模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

モノグラム ドラキュラ伯爵の完成へ (ベース作成Ⅱ)

2014/06/15 12:17

M_image

  ブラボーとは

グレー及ぼカーキ系ロック(岩)のタッチアップが完了しましたので、古木の仕上げ塗装(タッチアップ)に入ります。
下地はフローキュル水性アクリルのウッド・タンを使用していますが、ウィンザー&ニュートンにはそのものズバリの色がありませんので、イエローオーカをベースにマースブラウン、チタニウムホワイト、バーントアンバーでウッド・タンを再現してみようと思います。
全体が終了していませんが、上記の油絵具で再現できていますか?

M_image

  ブラボーとは

古木のタッチアップを完成させましたが、半ばでアップした物との差が見分けられますか不安があります。
何にしましても古木の仕上げが完了しましたので、残るは地面の仕上げ塗装と枝に止まる蝙蝠の塗装を行い枝に止まらせればベースの完成となります。
次回は地面の完成と蝙蝠の塗装を行い、それ以後はドラキュラ本体の塗装に入ります。
ドラキュラがどの様に完成すのか興味がありますとのリクエストが御座いましたので、ドラキュラを最優先して作業を進める事にしました。

M_image

  ブラボーとは

ドラキュラがどの様に完成すのか興味がありますとのリクエストが御座いましたので、ドラキュラを最優先して作業を進める事にしました。
地面の仕上げ塗装が完了しましたので、ドラキュラの使者である蝙蝠の下地塗を行いました。
ドラキュラの使者と云う事で実際とは相違しますが、蝙蝠の目(瞳)はレッドにしようかと思います。

M_image

  ブラボーとは

蝙蝠を触りますとまだまだアイボリーブラックが手につきますので、予定を変更してドラキュラ本体に下地塗装を施しました。
後から油絵具で仕上げ塗装を行いますので、多少食み出しても問題はありません。
独立して立てることが出来ませんので、バースに乗せて撮影しました。

M_image

  ブラボーとは

天候が不順で油絵具の乾燥に時間がかかりますので、ドラキュラ自体の仕上塗装を開始しました。
靴とズボン、上衣の一部にはウォーム・ブラック、マント等はコールド・ブラックを使用します。
といいながら一応仕上を行ったのは、シューズのみですが、ミリタリー系とは変更して控えめに行っています、顔のリペイントと両手は通常の順番でなく最後に行う事にしました。
映画の様な恐怖感は出ないとは思いますが、多少なりともドラキュラ(吸血鬼の)の雰囲気が出る様に持ってゆきたいと思います。

M_image

  ブラボーとは

蝙蝠が触れられるようになりましたので、仕上塗装をおこないましたが、ミリタリーではありませんから明暗塗装は控えめにしています。
眼は当初の予定通りに「赤(ライト・レッド)」にしました。ついでにドラキュラ自体の瞳も「赤」に変更しましたが、グリーンの時よりドラキュラらしさが少々なくなりましたので、工夫しないとけない事を痛感しています。
蝙蝠を取り付けて一応ベースは完成となりますが日誌は更新していませんので、次回は先ずベースの完成までをの日誌を更新を行いたいと思います。

M_image

  ブラボーとは

ドラキュラ本体の仕上塗装げを始めましたが、面積が広いため普段は使用しないアーティスト・マット・メディウムを使用して艶の調整を行っています。
顔はリペンとしますが、イメージ作りに瞳を赤くし、口元から毀れる血を追加してみました。

M_image

  ブラボーとは

ドラキュラ自体の仕上塗装作業を行っていますが、現在の全体的なイメージはこのような感じにありました。
背景が雑ですが、ベースに乗せますとドラキュラが思ったより高さがあり背景のホワイトペーパのサイズが足らなくなってしまいました。
次回からは撮影に工夫しませんと作品のイメージも落ちてしまっていますね。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー16 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。