模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

もう一つのドイツ・ゴチック・ナイト

2013/11/11 20:04

M_image

  ブラボーとは

1.下準備

陸奥守さんがアンドレアの「ドイツ・ゴチック・ナイト(騎馬)」製作を行っておられますので、此方も同じ90ミリのアーモンド・スカルプターズ「ドイツ・ゴチック・ナイト(徒歩)」の製作の準備を少しずつ始めようと思います。
アンドレアの「ドイツ・ゴチック・ナイト」もソルレット(鉄靴)も短いタイプだったと思いますので、年代・形式は同じと云う事になります。
アーモンド・スカルプターズのオーナー兼原型師であったリチャード・アーモンドは38歳という若さで急逝しその後夫人が暫くの間後を次いでいましたが、今はリタイアしていますので入手は無理かと思います。
アーモンドのキットにはパーツリストと文章による組立順及び塗装説明が用意されており更にケースに完成品の写真が貼られていますので、メタルフィギュアのキットとしては初心者にも対応していると言えます。
アーモンドの原型はハイクラスであり、価格もそれに応じて他のメーカーよりは高めでしたが、今回のキットはアメリカで友人アーサーの店でバーゲン品を購入しました。
アーモンドの秀逸の原型は、110ミリの古代ローマの「グラジエータ」でした。
フィギュア製作メンバーの技術に追いつかなくなった今史料で対抗しようと思います。

M_image

  ブラボーとは

キットの箱に貼付された完成写真(作者は不明)

M_image

  ブラボーとは

ゴチックアーマーのドイツ式とイタリア式の相違
書き忘れて居りましたがこの史料は日本人唯一の西洋甲冑師である三浦先生の書(現在絶版)から引用しました。

M_image

  ブラボーとは

キットと同じアーマー正面

M_image

  ブラボーとは

キットと同じアーマー背面

M_image

  ブラボーとは

ソルレットの先の長いタイプのドイツ・ゴチック


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー13 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント3件

陸奥守

陸奥守
モールドもしっかりしているキットでカッコいいですね~!
ちなみにランスはこんなに長いんですね。
先端は自分で加工して尖らせる感じなんでしょうか。
この資料をじっくり見ていたら、私が今製作しているものはソルレットの長いタイプでした。
ちなみにソルレットが長いのは、騎馬状態で敵とすれ違う際にダメージを与えるためなんでしょうか?
これで普通には歩けないですよね~(> <)

11月11日 20:53このコメントを違反報告する

ロマン・スミルノフ

ロマン・スミルノフ
陸奥守さん
コメント有り難う御座います。
そうでしたか。ソルレット長いほうでしたか。
日本にたった一人西洋甲冑師の方が居られまして(元気にされて居られましたら78歳)その先生に色々と西洋甲冑・武器・武具について教えていただきましたが、ソルレットの先の長いものが武器になったとは聞いた事は御座いません。
実際は不便で使用された期間も短かったようです。
西洋のフルアーマーは自分では馬に乗れないので三脚クレーンで吊り馬の方をその下に移動させて乗ったそうで、又、フルアーマーの騎士は正規の戦闘(可笑しな言葉ですが)では無く馬から落馬して転がっているところを敵の歩兵に殺られる事が騎士の戦死者の殆どだったそうです。
これらからもゲルマン・ノルマン等はハンガリーの様な騎馬民族の後裔ではなく農耕民族の後裔だったことがわかると云われていました。
このキットは1990年にデトロイトで、友人になったアーサーの店で購入した物ですからモールドが奇麗なのでしょう。発売されてから2~3年しか経っていなかったと思います。

11月11日 21:27このコメントを違反報告する

陸奥守

陸奥守
ロマン・スミルノフさん
お返事ありがとうございます!
色々考えてみたのですが、仰るとおり武器では無さそうですね~。
ソルレットがすれ違いざまに敵に刺さったら、たぶん自分の足首がちぎれてしまいますよね。。。(> <;)
しかし、乗馬方法がクレーンとは知りませんでした!
そのようなことであれば、落馬したらもう身動きが取れないんでしょうね。
勉強になりました!

11月11日 21:56このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。