模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

イオフレーム・獅電 STH-16 製作日誌②

2019/12/03 10:15

M_image

  ブラボーとは

「腰フレーム」の「外装(装甲)」です。
他の方では“裏打ち”をしている方も多い所ですが、私はほとんどやりません。
あまり見えないし、プラ板を切り出すのが下手で、大概フィットした形に切り出せないし・・・。
もちろん、大きく目立つ所は塞ぎますよ!
「マン・ロディ」の股の部分は後からは丸見えだったもんで、塞ぎました。
大体が“ツヤ消しブラック”で塗装するだけです。(笑)

「バーニアっぽい」所は“焼鉄色”で塗装し、“スミイレ”して、“ツヤ消しコート”しました。
“ツヤ消しコート”しないで、“デカール貼り”をすることが多いですが、今回は様子見で“コート”しています。

M_image

  ブラボーとは

「胴体(上半身)」と合わせるとこんな感じです。
カラー指示のない「エイハブリアクター(動力源)」や「シリンダーっぽい」所や「バーニアっぽい」所の塗り分けは効果的です。 よね?(笑)

M_image

  ブラボーとは

「腕」です。
“素組”をばらしての“スミイレ”&“全塗装”
「肩」の「ギア」みたいな所はオリジナルで“黒鉄色”で塗装。
「肩・外装の内側」は“フラットブラック”、「肘に内側」は「外装」と“同じ色”で塗装しました。
「内側」の色の選択は・・・、何となくですね。(笑)

ココで気が付きました。
「二の腕」の“パーティングライン”を消し忘れていますね~。
凸パネルラインという事で、ちょいと“スミ“を引いて、誤魔化しスルーします。
こういう、やり直さない辺りは適当です。(笑)

M_image

  ブラボーとは

「腕」が「胴体」に!
う~ん、テンションが上がりますね~。(笑)

M_image

  ブラボーとは

「バックパック」の塗装。
やはり、見えそうな内側は“フラットブラック”で塗装しておいてから外側を塗装。
組み立てから”スミイレ“です。
「バックパック」は“合わせ目”が目立ちませんから、そのままでOK! 楽チンです。(笑)

「バーニア」は可動します。
左右に付いているのは「ハードポイント」で、武器等が担架できます。

「バックパック」も付きました。
もう、組立図の手順ではないです。(笑)

M_image

  ブラボーとは

やっと「頭部」が登場!
でも、いきなりの完成?(笑)
「センサー部」は“シール”が付属していますが、塗装してみました。

内側の方、上手くいかなければ“シール”を使おうかとも思っていましたが、このまま行きます。
今ままでなら、こんな細かい所は塗装しなかったのですが・・・。
皆さんの細かい塗装作品に感化されているような気がします。
全然レベルは至らないけどね~。(笑)

M_image

  ブラボーとは

「脚部」
「腕」同様に、先に「フレーム」を“塗装”&“スミイレ”です。
「フクラハギ」の「外装」は挟み込みで“合わせ目”が目立つので、“接着パテ”を利用しつつ接着。
“整形”して、“塗装”&“スミイレ”です。

「膝」や「モモ」の「外装(装甲)」は“ワンパーツ”なので、そのまま“塗装”
“チラ見”で見えそうなので、裏側まで塗っています。

M_image

  ブラボーとは

「足の裏」には“肉抜きの穴”が開いております。
このまま“スルー”しても気にならないのですが、今回は“パテ埋め”しました。

“パテ処理”が下手くそで、あまりきれいではないですが“埋まって”います。
明るい所では見られません。(笑)
ちなみに「アンクルガードの裏(赤矢印)」の所も、“チラ見”で見えそうなので塗っています。

M_image

  ブラボーとは

「脚」はこんな風になります。
「外装(装甲)」を付けてもココまで曲がります。

M_image

  ブラボーとは

全塗装での全体像
量産機らしい地味~な、カラーリングですね~。
目立たなくていいのでしょう!(笑)

項目が足りなくなったので、次の“製作日誌”は「武装」の塗装です。
ほぼ、終わっていますので、すぐまとまると思いますが・・・。
よろしければ、お付き合い下さい。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー7 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント3件

シノイヌ

シノイヌ
本体の塗装は終わりました。

このキットには付属していませんが、“デカール”を貼っていきます。
“市販品”や“雑誌の付録”・“何かの余り”を活用します。
まだ、完成とはいきません。

12月03日 10:17このコメントを違反報告する

Stressless Modeling(ストモデ)

Stressless Modeling(ストモデ)
今回も楽しく拝読させて頂きました*\(^o^)/*

こうして解説して頂くのを読むと、
最近の骨格&外装構成のデザインロボットは
裏面まで気を使わなきゃならないので
大変だなぁと思いました。
確かに見えちゃいますもんねー

バルバトスなんかは個人的にも本当に
カッコいいなと思いますが、パーツ総量も
多くなりますし、作るとなると良し悪し
ありますねぇ。

と最近は工数がやたらと気になる師走デス囧rz

12月04日 07:45このコメントを違反報告する

シノイヌ

シノイヌ
Stressless Modeling(ストモデ) 様、コメントありがとうございます。
ご訪問ありがとうございます。

そうですね~。
「鉄オル」の”MS”は、「フレーム」が露出していて、必要な所だけに「外装(装甲)」が付いている場合が多いので、「外装」の裏側が見えてしまうのです。
初期の頃「バルバトス」なんかは、その特性を生かして登場するたんびに外見が変わっていたり、「グシオン」なんて! ね~。(笑)
覗き込まないと見えないので、気にしなければいいのですけど・・・。

確かにパーツ数は多いかと思いますけど、慣れました。(笑)
似た部品も多いので、大体「頭・胴体」「右腕」「左腕」「右脚」「左脚」で5つに分けて、各部分で組立・塗装を同時進行すれば、思う以上に時間は掛からないかと・・・。
ほとんどの場合、最後に「合~体!」ができます。(笑)
と言いつつ、”シノイヌ”は時間が掛かっていますが・・・。(苦笑)

いや~、今度は早めに見つけてもらえた~。(喜~) 感謝、感謝。(笑)

12月04日 12:49このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。