模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

WWⅡ ドイツ野戦指揮官の制作(塗装Ⅲ)

2013/06/03 10:47

通販サイト

販売価格 880 円

M_image

 肌色部分及び上衣等のフィールド・グレー部分の塗装が完成しましたらズボンの塗装に入りますが、ホビー用カラーの様には細かくカラーがありませんので、肌同様にズボンのダークグレーは、ペイナーズ・グレイ80%、チタニウム・ホワイト20%位の比率でベースカラーを作り、 これを3個にわけ、右側のブロックにチタニウム・ホワイトを加え明部用を作ります。さらに之を2等分して右側のブロックに更にチタニウム・ホワイトを加えて最明部用を作ります。
 3個に別けたブロックの左側にペイナーズ・グレーを加えて暗部用をつくり、充分に混色して2等分し左側のブロックにアイボリー・ブラックを少量加えて最暗部用を作ります。
 ズボンも上意同様に安易に全ての皺に明暗を施さずに光線がどの方向から当っている状態を作るのかを決めてから明暗をつけてゆきますが、若し決めかねた場合は実際に様々な方向から光を当てて明暗の状況を確認してください。
 ズボン全体の塗装が完了しましたら一先ず乾燥させますが、油絵具は完全に乾燥するまでに時間がかかりますので無用心に触ると折角塗装したカラーが剥がれてしまい注意が必要です。
 次回は長靴及び皮製装備品の塗装です。

参考:
 ディオラマ(英発音)とビネットの区別が日本では充分でなく結構混在されて持ちいられており、ホビコムに於いてもアップされる作品はほぼ90%はビネットです。
 通常ディラマは「大情景」古くは「展望情景」と訳されますが、ビネットは「小情景」と訳され、ビネットとディオラマとの相違は、車輌1~2台で人物が1~10人程度や車輌のみ、人物のみのスケールの物は「ビネット」、車輌が3台以上に人物もそれに伴う人数や、車輌のみ、人物のみのものを「ディラマ」と言います。
 ベースもスケールによりますが大体卓上に於けるサイズ(約200㎜×300㎜程度:1/35)であればほぼビネットです。

M_image

ダークグレー明暗5色

M_image

M_image

M_image


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー10 お気に入り登録3   ブラボーとは


コメント7件

モロちゃん

モロちゃん
ディオラマとビネットの境目が分からなくでずっとモヤモヤしてました。
定義があるんですね。
卓上で邪魔にならないのがビネットで卓上以上の専用スペースが必要な物がディオラマかと思ってましたがそれでほぼ正解だったんですね。

僕はミリタリーフィギュアを何度か製作しましたが顔でいつも躓いています。
一応完成するのですが、人であるそれに心を入れる事が出来ないでいます。
ロマン・スミルノフさんの製作日誌から何か得る事が出来ればと毎回楽しみにしています。ドイツ兵は身近なのでまずは真似てみたいと思います。
今後も頑張って下さい。

06月03日 19:31このコメントを違反報告する

ロマン・スミルノフ

ロマン・スミルノフ
モロちゃん様
激励のコメント有り難う御座います。
ついでに申しますと、日本では1980年代には「ミニ・ディオラマ」といっていましたが、特にイングランドでは1/144や1/285等の小さいスケールで作った大情景を「ミニ・ディオラマ」と云います。
54ミリ(1/32)や50ミリ(1/35)くらいのフィギュアの目の画き方について、シェパードは、瞳を次のようにすると楽に入れられるといっており、自身にフィギュアの制作本でも紹介しています。
その方法は先ずオフホワイトで目を塗り、その目に上瞼の上からした下瞼を通り越して一本の直線を引き、上瞼と下瞼からはみ出た部分を肌色で塗りつぶすという方法です。之なら失敗せずに瞳を希望する位置におく事が出来ます。
百聞するより一見ですので明日その方法の写真をアップいたしますので、顔の塗装にお役に立てば幸いです。

06月03日 21:57このコメントを違反報告する

ロマン・スミルノフ

ロマン・スミルノフ
1980年代に「ミニディオラマ」といっていましたのは今の「ビネット」のことです。書き忘れましたので追記します。

06月03日 21:58このコメントを違反報告する

ロマン・スミルノフ

ロマン・スミルノフ

M_image

モロちゃん様
ショエパードの目の描き方昨夜ドラゴンの顔で行いましたので参考になりましたらと思います。但し、目の描き方のみ示しましたので、明暗等は一切行っていません。
写真の左端はオフホワイトを目に塗った状態。中央は目の中央へ上下に瞳の色を施した状態。右端は肌色で瞳以外の部分を塗りつぶした状態です。
この方法で行いますと上下に描くラインの位置をミスしなければ簡単に瞳が入れられます。
当方はこの方法は取らずにエイ・ヤアと瞳をポイントで入れています。

06月04日 09:14このコメントを違反報告する

モロちゃん

モロちゃん
ロマン・スミルノフ様
ありがとうこざいます!
小生の為にお時間を割いて作例を作って頂いて感激ですm(_ _)m
確かに言葉ではイメージがピンと来なかったのですがこれは一目瞭然です。
これならすぐ真似出来そうなんで早速やってみます(^o^)
僕も気が向けば何でも作る雑食タイプのモデラーですがミリタリーフィギュアは何度トライしても目が上手く出来ず永年悩んでいたのですが、ロマン・スミルノフ様のおかげで、ゾンビの様になっている作りかけの俳優達のストックに魂を入れてあげたい気持ちになりました。小さな俳優達のキャスティングが上手になれば、映画監督になった気分で、ビネットも楽しめると思います。
これからもご迷惑でなければ、躓いた時は面倒かと思いますがご教示お願いいたしますm(_ _)m

06月05日 22:07このコメントを違反報告する

ロマン・スミルノフ

ロマン・スミルノフ
モロちゃん様
参考になりましたようで一安心というところです。
モロちゃん様には悪いかなと思いましたが、外の方で悩んでおられる方が居られましたので「番外編」で製作記事に致しましたのをご了承下さい。
フィギュア(主にメタル)それも19世紀までのみしか作らなくなって40年余りになりますので、WWⅡは初心者みたいなものですが、今手元にある記憶が定かでないドイツ第三帝国の人々を完成させてやろうと思っています。
当方で宜しければ遠慮なくご連絡下さい。

06月05日 22:43このコメントを違反報告する

モロちゃん

モロちゃん
こちらこそ恐縮であります!
多くの方の助けになるべきだと思いますので小生の事は気になさらない出下さい(^_^)

06月05日 23:17このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。