模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

P-51Dマスタング 1/72 タミヤ 11

2020/02/06 15:50

M_image

  ブラボーとは

メタリック塗装の部分がけばすぎるのでエナメルクロムシルバーと黒を何段階か明度を変えて湿ったドライブラシでムラをつけます。

M_image

  ブラボーとは

黄色の退色表現。

画像は途中(撮り忘れた)。

黄色の影はオレンジから茶がメインでアクセントでこげ茶を入れる程度です。できるだけ黒をいえるのは避けます。

M_image

  ブラボーとは

プロペラのウェザリング。

段差がある特殊なプロペラなのであえてそれを少し強調してマスタングらしさを出します。

最終的なウェザリングはまた後でやります。

M_image

  ブラボーとは

油絵の具でのウェザリング。
画像は大げさに入ってますが、この後きれいな筆でなででぼかします。
あえて変化を付けるために茶や黄色、白、黒とはっきりした色目も使ってます。

M_image

  ブラボーとは

ぼかした後。

M_image

  ブラボーとは

タイヤの泥
油絵の具ではっきりめに入れます。
なぜかマスタングのイメージって芝の滑走路で土がタイヤについているイメージなんですよね。

M_image

  ブラボーとは

タンクにはまず、黒ですトレーキングなどをかねて汚しを入れます。

M_image

  ブラボーとは

あえてちょっとでこぼこ感を出すために、メタリックを足します。

このペン、割とメッキっぽくなるので、こすれて艶が出た感じを再現できます。

これをあえて筆にとってムラがでるように塗ります。

M_image

  ブラボーとは

デカール貼りですが大判は難しい。
タンクの架橋を接着してしまったので余計やりにくいです。これはデカール貼った後に付けた方がよかった(塗装が面倒になるけど)。

タミヤのデカールとしては結構硬めです。セッターを付けてもなじみがいまいちなので熱した綿棒で押さえてみました。


貼る順番もむつかしそうです。
特にラジエターの排気が図面を見てもよくわかりません。

フラップの段差部分にはカッターで切り込みを入れておきました。

M_image

  ブラボーとは

出っ張りと引っ込みがあるのでなじみにくいです。

ここはさらにソフターを付けて綿棒で押さえますが、破らないと密着しません。後でリタッチしないと。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー13 お気に入り登録2   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。