模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

Nゲージ A8761 205系 500番台・相模線 シングルアームパンタ 国府津車両センター 4両セット

Nゲージ A8761 205系 500番台・相模線 シングルアームパンタ 国府津車両センター 4両セット

商品レビュー
0件レビューを書く
総合評価

商品説明

1985(昭和60)年、国鉄は新世代の通勤型電車として205系を登場させました。
205系は国鉄で初の軽量ステンレス製車体を持ち、界磁添加励磁制御が採用されました。
国鉄民営化後も旧型車両を置き換えるために205系が製造されました。
1991(平成3)年には相模線電化開業用として4両編成13本の205系が豊田電車区に配置されました。
前面形状は左右非対称の斬新なもので、客用扉には半自動機能が設けられたほか、スカートが設置されるなどの変更が行われて新たに500番台に区分されました。
その他にも車側灯の小型化、ベンチレータの無塗装ステンレス化などの小改良が行われています。
登場以来茅ヶ崎~橋本間で活躍しているほか、ラッシュ時には八王子まで直通する運用も見られます。
2009(平成21)年より順次パンタグラフがシングルアーム式のものに交換されています。
●ヘッドライト、テールライト、前面行先表示点灯。LED使用
●フライホイール付動力ユニット搭載
●前面手すりが銀色の姿
●ベンチレータが灰色化後の姿
●シングルアームパンタグラフ搭載の近年の姿を製品化


商品メーカー


作品写真

作品写真はありません。


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。