模型付きマガジン・特選商品を買うなら、ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

【第1弾完売!第2弾ロット受注中】1/100 世界文化遺産 清水寺

  • 世界文化遺産「清水寺」世界文化遺産「清水寺」
  • 世界文化遺産「清水寺」世界文化遺産「清水寺」
  • 世界文化遺産「清水寺」世界文化遺産「清水寺」
構想から約3年。小林工芸の木製模型シリーズから、世界文化遺産「清水寺」がついに登場。清水の舞台を支える懸造りを、本物さながらの木組みパーツで再現しました。使用しているのは屋久杉、神代杉、木曽ひのき、一位(いちい)などの貴重な木材。特に屋久杉は、数年後には競りにも出されなくなってしまうと言われるほど、数が少なくなっています。その木材を職人の手でひとつひとつ丁寧に切り出し、本物に忠実であることを追求した模型に仕上げました。木製パーツやエッチング(銅版)は、時間が経つにつれて味わい深い色味に変化していきます。自分の手で組み上げる精巧な清水寺の木製模型、この機会にぜひ入手してください。
  • 世界文化遺産「清水寺」
  • 準備数30台
  • 詳細を見る
圧巻の懸造りから装飾の細部まで、人々を魅了し続ける清水寺を完全再現
圧巻の懸造りから装飾の細部まで、人々を魅了し続ける清水寺を完全再現
圧巻の懸造りから装飾の細部まで、人々を魅了し続ける清水寺を完全再現 圧巻の懸造りから装飾の細部まで、人々を魅了し続ける清水寺を完全再現 圧巻の懸造りから装飾の細部まで、人々を魅了し続ける清水寺を完全再現 圧巻の懸造りから装飾の細部まで、人々を魅了し続ける清水寺を完全再現 圧巻の懸造りから装飾の細部まで、人々を魅了し続ける清水寺を完全再現 圧巻の懸造りから装飾の細部まで、人々を魅了し続ける清水寺を完全再現 圧巻の懸造りから装飾の細部まで、人々を魅了し続ける清水寺を完全再現
そびえ立つ清水寺の存在感に圧倒される1/100スケール
  • 側面
  • 正面
貴重な木材を』組み合わせてつくる”究極”
色や香りなど、木材によってその風合が全く違うことがわかる。プラモデルでは味わえない木製模型ならではの楽しみだ。

色や香りなど、木材によってその風合が全く違うことがわかる。プラモデルでは味わえない木製模型ならではの楽しみだ。

  • 複雑な形状のパーツも、木材加工の名匠がひとつひとつ手作業で正確に切り出していく。長年の経験で培われた勘はまさに職人技といえる。

    複雑な形状のパーツも、木材加工の名匠がひとつひとつ手作業で正確に切り出していく。長年の経験で培われた勘はまさに職人技といえる。

  • 木を知り尽くした匠が、パーツに合わせて最適な木材を選定している。この複雑な形状のパーツたちを見て欲しい。屋根や組物といった複雑な形状を持つ箇所も、何十回も刃を通して仕上げる独自のパーツ成形で、難なく組立てることができるのだ。

    木を知り尽くした匠が、パーツに合わせて最適な木材を選定している。この複雑な形状のパーツたちを見て欲しい。屋根や組物といった複雑な形状を持つ箇所も、何十回も刃を通して仕上げる独自のパーツ成形で、難なく組立てることができるのだ。

製作者 インタビュー

“模型の世界都市”静岡市にて昭和20年創業。京都・奈良の土産物として製作した五重塔をきっかけに、社寺の模型作りを始める。その作品は、天皇・皇后両陛下のお手植えで知られる全国植樹祭において、記念品として採用されるほどの完成度の高さを誇る。

  • 観光するだけではわからない!自分の手で作ることで実感する独特の構造
  • 観光するだけではわからない!自分の手で作ることで実感する独特の構造

    今回の模型を製作するにあたって、実際の清水寺の写真や資料、設計図などを入手して研究しました。例えば、懸造りの部分は木材がむき出しになっているので雨にさらされてしまうんですね。そうすると、木が次第に腐ってしまう。それを防ぐため、貫の上部に雨よけがつくられているんです。また、清水の舞台の手すりの下部には、長い手すりが歪んでしまわないように支えの木材が噛ませてあるんです。よく見ないと気づかない部分ですが、こういった小さな工夫が何百年も本堂を支えているのですから、模型で再現しないわけにはいきません。
    それから、屋根にも注目して頂きたいですね。清水寺の屋根は細部が少し変わった形状をしているのですが、そこもきちんと再現しています。こういった、観光などで訪れても気づかずに終わってしまう部分も発見できるのが、模型の良いところだと思います。

