模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

紫電11型乙 1/72(アオシマ) 製作⑤

2020/03/09 18:00

通販サイト

販売価格 5,277 円

M_image

  ブラボーとは

「水平尾翼」の塗装です。
下側は「明灰白色」で塗装、スミイレも済んでいます。
上側は「濃緑色」を塗装、比較のために「左翼」はスミイレなし、「右翼」はスミイレ済みです。
比較しないと分からない微妙さです。(笑)

M_image

  ブラボーとは

「胴体・下部」や「水平尾翼・下」をマスキングして「濃緑色」を塗装しましたが、予想通り見事に“ハミ出”ました~。(笑)
元々“ハミ出ない”事を期待していません。
この曲線のガイドとしてのマスキングでしたので…。

筆での“リペイント”です。
「水平尾翼・下」は目安のために「水平尾翼」を付けてからの“リペイント”作業、辻褄を合わせます。
ちなみに、左側は上手くいっています。(喜~)

M_image

  ブラボーとは

「主翼・前部」の「敵味方識別塗装」の黄色。
キットにはデカールが付属していましたが、この上面から下面への“アール面”に追従するとは思えませんので、塗装にしました。
直線なのでマスキングしました。

はい、塗面はとても汚いです。(苦笑)
ヤスって整えようと思います。

M_image

  ブラボーとは

「ピトー管」は“真鍮パイプ”2種類で置き換えました。
少々太かったので、「翼下」が少しえぐれてしまいました。
まぁ、目立たない。 と思います。(笑)

「20mm機銃」
先端を“開口”しての塗装です。
う~ん、濃い色は隠ぺい力が高くて、楽でいいですね~。(笑)

M_image

  ブラボーとは

「主翼」の塗装&スミイレが終わったので、「コックピット」を接着、「パイロット」も待機です。
ここでスミイレする人は少ないかと思いますが、やり易そうなのでやってしまいました。(笑)
また、やる羽目になるかもしれませんが…。

M_image

  ブラボーとは

そうそう、 “制作③”で『「アンテナ」を“真鋳線”に変えようかと思います。』と言っていましたが、
これ「アンテナ」ではなくて「アンテナ支柱」でしたね~。
「アンテナ」はそこから張られる“線”ですね(笑)
この「アンテナ支柱」を“真鍮線”に変えました。
根元が一回り大きくなっていたので“真鍮パイプ”の細切りを噛ませています。
もちろん、下地に“メタルプライマー”を塗布してからの塗装ですね

キットでは「アンテナ」=「航空無線アンテナ」の取り付けはありませんが、付けてみようかと…。
しかし、もちろん組立図にはその取り回しはありません。
調べましたが、写真が不鮮明だったりして意外に資料が見つかりませんでした。
が、“制作②”へ、“shimiyan21 さん”から『「機番号の位置」に注意して下さい。』という“実機写真”付きのコメントをいただきまして、その写真に見事に「航空無線アンテナ」が写っていました!(喜~)
なので、安心して取り付けます。(笑)

“リギング”ってやつでしょうか?
金属線で“ピンッ!”と張るのと接着が難しそうなので、プラ材でやってみます。
「紫電」は「アンテナ支柱」と「垂直尾翼」の間に2本張られています。
下は“ジャンクパーツ”にあったもの、上は懐かしの“伸ばしランナー”です。
多分、いや、確実に“オーバースケール”です。
でも、丈夫です。 何が?(笑)

「主脚」
カバー内側の色が分からず、外装と同じ色です。
「零戦」とかと違って「カバーがなぜ2つに分かれているか?」不思議でしたが、
“やっしー さん”や“kenkimou さん”に教えてもらいました。
“中翼機”ならではことで、脚を出した後に伸びるそうです。
普通より長いという事ですね。 その分折れやすかったり、収納に時間が掛かったりして、
「紫電・21型」=「紫電改」になる一因だったようです。

M_image

  ブラボーとは

いよいよ、いや、やっと「主翼」と「胴体」の貼り合せです!(喜)
しか~し、ちょいと大きめの“すき間”が・・・。
う~ん、“パテ埋め”する?

