模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

デエアゴ 赤城の建艦 2号(船体組立完了)

2014/04/15 20:25

M_image

  ブラボーとは

1号で製作した二本キールと№14、15、16隔壁に底板を嵌め込んで接着します。

M_image

  ブラボーとは

底板を嵌め込んで接着した部材を裏面からみた状態。

M_image

  ブラボーとは

底板を嵌め込んで接着した部材に一本キール(№13隔壁嵌め込み接着済)を嵌め込んで接着します。
船体中央部から前方に向かって最初の船体部材の組立が完了した状態。

M_image

  ブラボーとは

最初の船体部材を裏面から見た状態。
一本キールが飛び出ている方が艦首方向。

次回は2号最後である煙突の手摺(エッチングパーツ製)を煙突に接着して2号の完成となります。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー25 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント10件

阿修羅

阿修羅
隔壁の順序間違えずに接着終了ですね。
もし間違えても瞬間接着剤と異なり、木工ボンドは水で剥がれるので早いうちなら修復の手戻りは少ないと思います。
応援していますので、これからもよろしくお願いします。

04月15日 21:19このコメントを違反報告する

tada771

tada771
ディアゴは説明書間違い多いので注意して頑張って下さい。
完成はまだ先でしょうが、頑張って下さい。応援しています。

04月15日 21:26このコメントを違反報告する

ロマン・スミルノフ

ロマン・スミルノフ
阿修羅さん
コメントありがとうございます。
原稿作成、ネットショップデータの入力等で連日寝るのが2時すぎと続いていましたのでたぶん隔壁の番号を間違えた時は疲れでボーっとしていたのだと思います。
春は眠たいを地で行くように一昨日は午後3時過ぎ、昨日は午前10時過ぎまで通常でしたら7時には起きるのが起きられませんでした。
実は今朝も危なかったのですが、ゴミ出しの日でなんとか7時前に目が覚めました。
2号の残りは煙突の手すりですから間違うと会いませんので、似た隔壁よりはミスが少ないと思います。残り98冊。箱の山が積みあがっています。

04月15日 23:15このコメントを違反報告する

ロマン・スミルノフ

ロマン・スミルノフ
tada771さん
100冊の説明書はザッとしか見ていませんが、赤城には間違いはないようです。
赤城は前100冊つまり残りは僅か98冊。
船体の組立が進んでゆけば簡易船台が必要になるのと場所の確保が必要になりますので、せかされて引越し荷物の整理を始めないといけなくなりました。
従いまして年内完成は微妙なところです。
日本海軍艦艇正式図面集の軽巡「大淀」(一般艤装図)を持っていますので、ソリッドモデルでも作ってみたい気もありますが、おそらく企画倒れになるでしょう。

04月15日 23:24このコメントを違反報告する

阿修羅

阿修羅
毎日大変ですね。
健康に気をつけて無理せずに頑張ってください。
残り98冊マイペースで作成してください。
実は私も、デアゴのカティーサーク単身中に配布されたのを全て山積みして、単身赴任終了後リタイアしてから作成しています。
これからもよろしくお願いします。

04月15日 23:28このコメントを違反報告する

ロマン・スミルノフ

ロマン・スミルノフ
阿修羅さん
再度のコメントありがとうございます。
ネットショップで販売する商品が開店当初で500以上ある物ですから商品のスキャン、内容説明等の原稿を拵えては入力の繰り返しで確かに大変です。
阿修羅さんのカティーサークの完成をみさせていただけるのも楽しみですね。
お互いマイペースで製作してゆきましょう。

04月16日 00:51このコメントを違反報告する

ボギー

ボギー
この先長くなりますが山あり谷ありですがめげずにガンバってください。応援しています。

05月27日 23:23このコメントを違反報告する

ロマン・スミルノフ

ロマン・スミルノフ
ボギーさん
コメント有難うございます。
赤城は図体が大きいので船台代わりになる場所の確保がなかなかできませんでしたが、なんとか部屋の片隅?に船台代わりの台をしつらえました。
ただ、4号のマガジンが行方不明になっておりまして、少々作成続行に二の足を踏んでいるようなところも御座いますが、なんとか進水に持ってゆきたいと思っております。

05月28日 01:49このコメントを違反報告する

shumijin8181

shumijin8181
ロマン・スミルノフ さん 頑張ってください。完成を期待しております。

08月07日 12:45このコメントを違反報告する

ロマン・スミルノフ

ロマン・スミルノフ
shumijin8181さん
コメント有難うございます。
4号マガジンが未だに見つからず、間違って捨てる事は無いはずだしという状況で作業が中断しています。
木製の船体はマガジンが無くても問題ないのですが、艦橋用のメタルパーツが何処に付くのかよく判らないのです。(-_-;)
高角砲を先に組んだ際にはマガジン4号有りましたので、屋内にある事は間違いないはずなんですが、
実はフィギュアの本も一冊屋内で行方不明になっています。
何とか艦橋の部品が所定の場所に設置できます様艦橋を調べてみようと思ってはおりますので、なんとか進水だけはと思っております。

08月07日 13:09このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。