模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

ポーランド空軍 Pzl P.11

2019/11/19 08:17

  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image

ポーランド空軍 Pzl  P.11

  ブラボーとは

PZL。第二次世界大戦初期のポーランド空軍主力戦闘機です。ややガル翼になっている
のが特徴的ですが全身黄褐色の為か地味な印象。1939年、英独ではそれぞれスピットファイア
とBf-109(低翼、単葉、引き込み脚、密閉式風防)が配備されつつあった時期、固定脚の本機は
設計的古さがあることは否めません。日米では12試艦戦(零戦)、XP-38が試験飛行に成功してるし。 このような機材で敢然とドイツ空軍に立ち向かったポーランド航空兵には頭が下がります。
キットはポーランド製で、合いやモールドは程よい感じ、エッチング製のシ―トベルトも付いて
いるので素組みでもいい雰囲気に仕上がります。主脚の下にメタルリギングでワイヤーを追加したくらいです。架空戦記ものに出てきそうな 外観。48サイズで造ってみたいです。


ブラボー52 お気に入り登録6   ブラボーとは

コメント4件

蛇の目オヤジ

蛇の目オヤジ
イイ感じですね。僕も過ってミラージュのヨンパチとアズールのナナニにモーターライズしてルーマニア空軍仕様に塗装し、空中ジオラマとしてホビコムにUPしましたが、アズールのキットに比べると出来が良い感じですね。IGBのキットでしょうか?

11月19日 19:22このコメントを違反報告する

雅信

雅信
なんぎなうしさん。
完成おめでとうございます!
まるで二次大戦の前期あたりの設計思想ですねー。
いやー渋いアイテムですが悲哀を感じさせます。
細かなディテールとカラーリングが印象的で、
再現度がとても素晴らしいと思います。
地政学的に蹂躙されることの多い国ですが、その宿命の中でも辛抱強く戦った人達がいたという事ですね。

11月19日 21:51このコメントを違反報告する

なんぎなうし

なんぎなうし
蛇の目オヤジさん、ありがとうございますm(__)m。自分もベビーモータ―購入出来たらプロペラをブンブン回したいですね。メーカーのほうはARMAホビーというポーランドのメーカーですね。ディテールアップ要らずでこんな具合です。デカ―ルの発色も良さげで、72クラスでは満足の内容でした。

11月20日 07:28このコメントを違反報告する

なんぎなうし

なんぎなうし
雅信さん ありがとうございます。この飛行機、72だとホントに小さいんです。シシャモ大でしょうか。性能はよくわかりませんが時速は300キロ台くらいでしょう。侵入してきたドイツ空軍は 109Dが主でしたが、DB600系エンジンを頭に頂いたE型(時速560km/h)も充実し始めてましたから 勝ち目は薄かったと思います。
パイロットの中には 祖国降伏後イギリスに亡命して義勇部隊を結成、乗機をスピットファイアに替えて多くの戦果とエースを輩出しています。勇敢な性格で戦闘機パイロットには向いてる人種だったのかもしれません。

11月20日 07:45このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。