模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

SDガチャポン海戦(vs ズゴック) 制作②

2020/01/05 18:42

M_image

  ブラボーとは

お試しでベースの端に少し“ジオラマ・エフェクト”を試していました。(制作①にて)
硬化時間は正確には計りませんでしたが、“4時間ほど”の放置で固まっていました。

本チャンに向けて全体に塗り付けていきます。
全体は“大海原のゆったり“としたうねり、“ザッバーン”となる「ズゴック」の周りだけを“荒波”というイメージを目標に。
お試しの時は“色調スティック”でしたが、凹凸が細かくなり過ぎてしまいましたので、“プラ・スプーンの腹”でゆったりと塗り付けていきました。
まぁまぁ、滑らかになったかと思います。

同時に「ズゴック」くんにも埋まってもらいました。(笑)
その周りは“色調スティック”で“ペトペト”して荒らしてやり、したたりや盛り上がりも試しに造形してみました。
とにかく、初めての“水物&エフェクト”なので試行錯誤です。
固まったら「白波」の着色をしますので、この程度でいいかなと…。

M_image

  ブラボーとは

「メガ粒子砲」のビームには“真鍮線”を使います。
これで“アイテム”を支えてもらいますので、たるまない強さ必要ですので。
「コアブースター」のビームには0.5mmが丁度いい太さでしたが、重さに負けて“しなって”しまいましたので0.8mmに変更です。
「ズゴック」側も同じ太さで。

下地に“メタルプライマー”を塗り、“ラッカー系・蛍光色で塗装。

M_image

  ブラボーとは

さて、泡立つ「白波」の着色ですが、試してみました。
隠ぺい力を期待して“シタデルカラーのホワイト”と”ウェザリングマスターのスノー“です。

向かって左側が“シタデルカラー”を“ドライブラシ”の要領で。
真ん中辺りは“シタデルカラー”を少し多めに。
右側は“”ウェザリングマスター“を”エッジに塗布“する要領で。

う~ん、よく分らんが、どっちも使えそうなことと、何となく雰囲気だけは…。(苦笑)

M_image

  ブラボーとは

「ズゴック」の周りの泡立ちに”ウェザリングマスターのスノー“を集中的に、ベース全体の凸部分にもうっすらと塗ってみました。

ここに“シタデルカラーのホワイト”加えるとドツボにはまりそうなので、これで良しとします。(笑)
もっと“ザッバーン”感を出すには、造形にもう一工夫必要そうです。
今後の課題ですね。

M_image

  ブラボーとは

「コアブースター」の“メガ粒子砲・着弾”
「ベース」に穴を開けてぶっ刺してみました。 見ての通り “着弾、ハズレ” の位置です。
きちんと「コアブースター」をささえられます。(喜)

何となくアッサリしているので“水柱”を“綿”で追加しました。
“細い水柱”の自立は難しい…。

M_image

  ブラボーとは

「ズゴック」の“メガ粒子砲”も発射!
途中に“透明板”を設けまして、ここにもう一つのアイテムを…。

いや~、この”透明板”、クルクル回るし、アイテムをさせられる強度でなかなか固定されなくてね~。(苦笑)

M_image

  ブラボーとは

位置関係はこんな感じです。
「コアブースター」が“超低空”なのは、「ケース」に収めるためです。
墜落!必須です。(笑)

M_image

  ブラボーとは

回避している「コアファイター」
両面テープで仮固定し、方向を検討。
重させいやいじくりまわしたおかげで、“透明板”がズレまくり。
固定のための接着剤がてんこ盛り~。(困惑)

完全に固まったところで、山盛りの接着剤を“バリ”を取る要領で少しづつ削り取ります。
支える強度を保ちながら…。
これ以上は無理そうなので、「コアファイター」を接着。

ん、これで完成?
終わり方が意外にあっさり? でしたね~。(笑)


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー8 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント3件

シノイヌ

シノイヌ
ということで、“完成品”をコンテストに持ち込みます。
もう、来週末が締め切りです。
“賞”取り目的というよりは、いつもお世話になっている「ららぽーと・ボークス」への“にぎやかし参加”です。
もちろん“賞”がもらえるならいいですけどね~。(笑)

01月05日 18:42このコメントを違反報告する

Yangmin(ヤンミン)

Yangmin(ヤンミン)
もう完成ですか!?
完成おめでとうございます!

ウォーターエフェクトって結構シッカリした色が付いていて、粘度の高い塗料のようですね。
スプーンの腹での波表現が良い感じですね~φ(・ェ・ )メモメモ

真鍮線ビームで支えるとは名案ですね!
メタルプライマーとラッカー塗料でちゃんと真鍮線に色がのっていますね。
確かに0.5mmって以外と腰が無いんですよねぇ。

シタデルとウェザリングマスターはどちらも良さそうで、用途によって使い分ければどちらもイケそうですね。
水柱も小技が効いてて心憎い演出です(^o^)

ビームが掠った感じの表現っで支えるのは難しいですね(汗)
貫通していて「チョイ爆破」でもしていれば、支えとしても演出としてもそれはそれで面白そうです。

01月05日 22:28このコメントを違反報告する

シノイヌ

シノイヌ
Yangmin(ヤンミン) 様、コメントありがとうございます。
そうですね。
登場の”キャラクター・アイテム”は、彩色済み&組立なしなので、ちょっとの手直しで済みます。
”ベース作り”もエフェクトに頼りっぱなしなので、早めの完成となりました。

「ファレホ」の”ジオラマ・エフェクト・水系”は、色の付いたのが3種類と無色があったと思います。
色付きは「太平洋色」とか「大西洋色」とか書いていましたね~。(笑)
今度は教えていただいた”大波・小波”も試してみたいですね。

このジオラマの構想を思いついた時、「ビームで支える」は決めていました。
問題は材料でしたが”真鋳線”もギリギリの太さで行けて安堵です。
色ものりましたしね。

問題「コアファイター」の方で。
”透明板”が目立ってしまいまして・・・。
アドバイスの「掠って、煙で繋ぐ」もいいかな~、と思ったのですが。
この後「ズゴック」を撃破していないのに、「コアファイター」が墜落しちゃうのは悔しいので、今回は見送りです。(笑)

「白波」と「水柱」は、まだ研究の余地多しですね。

01月06日 12:20このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。