模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

豊臣秀吉:一谷馬蘭兜の作成(下準備)

2013/10/10 20:57

M_image

  ブラボーとは

豊臣秀吉着用として有名な「一谷馬蘭兜」です。
指料の製作が完了してからと思いオークションで入手しましたが、兜の方が作業が楽なのでついつい気持が兜に向ってしまい葛藤しています。
兜は改修点が少なく指料より短時間で完成させれますので、どうしても楽ら方へ気が向いてしまいます。
兜は大阪城天守閣博物館に収蔵されている「黒漆塗馬蘭後立付兜(一名:一谷馬蘭兜)」と同じに作成します。
1.後立馬蘭の改修:
  キットはメッキされていますが、実際は黒漆塗りなのでメッキを剥して黒漆塗を再表現
2.兜鉢の改修
  実際には兜の剥ぎ合わせ部分に金箔細板線が張られていますので細板線の再現
3.威毛(威糸)の色の変更:濃緑から紅への再塗装
大きくは上記3点の改修で完了します。
先ずは部品の確認から始め、作業は一旦終了します。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー6 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。