模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

週刊 HMS VICTORY 65号(1)

2013/08/27 15:52

M_image

  ブラボーとは

メインヤードとスタンスルブーム(ヤードに付ける梁)と滑車を付けるものです。
昨日から始め、4時間程度で丸棒の整形、滑車類の製作ができました。先細り作業は大変です。カッターで大まかに補足した後は、紙やすりで削り続けます。ヤードに補強板を8面貼っているのですが、微小な隙間があるので木工ボンドで穴埋め。乾燥まで1日必要なので、作業中断。
 乾燥後、補強板を整形後、黒に塗ってから滑車などを付けて終わり。あと2~3時間でしょうか?
 ヤード類はたぶん、後8本ぐらい作らないといけないので、気が遠くなります。
今まで製作したことがある帆船のヤードや、ブームは先端が丸くなっているのですが、VICTORYは丸くないです。本当にいいのかな?


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー7 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント2件

イッセイ

イッセイ
小生はボンド接着や塗装などの乾燥時間待ちイライラ回避と半乾燥で手を付け失敗すること多々ありましたので以後二つを同時併行製作することにしてます。こうすると片方は乾
燥待ち時間,一方は組付けや調整など作業すれば良い。
二つが完成時近似のモデルを選定すれば完成の歓び満足感が2倍になること間違いなし!!

08月31日 06:56このコメントを違反報告する

イッセイ

イッセイ

M_image

tada771さんへ 小生の拙い「飾船台」にお褒め言葉有難う素直にお承けします。之も刻字趣味の一つ、銘木こっ端などの板材は豊富に保持してます。文字を彫る、漆や金箔を扱
うこと茶飯事ですので……。さてこれからの作業「スタンんでディング、ランニングリギングのロープやセールリグ(帆)張りなどこれからが帆船作りの醍醐味遣り甲斐だと思います。今後益々難しく,ややこしくなりマニュアル説明もよほど要領を得たものを提供してほし。【アイデア豆知識提供』主にナチュラルカラーモデルを主体とした提供です。
其の1[板材の薬品着色法]酸やアルカリ高PH取扱い要注意,必試し塗のこと。過マンガン酸カリ/硫酸第二鉄ほか[金属類の着色]硫化液(硫黄)/アオバ黑染(真鍮)/半田付け着色にカッパーバディ―名ーナ(商品名)ほか其の2[竹木材の着色]天然着色主体に柿渋/漆(かぶれ注意)ほか草木樹液の利用。これ等はニス,エナメル,アクリルガッシュ等のカラーと違うテカテカや派手さがなく落着いた色合いが望められます。其の3[ロープ結び]これから頻繁にでる正しい結び方をトレーニングし身につける(熟練様です……)

08月31日 08:53このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。