模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

リアルガンダム製作記(一つ目野郎が来た!攻撃準備せよ!)前編

2019/02/09 16:53

通販サイト

販売価格 2,295 円

M_image

  ブラボーとは

アーマーモデリングの特集を見てからジオラマベースにリアルな草木を作る事にとても興味が出てきて、これをガンプラと融合させたら面白いと考えて作ることにしました。

M_image

  ブラボーとは

まずは現物調査です。近くの大学の植栽を拝見。今は冬なので枯れ葉があるのは当然ですが、この枯れ葉が有ると無いでは印象が違いそうです。実はこの木の下の処理が一番悩んでいたのでとても参考になりました。

M_image

  ブラボーとは

さて、今回はまだジオンのザクにやられまくっていた一年戦争の前半に剥き身でザクに携帯火器で待ち伏せ作戦を実行し、味方の撤退を手助けするという決死の戦いに挑んだ無名の兵士達を作ります。
木を植えますので高さに変化を付けるために傾斜を付けます。ベースはホームセンターで買った六角形のものです。私は四角よりも円形や六角形の台座がどこからでも見る事が出来るので好きです。その分隙がないようにバランスよく作る必要があります。
傾斜は100均の硬めの発泡スチロールです。
柔らかいと反りが出たりするのでしっかりしたものを使うことにしています。粘土は厚く作ると必ず変形に悩まされます。
今回はファレホのグランドテクスチャーを使いました。

M_image

  ブラボーとは

次に木を作ります。
鉄道模型用の物を幹として使います。
今回は2本です。仕様が大と小なので台座のスペースを考えたら適当です。

M_image

  ブラボーとは

次に見栄えを決める枝葉の取り付けです。今は樹木のジオラマの定番品となっているオランダドライフラワーという天然素材を使います。少し大きな模型店であれば鉄道模型ブランドのカトーから発売されています。この繊細な感じがとてもリアルです。そのまま使えるレベルですが、私は先を幹の長さや太さに合わせて切って使います。
それを木工ボンドか瞬間接着剤を使うのですが、時間が限られている私は瞬間接着剤を使うことが多いですね。
その後、ジオラマ用のリーフパウダーをまぶします。枝先にのみ付くように筆に木工ボンドを付けて点つけして振りかけます。
でも今回はあくまでもリアルな木を作りますので補助的な材料とします。

M_image

  ブラボーとは

そこで今回は木の葉を1つずつ作ります。
100均で買ったグリーンの色画用紙を使います。当然ながら葉っぱは表が濃い緑、裏が少し薄い緑であることを表現したいので表側には日本海軍機の暗緑色を塗りました。これを半分に折って、彫刻刀の丸刀を当てて一枚一枚作っていきます。とても根気のいる作業です。達成感も無いし(笑)仕事では細かいことは嫌いなのに趣味だと別人なのは不思議です。二重人格?

M_image

  ブラボーとは

今回の材料の一部です。
とにかく単調にならないこと、植栽は豊かに、でも、ある程度は固まりになって生える等の点に気を使いました。
ここにあるものは全て何らかの形で使っています。今回用に買ったものもありますが、ほとんどは過去の残り物です。
でも、今回絶対にやるまいと思ったのが模型用に売っているパウダーを単体で使うことです。これはリアルを考えた場合に最も中途半端なので、何かと混ぜる使い方以外はやりませんでした。

M_image

  ブラボーとは

さて、植栽です。今回のメインはプラッツから発売されている12㎜と6㎜の草の束でそのまま台座に接着できる状態で販売されていますのでお手軽でした。でも、高いので大変でした。台座はこれに殆どのコストが掛かってしまいました。またやるのであれば考えないと辛いですね。
それ以外にマット状態の草を使って変化をつけました。また段差を付けて土が崩れた様な溝を付けて子供の頃に遊んだ田んぼや空き地を思い出して作りました。

M_image

  ブラボーとは

なるべく芝生の様にならない事に気を付けて立体的な造作を作り、道路に接した自然の丘の縁のイメージで作りました。
前回のハノマーク製作の経験が生かされています。
写真では木を植える場所には枯れた木の葉をきちんと配置している事は分かるでしょうか?この時はまだ少しだけなのですが、なかなかです。

M_image

  ブラボーとは

木の葉を付けるのにとても多くの時間が掛かりましたが、まだまだです。こんなに時間を掛けたのにと言うのが本音です。また枝を付けてボリュームを増やさないとダメですね。
新たな枝を付けて、また木の葉を作り、そして接着。う~ん長いなあ。そんなことをしていると家族から何バカな事をやっているのと笑われてしまいました。でも、手のひらの中で木が育つ感じが楽しいのでやっています(笑)
隣の小さなメープルの木を仮置きしました。
次回は台座の完成と主人公の兵士たちの製作です。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー21 お気に入り登録5   ブラボーとは


コメント4件

Toyohata

Toyohata
う~ん、すごいなぁ。トリハダが立ちます。
これは時間掛かるでしょうね。素晴らしい集中と忍耐力!
でも仕上がりは自然で美しいです。よくある風景にちゃんと違和感なくなってます。
植物の植生をよく観察されていますね。
あと樹の葉の付き方だって、もし我々がやるならば中々こうはゆきませんよ。

02月09日 17:17このコメントを違反報告する

やっしー

やっしー

M_image

Toyohataさん
早速のコメントありがとうございます。
Toyohataさんも是非ともアーマーモデリング11月号を読んでみて下さい。必ず興味が湧くと思います。
さて、今回はミリタリージオラマでもガンプラと言う中途半端な設定なので、地面をしっかり作ったらどうなるかに挑戦したかったのです。てまも、木の葉は根気がいるのが分かってましたので、想定内でしたが、それ以上でした。
後半もう少しメカニカルな部分も書く予定ですので是非とも読んでください。

02月09日 19:37このコメントを違反報告する

norisaku

norisaku
やっしーさん
こんにちは。
この日誌に触発されて、遅ればせながらアーマーモデリングを購入しました。
最新のマテリアルと技術が紹介されていて、とても参考になりました。
それにしても、それを即座に自分の作品に活かしてしまうとは。素晴らしいです!
私も頑張ろうと思います。

02月17日 09:57このコメントを違反報告する

やっしー

やっしー

M_image

norisakuさん
コメントありがとうございます。そして、お仲間になって頂き嬉しいです。
ホビコムにはあまりミリタリー系の方がいないのでここで得られない情報を立読みして得ているのですが、この号は思わず買ってしまいました。上手くやるには先ずは真似てみるが私の信条なので威張れることは何もありません(笑)
でも、これらをやろうとするとお金が掛かることも分かったので自制しながらやろうと思います。
norisakuさんの投稿も興味深く見せて頂きました。
今日やっと外撮りしましたので、完成写真を投稿出来そうです。

02月17日 17:27このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。