模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

デエアゴ 赤城の建艦 2号(煙突手摺作業1)

2014/09/19 19:44

M_image

  ブラボーとは

相変わらずマガジン4号が発見できませんので優先順位を落としていましたが、煙突に手摺をつけようとエッチングパーツの切り離しを始めました。
ところが厚みがかなり合ってマガジンの様にカッターナイフで切り離すのは簡単ではありませんでしたので薄い金属板もカット出来るクラフトはさみで切り離しをすることにしました。
順番に切り離し中に昇降用手摺部品の一つがポロッと手からこぼれて行方不明、探索する事約30分何とか発見しましたが、作業続行の気力が失せて、続きは次回に行う事にしました。
次回手摺のカット部分の加工及び煙突本体への接着で2号の完成となります。

M_image

  ブラボーとは

昇降用手摺部品の切り離しを始めた状況で、切り口の加工は行っていません。
右下方にあるのが昇降用手摺部品で、この中の一個が一時行方不明になりました。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー20 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント4件

YAHOO

YAHOO
私はエッチングパーツを使ったことがありませんが、見るからに弱そうなパーツですね、すぐに変形しそうで取り扱いが難しそ~に感じます。
私も同じように細かなパーツを作りながらよく飛ばしたり落としたりして必死に机の下などを探しますよ。

09月19日 23:07このコメントを違反報告する

tada771

tada771
エッチングパーツ、小さくどこかに飛んでしますと探しきれませんね。落下したときに音がしないからどこに行ったか見当がつかない。見つかってよかったですね。
これからも頑張って下さい。

09月20日 07:32このコメントを違反報告する

ロマン・スミルノフ

ロマン・スミルノフ
YAHOOさん
コメント有難うございます。
赤城のエッチングパーツは厚みが0.3ミリ程あり、当方が今まで使用しました他社の物(バンノックバーンのスコットランド騎士の楯、スケールリンク社のアルファベットや羊歯類等)より1.5倍くらい厚みがありかなりしっかりしています。
当初指示通りにカッターナイフで切り離そうとしましたが、刃先が折れそうでクラフト鋏で切り離した位です。
当方1/700のWW2の軍艦を完成させた事が御座いませんんのでよく判りませんが、恐らくそちらのエッチングパーツはかなり薄くて弱いのではないかと思います。

09月20日 09:46このコメントを違反報告する

ロマン・スミルノフ

ロマン・スミルノフ
tada771さん
コメント有難うございます。
手元から落ちたのが、煙突の手摺部品の中で一番小さいエッチングパーツの片方でしたので、ポロっと落としたときは焦りましたね。(-_-;)
幸いカーペットに落ちているの見つけました時はホッとしました。
優先して手摺を煙突に接着した方が良さそうですので本日中に合間をみて完成させようと思います。

09月20日 09:55このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。