品に加えて、六角ボルトドライバー・レンチといった専用工具が付属します。これらの工具で完成品を分解することはもちろん、カスタマイズも可能。カラーリングの異なるタンク・バックミラーなどカスタム用パーツも一部付属するので、好みに合わせて作り込んでください。付属品以外のパーツを使用すればオリジナルカスタムも実現することも可能です。※パッケージは一部仕様が変更になる場合がございます。ご了承ください。

デアゴスティーニだけの限定商品!これが最後の生産です!

  • 1/6スケール ミュージアムモデル KAWASAKI 750RS Z2A 組立・塗装済完成品(解体可能モデル)1/6スケール ミュージアムモデル KAWASAKI 750RS Z2A 組立・塗装済完成品(解体可能モデル)
  • 1/6スケール ミュージアムモデル KAWASAKI 750RS Z2A 組立・塗装済完成品(解体可能モデル)1/6スケール ミュージアムモデル KAWASAKI 750RS Z2A 組立・塗装済完成品(解体可能モデル)
    • 1974年式 キャンディトーン グリーンカラー(イエロータイガー)
      ご購入はこちら
    • 1975年式 キャンディトーン スーパーブルー(青玉虫)
      ご購入はこちら

【1973年式】キャンディトーン ブラウンカラー(火の玉)も

  • 大好評発売中!1/6スケール ミュージアムモデル KAWASAKI 750RS Z2
    ご購入はこちら
    残りわずか!在庫限り!!