上部の“すき間”、「主翼」の両端を上に反らせると少し解消されるので、まずは多めに接着剤を塗って、両端下から“クルリ”とマスキングテープで引っ張り、テンションを張って、一晩放置しました。

フ~、そうは“問屋が卸さない”って。(笑)
だいぶ解消されましたが、もう少しですね~。

M_image

  ブラボーとは

この部分、”モールド“として残したいので、”ラッカーパテ“でガッツリ埋めず、”溶きパテ“で軽~く埋めます。
後のヤスリ掛けも楽そうですしね~。(笑)

“溶きパテ”乾燥後、軽くペーパーヤスリで均して、塗装しました。
ケガくこともなく、いい感じのモールドが残りました。(喜)

M_image

  ブラボーとは

「キャノピー」です。
ほとんどの方はマスキングをして、塗装するのでしょうが、私は大概ハミ出ます。 “筆塗り”の性でしょうか?(苦笑)
クリアパーツでハミ出た場合“リペイント”も厳しいので、慎重に「フレーム」を塗っていきます。
見やすいようにマスキングテープを裏側に貼り、「フレーム」のモールドを極細ペンでガイドラインを引いて。
マスキングテープは別の使い方で登場しました。(笑)

塗装のために“持ち手”で挟み・・・。
挟みの先は、クリアパーツがキズが付かないように“木製”だったり“先端を保護”した物を使います。
塗装した部分を挟む時にもコレを使います。

まずは、1回目・・・。
特に真中の「フレーム」は塗り切れていません。 凸凹です。
こんな「歪んだフレーム」はいけませんね~。(笑)

3回目・・・。
まだ、少し・・・。
う~ん、肉眼(私の)では目立たないし・・・。
妥協です。(苦笑)

しか~し、やっぱり・・・。
で、真中の「キャノピー」だけ、再チャレンジ!
ま、こんなもんでしょう。 すげ~疲れた~。(笑)
「キャノピー」で奮闘している、この辺りが“製作④(製作中へ投稿)”になりますね~。

M_image

  ブラボーとは

さあ、大詰めの“デカール貼り”です。
先に「計器盤」の“デカール”は、水中で右側が崩れましたので慎重に。(“製作②”)

な、何と、大物の半分が、崩れたり、割れたり。(ヒ~)
機体の上で“ジグソーパズル”です。(笑)
上手く合わさっていない部分も少々・・・。

その中でも「左翼上部」と「胴体右脇」の『日の丸』は一部欠損、塗装で補うハメに・・・。
合う色があって良かった~。(笑)

残りのパーツを取り付けて。
やはり「航空無線アンテナ」は“オーバースケール”ですね~。
太さが「アンテナ支柱」とそんなに変わりません。(笑)

さて、スミイレもやってあるし、“ウェザリング”を施して終わりかな?(フ~)


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー21 お気に入り登録3   ブラボーとは


コメント3件

シノイヌ

シノイヌ
以上で「紫電11型乙 1/72(アオシマ)」の“製作日誌”は終了です。
“製作日誌”をもう1つ書くほどの内容がなかったので、最後の方は少し駆け足になりました。(笑)
初心者の試行錯誤の“ハチャメチャ製作日誌”に、お付き合いいただきありがとうございました。
後日、整理して“作品投稿”させていただきます。
では、その時よろしければ、また。(笑)

03月09日 18:01このコメントを違反報告する

やっしー

やっしー
とても楽しく読ませて頂きました。私は塗装してからパテを使う人を初めて見ました。(笑)
しかしいつも感じますが、この写真の枚数半端じゃないですね。これでは作業が進まなく無いですか?
いやぁ楽しい製作日誌でした。

03月09日 20:29このコメントを違反報告する

シノイヌ

シノイヌ
やっしー 様、コメントありがとうございます。
塗装後のパテは、仮組時の甘い検証と「接着時に何とかなるだろう」という見通しの甘さが露呈した結果ですね~。
辻褄合わせですが、まぁ、上手くいったかな?(笑)

そうですね~、
作業が一段落するごとに写真を撮っているような・・・、
ココまでやったら写真を撮ろうと作業しているような・・・。
ヤスリの後の写真が一番嫌ですね。
手を綺麗にしないとカメラに触れませんから・・・。
ん? 何か変?(笑)

03月10日 09:11このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。