模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

プロシア戦列歩兵連隊将校:普仏戦争 (下準備)

2013/11/02 19:27

M_image

  ブラボーとは

陸奥守さんがタミヤの騎馬将校を使用して馬の塗装に挑戦されており、触発されて50ミリ(1/35)スケールの乗馬将校に当方も初心に帰って挑戦してみたいと思います。
使用したキットはICM社1/35「French-German Wra(1870-1871)のPrussian Line Infantory」の騎馬将校です。
プラの色がダークグリーンという致命的な色をしていますが、最大限努力してみたいと思います。
ICMのキットは思ったより部品数が多く、亦スクラッチする部分も多いのでどれだけ組立説明書の解説通りに再現できるか一抹の不安がありますが、塗装位は陸奥守さんに近づける様に努力してみたいと考えています。
馬のバランスはタミヤの騎馬将校セットのよりは良いので多少は楽かなと思います。(^!^)
ただ、リハビリを兼ねた職業訓練中なのと従来から作成中のものが込み合っていますので実際の作業開始は未定ですが、気がころころ変る性格からいきなり先に開始するかもと言ったところです。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー7 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント4件

陸奥守

陸奥守
動きのある馬でカッコいいですね!
この時点でも、馬のスタイルの良さが分かってしまうほどです。
足もスマートで長く、顔も小顔でスタイル抜群だと思います。
しかし、プラの色がダークグリーンとは珍しいですね。
将校のユニフォームの色に合わせてそうなっているのでしょうか。
塗装の方は、逆に私の方が勉強させていただく方ですので、お手本にさせていただきます!

11月02日 22:28このコメントを違反報告する

ロマン・スミルノフ

ロマン・スミルノフ
陸奥守さん
このキットは普仏戦争当時のプロシア軍の戦列歩兵ですから軍服の色はプロシアンブルー(プルジャン・ブルー)で、ダークグリーンは全く関係がありません。
ただ、ロシア製のキットでもある事からか胴体張り合わせて見ますと所々に隙間がぽっかりと空いていました。あ~あこれもパテ埋めに時間がかかりそう。

11月02日 22:53このコメントを違反報告する

こてつ

こてつ
陸奥守さんのドイツ将校騎馬セットのコメントでは、
自分のうろ覚えな情報に補足して頂き有難うございました。
こちらの馬はいわゆるサラブレット体型のようですので、
凄い色ですがランナーの状態でも躍動感を感じますね。
どんな毛色の馬になるのか楽しみにしております。

11月02日 22:55このコメントを違反報告する

ロマン・スミルノフ

ロマン・スミルノフ
こてつさん
何時もコメント有り難う御座います。
キットの塗装説明及び箱絵では、な・な~んと「ホワイト(白馬)」の指定なのです。
指定どおりに塗装するのは大変で「どーするべ」といった思いです。
ダークグリーンなので濃い色の思い切って「ブラック」にしてしまうかとも思っています。
「自分のうろ覚えな情報に補足して頂き有難うございました。」は、ナポレオンのことですね。ナポレオンも若いときは痩せて美男子だったので、女性に持て馬も乗り回していましたが、贅沢な食事で中年肥りとなり馬車を利用する事がおおくなったようです。ただ、そこは元兵卒上がりですから、イザと言う時には馬に乗っていました。
余り重要ではありませんが、ナポレオンの末妹は当時社交界で特に美人として有名でしたから、若いときはナポレオンも流行りのウルフヘアーで社交界に出入していたようです。予断でした。

11月02日 23:44このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。