  • ▲手すりの下に支えとなる木が噛ませてある

    ▲手すりの下に支えとなる木が噛ませてある

  • ▲清水寺独特の屋根の形状も忠実に再現

    ▲清水寺独特の屋根の形状も忠実に再現

    ▲清水寺独特の屋根の形状も忠実に再現

    ▲清水寺独特の屋根の形状も忠実に再現

  • 複雑な形状の木製パーツをひとつひとつ組み上げ、形作っていく面白さ 複雑な形状の木製パーツをひとつひとつ組み上げ、形作っていく面白さ
  • 複雑な形状の木製パーツをひとつひとつ組み上げ、形作っていく面白さ

    清水寺は、本堂内部をはじめ、懸造り部分など入り組んだ構造が何重にも組み合わさってできています。この造りを再現する今回の木製模型も複雑で難しそうに見えるんですが、きちんと計算して木製パーツをつくっていますので、パズルのように組み上げていくだけでストレス無く精巧な清水寺を組み上げることができるんです。一見すると変わった形状の木製パーツなんですが、組み立て前はどの部分になるのか想像もつかないような形のパーツが、他のパーツと組み合わさることで複雑な建物の構造をつくりだすんです。この木製パーツは1mmでもズレが生じると全体にゆがみが出てしまうので、職人が丁寧に切り出して加工しています。数年後にはもう手に入らなくなると言われている貴重な屋久杉材を使用したパーツもありますので、ぜひ手に取ってじっくり眺めて頂きたいですね。

随所にちりばめられた「本物」を追求する琢己のこだわり
  • 懸造り 懸造り

    釘を一切使わず、楔によって格子状に組まれた木柱だけで本堂を支えている。模型では、精巧な木製パーツをパズルのように組み合わせて再現する。

  • 清水の舞台 清水の舞台

    「清水の舞台から飛び降りる」の言葉の元となった。本堂から張り出した位置にあり、錦雲渓を臨む。本堂内部の柱までしっかり作り込んでいるのが見て取れる。

  • 階段 階段

    清水寺の大きな特徴のひとつである、本堂から音羽の瀧へと向かう長い階段も一段ずつ再現している。階段の横はこけを貼って再現。ジオラマ的要素も楽しめる。

  • 屋根 屋根

    寄棟造り・檜皮葺きの屋根はパウダーで表現。実物に忠実に再現している棟瓦や、屋根に乗る鬼瓦の表情までしっかりと鑑賞して楽しんで欲しい。

ここがすごい
  • 細部まで要チェック
  • 細部まで要チェック

    清水寺の見どころである懸造り部分は、模型となっても最大のポイントだ。例えば、懸造りを構成している木組みの間隔は、同じように見えて少しずつ異なる。その微妙な差も、小林工芸の模型は正確に再現している。また、一般的な寺建築の柱は円柱であるが、清水寺の懸造りに使用されている柱は八角形になっている。懸造りの木組みを再現しつつ、この八角形を生み出すパーツ構成にするには複雑な設計とパーツ加工が必要になるが、小林工芸に一切の妥協はない。高い技術力で、本物をそのまま縮小したかのような模型キットを実現している。

    八角形
  • 清水寺の裏側 清水寺の裏側
  • 清水寺の裏側

    模型の顔は正面ではあるが、やはり背面も重要。小林工芸の木製模型なら背面のつくり込みまでしっかりできるから、360°どこから見ても楽しむことができる。歴史資料的価値のある作品と言ってもいい程だ。

    清水寺の裏側

京都府京都市東山区清水にある寺院。平安京遷都以前からの歴史をもち、京都有数の観光地として多くの参詣客が訪れる。長大なケヤキの木柱で支えられている懸造りの舞台や、寄棟造・檜皮葺きの屋根が特徴。本堂本尊の千手観音立像は33年に1度しか公開されない秘仏となっている。世界文化遺産であり、徳川家光によって再建されたという本堂は国宝にもなっている。

  • ※写真は塗装例です。実物は未塗装・要組立になります。

    ※写真は塗装例です。実物は未塗装・要組立になります。

  • 初心者でも安心して取り組める詳細な組立説明書

    製作手順を丁寧に解説した組立説明書が付属します。高度な技術が必要な屋根部分は組立済みでお届けしますので初心者でも安心して取り組んで頂けます。

  • 1/100「清水寺」
  • 1/100「清水寺」
    準備数30台
    詳細を見る