模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

ドラキュラ:ワラキア公ウラド (顔の仕上)

2013/10/24 11:01

M_image

  ブラボーとは

先ず顔の仕上げを行いますが、スケールが小さいので通常の最暗部用、暗部用、基本、明部用、最明部用の5色出なく最暗部用、基本、最明部用の3色を作成します。
通常白色系人物の肌色はバーント・シェンナ20%、チタニウム・ホワイト80%で基本色(ベースカラー)を作りますが、今回は痩せ型で白い顔をしていたとの伝承により、キットの顔のイメージとは相違するかとは思いますが伝承に従い白っぽくしますので、バーント・シェンナ10%、チタニウム・ホワイト90%で基本色を作ります。
之を3つに別け通常はバーント・シェンナを最暗部に使用しますが、今回は左端のブロックにバーント・シェンナを加えて最暗部とします。右端のブロックにチタニウム・ホワイトを加えて最明部とします。
通常はバーント・シェンナで境目等を確定してゆきますが、今回は最暗部用を使用して各部の境目を決めてゆきます。
今回は3色しか混色していませんので、最明部用は鼻筋、額部等特に明るい部分にのみ使用します。
唇は通常バーント・シェンナで行いますが、今回は最暗部用を使用して行います。
キースの原型による物は、全てに瞳が瞳孔の様に穴が開けられて居ますので、色を乗せるとどうなるかトライしてみたいと思います。
塗装する筆について以前にご質問が御座いましたので、今回使用する筆はウィンザー&ニュートン社のシリーズ12の000(3零)、同シリーズ3Aの00(2零)です。
どちらも毛はSABLE(北欧産のクロテン)です。
他の部分の塗装後に再度手を入れるかもと言う条件を残しながら一応顔の塗装を終わります。

M_image

  ブラボーとは

M_image

  ブラボーとは


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー9 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント4件

陸奥守

陸奥守
飾台に乗せますと、高級な雰囲気がでて素晴らしいですね!
顔の方は、瞳孔に穴が開いているとなんとなく塗装しづらいような気がするのですが、実際はどうなんでしょうか?
完成を楽しみにしております!

10月24日 12:25このコメントを違反報告する

ロマン・スミルノフ

ロマン・スミルノフ
陸奥守 さん
その通りで、孔が空いていますので、今はその孔にバーントアンバーを乗せてあるだけです。瞳として広げると目全体が瞳の様になってしまいますから、正直何も無い方が楽です。
見る角度によっては、瞳が浮いているようにも見えますので、ほんと正直大変です。後に再塗装なんて事になりそうです。

10月24日 13:13このコメントを違反報告する

modeller田村

modeller田村
ドラキュラの塗装も素晴らしいのですが飾り台が題材に凄く合っている様に感じます
飾り台は市販品なのでしょうか?・・・・でも高価そうですね。
完成楽しみにしています。

10月24日 15:42このコメントを違反報告する

ロマン・スミルノフ

ロマン・スミルノフ
modeller田村さん
何時もコメント有り難う御座います。
使用しています飾台は、イングランドはカンブリアにある中世の騎士のみを発売していましたボーダーと言うメーカー(長く連絡していませんため今もメーカーが存在するかは不明です)の自社製品用の市販品です。
木製部分は「マホガニー」で、購入当時は一個3,000円位だったと思います。
このメーカーの騎士は70ミリと80ミリでしたので、丁度良いと思って使用しています。

10月24日 22:17このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。